最新記事一覧(解説)

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | ... 59 | 60 |
(1181件見つかりました)

解説

【解説】高大在学費用は940万円

 ㈱日本政策金融公庫の令和元年度教育費負担の実態調査結果によると、高校入学から大学卒業までに必要な入在学費用は、子ども1人当たり939万1000円と、前年度に比べ14万3000円減少した。  調査は、64歳以下で、高校生以上の子どもをもつ保護者を対象に令和元年9月17~24日に実施。有効回答数は4...

(2020-03-23) 全て読む

【解説】虐待防止の研修教材 文科省

 文部科学省は、「学校現場における虐待防止に関する研修教材」をまとめた。虐待の例をもとに対応のポイント、関係法令などを紹介。ロールプレイング研修用のシナリオでは、保護者対応などを掲載している。  警察庁が取りまとめた令和元年における少年非行、児童虐待および性被害の状況によると、児童虐待通告人数は前...

(2020-03-17) 全て読む

【解説】少年非行・児童虐待の状況

 警察庁は、令和元年における少年非行、児童虐待および子どもの性被害の状況をまとめた。大麻による検挙人数は609人となり、5年間で7・6倍に増加。児童虐待の通告児童数は前年比22・4%増の9万8222人で、心理的虐待をはじめ全種別で件数が増加している。  刑法犯少年の検挙人数は15・2%減の1万99...

(2020-03-16) 全て読む

【解説】体罰・ハラスメント根絶を

 スポーツ庁は、各都道府県・指定都市教育委員会などに対して、学校における体育活動中の事故防止および体罰・ハラスメントの根絶について通知した。各学校において、学校体育における事故防止、体罰・ハラスメントの根絶のための取組について再度確認を行うとともに、各取組を確実・適切に実施するよう、教育委員会等にお...

(2020-03-13) 全て読む

【解説】大学入試の英語4技能評価

 自民党政務調査会文部科学部会が設置する「大学入試英語の適正実施に関するワーキングチーム(WT)」は、大学入試における英語4技能評価の在り方を示す提言案をまとめた。英語4技能の育成・評価についての現状・意義等を整理し、今後、政府が取り組むべき改革の方向性を提示。評価について「現状では、既存の英語資格...

(2020-03-11) 全て読む

【解説】しつけは発達に合う方法で

 厚生労働省は「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に」をまとめ、同省Webページに掲載した。6月の児童福祉法等改正法の趣旨や体罰によらない子育てに向けた工夫などを紹介。しつけをする際は子どもの発達に合う方法で行うこと、体罰等が子どもに与える悪影響などを解説している。  厚労省...

(2020-03-06) 全て読む

【解説】防犯教室 小学校99%実施

 児童生徒を対象に防犯教室・防犯訓練を実施している道内小学校の割合(令和元年12月末時点)は99%となり、目標値の100%間近となっていることが、道教委の調べで分かった。通学路の安全マップを学級活動等での指導に活用している割合は95%とこちらも前年度から増加。一方、中学校はいずれも94%とやや減少し...

(2020-03-05) 全て読む

【解説】子に対する前兆事案 1月末

 道警本部は、ことし1月末における子どもに対する前兆事案の届出受理状況をまとめた。前年同期比13件増の42件を受理した。  前兆事案とは、子ども(13歳未満)を対象とする性犯罪などの凶悪犯罪の前兆とみられる声かけやつきまといのこと。  1月は、道内で前年同期に比べ13件増の42件を受理した。 ...

(2020-03-02) 全て読む

【解説】生涯学習推進体制の状況

 道教委は、令和元年度生涯学習推進体制の整備状況(令和元年10月1日現在)をまとめた。教育委員会による生涯学習活動で最も多いのは「読書環境の整備や読書活動を支援する人材育成」で94%。現代的課題に関する学習機会では、教育委員会、首長部局、団体等のいずれも「防災に関する学習」の割合が前年度と比べ上昇し...

(2020-02-28) 全て読む

【解説】体力向上 取組の方向性

 道教委の『令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査 北海道版報告書』では、北海道の体力向上の取組に関する改善の方向性を示している。動画視聴による動作理解など、授業展開に応じたICTの活用事例のほか、運動量や時間の視覚化、誰もが楽しく参加できる体力づくりの取組、新体力テストにおける項目別得点表の...

