斜里町知床ウトロ学校が公開研 主体的・協働的な学びを 義務教育学校移行後初の研究まとめる
(学校 2017-11-15付)

知床ウトロ学校公開研
吉野教諭は、心情曲線を活用し気持ちの変化を考えさせた

 【網走発】斜里町立知床ウトロ学校(長谷博文校長)は二日、同校で公開研究会を開いた。研究主題「ふるさとに誇りをもち、主体的・協働的に学ぶ児童生徒の育成」のもと、国語、算数、保健体育、英語、道徳の六授業を公開。昨年度、義務教育学校に移行してから初めての研究成果を紹介した。

 研究副主題には「生活科・総合的な学習の時間との関連を図った各教科等の学びの充実を通して」を掲げ、主体的・協働的に課題を解決する児童生徒の育成を目標とする総合的な学習の時間と、各教科等で身に付けた力を相互に活用することで「各教科等の学びをより確かにすること」「一貫性のある授業を展開し資質・能力を効果的に身に付けさせること」を目指した。本年度は二ヵ年研究の最終年度となっており、研究の視点には、①児童生徒が主体的に学ぶための必然性のある課題設定の工夫②児童生徒が協働的に学ぶための学び合う言語活動の設定の工夫③児童生徒が学びの実感や手応えを得るための評価の工夫―の三点を設定し、研究を進めてきた。

◆3年生国語「物語を紹介」

 公開した授業のうち、三年国語「物語のおもしろいところをしょうかいしよう〝モチモチの木〟」(吉野郁未教諭、児童数一一人)は十七時間扱いの五時間目。本時の目標を「豆太の気持ちが大きく変化したところは、倒れたじさまを助けるために医者様を呼びに行ったところだと読み取ることができる」と設定した。また「情報を収集し、整理・分析したことを表現する力」を育成し、総合的な学習の時間における資質・能力向上に寄与することを目指した。

 吉野教諭ははじめに、前時までの内容を振り返り、豆太の人物像について「臆病」「昼と夜での様子が違う」ということを確認した。

 それを踏まえ、研究の視点①の観点から「ひとりじゃしょうべんもできない」「じさまから、モチモチの木に灯がともることを聞く」「じさまが、はらいたでたおれた」「しょうべんにじさまを起こす」の四つの場面での豆太の勇気の変化を表した心情曲線を三パターン提示。「どれが一番当てはまるか」と発問し、問題意識をもたせたあと「豆太の勇気はどこで変化したか」と本時の課題を示した。

 児童は、物語を音読しながらその根拠となる部分を探し出し、心情曲線を作成するとともに、理由をノートに記入した。そのあと、研究の視点②の観点から、ペアや全体で交流。豆太の気持ちの変化について、協働的に考えさせた。

 全体交流で「倒れたじさまを助けるために、真夜中に一人で飛び出したから勇気があがった」「一人でしょうべんに行けないから勇気はゼロ」などの意見が挙がったことを踏まえ、まとめを作成。研究の視点③の観点から、児童にまとめを考えさせることで、豆太の勇気が変化した場面が、じさまを助けるために医者様を呼びに行ったところであることを理解させるとともに、学びの実感をもたせた。

 授業後には分科会を実施。吉野教諭の授業について「根拠や理由を細かく問い返していてよかった」「心情曲線のモデルを提示したことで、児童の自由度が制限されてしまったのでは」などの意見が挙がった。

 このあと、広島県広島市立広島中等教育学校の水登伸子教諭が「道徳科の特質を生かした授業づくり~〝きれいごとの道徳〟から〝楽しく学ぶ道徳〟への転換」と題して講演した。

(学校 2017-11-15付)

その他の記事( 学校 )

銅メダル獲得を道教委・柴田教育長に報告 デフリンピック・バドミントン出場の白糠養護・長原教諭

 白糠養護学校の長原茉奈美教諭は十二日、道教委の柴田達夫教育長を表敬訪問した。聴覚障がい者のスポーツ大会となる第二十三回夏季デフリンピックに出場し、バドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得...

(2018-01-17) 全て読む

トマトでアジアGAP認証取得 美幌高が快挙、今後のモデルに ほかの品目でも取得目指す

 【網走発】美幌高校(田村弘樹校長)は、国際的な農業生産工程管理である「アジアGAP」(ASIAGAP Ver2)の認証を取得した。高校が取得するのは全国初という。指導を担当した石田康之教諭...

(2018-01-16) 全て読む

湧別町教委の義務教育学校 芭露学園30年度開校へ 教科担任制、1年から外国語活動

湧別町義務教育学校開校◆オホーツク管内2校目  【網走発】湧別町教委は新年度、オホーツク管内で二校目となる義務教育学校「芭露学園」を開校する。芭露小学校と湖陵中学校の統合によるもの。一部の教科で教科担任制を導入...

(2018-01-16) 全て読む

札幌市が16日から ウインタースポーツ塾初開催 児童がスキージャンプなど体験 五輪招致へ競技人口増加を

 札幌市スポーツ局はあす十六日から三日間、市で初めてとなるウインタースポーツ塾を開く。子どもたちがウインタースポーツに取り組むきっかけをつくるほか、技術力の向上を図り、競技人口の増加を目指す...

(2018-01-16) 全て読む

新十津川町新十津川中1年生 まちの魅力をフリーペーパーで発信 特産品、観光スポットなど紹介

新十津川中フリーペーパー・上 【岩見沢発】新十津川町立新十津川中学校(鎌田浩志校長)の一年生が、まちの魅力を発信するフリーペーパーを作成した。A4判二つ折りのカラー印刷で、四ページにわたって町内の特産品や行事、観光スポ...

(2018-01-16) 全て読む

札幌市立中97校が始業式 3学期へ気持ち新たに

市立中学校始業式(啓明中) 札幌市立中学校九十七校で十五日、一斉に三学期始業式が執り行われた。啓明中学校(齋藤昇一校長)では、八百七人の生徒が三学期への意気込みを新たにした。  札幌市立中学校は、二十九年十二月二十...

(2018-01-16) 全て読む

函館市潮見中が閉校式 来年度統合で青柳中に 伝統大切に新たな歴史を

函館潮見中閉校式  【函館発】新年度の統合を控えている函館市立潮見中学校(松田賢治校長)の閉校式が執り行われ、生徒百四十九人をはじめ、同窓会、地域住民など関係者三百人以上が同校の輝かしい歴史と伝統を振り返っ...

(2018-01-10) 全て読む

札特協が第2回研修会開く 北翔大・瀧澤准教授講演 通級指導の現状など理解

札特協第二回研修会 札幌市特別支援学級設置学校長協会(栗原靖会長)は二十九年十二月下旬、札幌市教育文化会館で第二回研修会を開いた。市立幼稚園・認定子ども園や小・中学校、特別支援学校の校長など約四十人が参加。講...

(2018-01-10) 全て読む

札幌啓北商業高でSPH実地調査 文科省調査官が授業参観など 今後の取組に向け協議

札幌啓北商業高SPH実地調査 本年度、文部科学省のスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)の指定を受けた札幌啓北商業高校(尾崎寿春校長)で二十九年十二月中旬、SPHの実地調査が行われた。SPH企画評価会議委...

(2018-01-10) 全て読む

霧多布高―来年4月から給食導入 懐かしの味に大満足! 実施上の課題検証へ試食会

 【釧路発】霧多布高校(江尻巧校長)は、来年四月十日から新たに学校給食を導入する。児童生徒数減少に伴う配食数の維持、保護者の負担軽減のため、浜中町学校給食センター新設を機に開始することとした...

(2017-12-27) 全て読む