お知らせ

Ѓoi[

ひとつの固有IDで複数PCへ同時にログインすることはできません。
他のPCでご利用になりたい場合、ログイン中のPCでログアウトしてからご利用ください。

最新記事ヘッドライン

今日のトピック

29年3月新規高卒未就職者の状況 約4割が非正規雇用者 6月末現在―道まとめ

29年3月卒新規学卒者に関する状況 二十九年三月新規高卒未就職者のうち、六月末時点で三五・三%が非正規雇用者として働いていることが、道の調査で明らかになった。「何もしていない」人も一四・七%おり、その理由として、四六・七%が「自分が何をしたいのかはっきりしないため」と回答した。道では、調査結果を踏まえ「じもと×しごと発見フェア」への...

(道・道教委 2017-09-22) 全て読む

民間との連携方法など協議 第13期第4回道生涯学習審議会

道生涯学習審議会 第十三期第四回道生涯学習審議会が二十日、札幌市内のかでる2・7で開かれた。「民間・NPO等との連携による生涯学習の推進」をテーマに、生涯学習の取組を促す方策や民間などとの連携・協働の在り方...

(道・道教委 2017-09-22) 全て読む

未来を拓く活力ある学校へ 道公教が第51回研究大会空知大会

道公教空知大会 【岩見沢発】道公立学校教頭会(笹川恒春会長)は十五日から二日間、岩見沢市民会館・文化センターなどを会場に第五十一回研究大会空知大会を開催した。研究主題「豊かな人間性と創造性を育み未来を拓く...

(関係団体 2017-09-22) 全て読む

道高校長協会商業部会がフェア 日ごろの学習成果を発揮 全道31校参加、開発商品などPR

商業高教育フェア 道高校長協会商業部会(別所正一部会長)は十五・十六日の二日間、新さっぽろサンピアザで第九回道高校商業教育フェアを開いた。生徒、教職員合わせて約三百二十人が参加。生徒たちは元気に接客し、日ご...

(関係団体 2017-09-22) 全て読む

札幌国際理解教育研究会が研究大会 授業公開、研究討議など 行動力ある子育てよう

国際理解教育研究大会・全体会 札幌国際理解教育研究会(石原和人会長)は十四日、札幌市立共栄小学校(小笠原康友校長)で第三十三回国際理解教育研究大会を開いた。会員約三十人が参加。国際理解教育の充実に向けて、授業公開や研究...

(関係団体 2017-09-22) 全て読む

道・道教委

29年3月新規高卒未就職者の状況 約4割が非正規雇用者 6月末現在―道まとめ

29年3月卒新規学卒者に関する状況 二十九年三月新規高卒未就職者のうち、六月末時点で三五・三%が非正規雇用者として働いていることが、道の調査で明らかになった。「何もしていない」人も一四・七%おり、その理由として、四六・七%が...

(2017-09-22) 全て読む

民間との連携方法など協議 第13期第4回道生涯学習審議会

道生涯学習審議会 第十三期第四回道生涯学習審議会が二十日、札幌市内のかでる2・7で開かれた。「民間・NPO等との連携による生涯学習の推進」をテーマに、生涯学習の取組を促す方策や民間などとの連携・協働の在り方...

(2017-09-22) 全て読む

後継者育成ステップアップ事業―道 全管内で各1校実施 北方領土への関心を喚起

 道が進める二十九年度「後継者育成ステップアップ事業」実施校が決定し、取組を開始した。新十津川町立新十津川中学校など各管内の小・中学校十四校を決定。北方領土に関する元島民の講話などを通し、北...

(2017-09-21) 全て読む

基本方針の策定を表明 幼児教育振興で道・道教委

 道と道教委は十五日、仮称「北海道幼児教育振興基本方針」を策定することを表明した。教育方法や人材育成などの基本方針として定めるため、道と道教委が連携して検討を進めていく。  十五日の三定道...

(2017-09-20) 全て読む

道議会

3定道議会代表質問(29年9月20日) 教育支援の施策を効果的に推進 教育大綱で高橋知事

 三定道議会代表質問(二十日)では、策定作業が進む新しい北海道総合教育大綱について、質疑が行われた。  高橋はるみ知事は、大綱の基本理念として「〝社会で自立し共に支え合う北海道人〟を地域で大切に育む」ことを挙げ、その実現に向け「学力・体力の向上や豊かな心を育む教育の推進に加え、歴史、文化等の理解を...

(2017-09-22) 全て読む

3定道議会代表質問(29年9月20日) 地域の実情踏まえ必要な受入体制を 特別支援学校の整備

 二十日の三定道議会代表質問では、特別支援学校の整備について、質疑が行われた。  柴田達夫教育長は「障がいの状態や発達の段階などに応じ、その時点で最も的確な指導を提供するための、連続性のある多様な学びの場を整備することが重要」であることから「できるだけ身近な地域において、専門的な教育を受ける機会を...

(2017-09-22) 全て読む

3定道議会代表質問(29年9月20日) 貧困状況の子どもの教育に関して支援 高橋知事が答弁

 高橋はるみ知事は、二十日の三定道議会代表質問で、非正規雇用労働者の処遇改善にかかわり答弁した。  宮川潤議員(日本共産党)が「世代間の貧困状態が連鎖しないよう、経済政策として教育支援策を」と求めたのに対し、高橋知事は「子どもの将来が、生まれ育った環境によって左右されることのないよう、高校生に対す...

(2017-09-22) 全て読む

市町村

札幌市の第3次自殺総合対策行動計画 31年3月の策定目指す 課題解決へ具体的施策を

 札幌市は「第三次自殺総合対策行動計画」を三十一年三月に策定する予定だ。自殺における課題解決に向けた具体的施策などを示すもの。現在、精神保健福祉審議会の自殺総合対策の在り方検討部会で、計画の方向性などを検討している。  市では、自殺対策について「一人でも多くの命を救う」ことを目標に、五ヵ年計画の「...

(2017-09-21) 全て読む

札幌市中学校教育課程編成の手引作成委 基本的考え方など確認 教科・領域ごとに専門部会

札幌市中学校教育課程手引作成委員会 札幌市中学校教育課程編成の手引作成委員会は十九日、市内のちえりあで総会および第一回専門部会を開いた。市教委、市内中学校から委員約百人が出席。新学習指導要領や移行措置の内容を踏まえた手引の作成に向けて、作成の基本的な考え方などを確認した。  市教委では、学習指導要領改訂の趣旨や移行措置の内容を踏ま...

(2017-09-21) 全て読む

外国語活動等の授業時数対応方針―旭川市教委 5方策組み合わせ確保 60分授業など独自の「旭川方式」

 【旭川発】旭川市教委は、新学習指導要領移行期における外国語活動・外国語科の授業時数の対応方針を固めた。三十二年度からの全面実施を見据え、来年度から外国語活動三十五時間、外国語科七十時間を確保。複合的なカリキュラム・マネジメントの基準として「旭川方式」を活用して実施する。  「旭川方式」は、授業時...

(2017-09-21) 全て読む