(2020-02-27) 全て読む

【解説】2年度新規は14事業 道教委

 令和2年度道教育費予算案では、学力・体力の向上、遠隔授業の配信機能の集中化、少人数学級の拡大など各種事業の展開に必要な経費を措置。教育費の総額は3926億5348万円となり、前年度補正後と比べ2・1%、約86億円減少し、道予算全体に占める教育費の割合は13・9%と0・1ポイントの減となっている。 ...

(2020-02-25) 全て読む

【解説】道Society5.0構想

 道は、「北海道Society5.0構想」素案をまとめ、17日に札幌ガーデンパレスで開いた第3回道Society5.0懇談会で示した。15分野で10年後の本道の目指す未来社会を記載。教育では、多様な遠隔授業の実現、教員の指導案・教材データの共有化、学校データ集積化による調査業務の解消などの姿を示して...

(2020-02-20) 全て読む

【解説】道内公立高校等227校 1日に卒業式

 道教委は、道内公立高校等卒業式の状況(1月28日現在)をまとめた。卒業式を実施する公立高校等は227校。うち、3月1日に実施する学校は226校となっている。  3月1日に実施する学校の内訳をみると、全日制・定時制併置校31校、全日制単置校183校、定時制単置校8校、定時制単位制2校、中等教育学校...

(2020-02-18) 全て読む

【解説】第4次食育推進基本計画

 国は、令和3年度から5年間を計画期間とする第4次食育推進基本計画の作成作業を進めている。1月下旬の第2回食育推進評価専門委員会で示された主な論点案では、栄養教諭の配置促進、地産地消コーディネーターの養成・派遣、地域固有の多様な食文化を保護・伝承するデータベースの構築の必要性などを挙げている。9月に...

(2020-02-17) 全て読む

【解説】登下校中の安全確保に万全を

 全国の公私立小・中学校、特別支援学校における登下校時の児童生徒の集合場所等を点検した結果、対策が必要と報告があった個所のうち、83%が「見守り活動の実施・強化」などの対策を実施済みであることが文部科学省の調査(令和元年10月末時点)で明らかになった。道教委は7日付で通知「登下校時の児童生徒の集合場...

(2020-02-14) 全て読む

【解説】教職課程認定基準改正を検討

 中央教育審議会初等中等教育分科会教員養成部会が設置する教職課程の基準に関するワーキンググループは、教育職員免許法施行規則および教職課程認定基準の改正に向けた検討を進めている。7日に開いた第8回会議では、報告書案「複数の学科間・大学間の共同による教職課程の実施体制」について審議。パブリックコメントを...

(2020-02-13) 全て読む

【解説】2年度センター試験結果

 大学入試センターは、令和2年度大学入試センター試験実施結果の概要をまとめた。  各教科・科目別の平均点では、全31教科のうち、前年度の平均点を上回ったのは13科目だった。英語、国語、数学、英語リスニングなど主要教科は前年度より低下した。  追試験、再試験を合わせた受験者数は、前年度比1万912...

(2020-02-10) 全て読む

【解説】特別支援教室構想具体化を

 中央教育審議会の第5回新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議は6日、インクルーシブ教育システムにおける障がいのある子どもの学びの場の在り方に関する論点(案)を示した。  インクルーシブ教育システムの考え方の一層の浸透・定着が必要とし、通級による指導と特別支援学級の垣根を超えた特別支援...

(2020-02-07) 全て読む

【解説】母子家庭等支援の方針 厚労省

 厚生労働省は、母子家庭等および寡婦の生活の安定と向上のための措置に関する基本的な方針の策定に取り組んでいる。  現行の基本方針に代わるもの。家庭生活・職業生活の動向など主に4点について更新・追記。新たに教育の支援に関する項目を設け、高校中退の予防、中退後の支援を含む関係施策の一層の充実などを盛り...

(2020-02-06) 全て読む

【解説】日本語教育推進の基本方針

 「日本語教育の推進に関する法律」の規定に基づき、関係省庁申合せで設置している日本語教育推進関係者会議は、「日本語教育の推進に関する基本方針」の策定に向け検討を進めている。1月24日に開いた第2回会議では、基本方針の骨子素案について議論。骨日本語教育の機会の拡充や水準の維持向上などを明記した。  ...

(2020-02-04) 全て読む

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | ... 59 | 60 |
(1181件見つかりました)