お知らせ

最新記事ヘッドライン

今日のトピック

表

中教審特別部会の審議素案 教職調整額 10%以上に 若手教師支援へ新設職

 中教審「質の高い教師の確保特別部会」は19日の会議で、教員の処遇改善や人材確保の総合的な方策を整理した審議のまとめ(素案)を示した。月額給与の4%としている教職調整額を10%以上に引き上げるほか、学級担任手当や若手教師の支援を担う新たな職の創設、小学校3・4学年の教科担任制の推進などの改革案を盛り...

(国 2024-04-23) 全て読む

道教委 家庭教育サポート企業数 5年度累計2888社 銀行・信金など金融最多741者

 道教委は、道家庭教育サポート企業等制度の協定締結企業数をまとめた。5年度の累計締結数は2888者。職種別では、銀行・信金などの金融業が741者で最も多く、卸小売業が523者、管工土建電気業...

(道・道教委 2024-04-23) 全て読む

5年度地学協働活動で外部人材活用 小・中学校で465件 音更町教委 8割でリスト活用

 【帯広発】音更町教委が地域学校協働活動の推進を本格化した5年度、町内小・中学校における外部人材の活用が465件に上った。うち町教委が作成した外部講師リストを活用したケースは約8割。福地隆教...

(市町村 2024-04-23) 全て読む

根室管内6年度教育推進の重点 子の可能性引き出す教育 確かな学力育む取組の深化

根室局・6年度管内教育推進の重点  【釧路発】根室教育局の遠藤直俊局長は12日、根室市内の北海道北方四島交流センターニ・ホ・ロで開いた管内公立学校長会議で、6年度管内教育推進の重点を示した。テーマを「しなやかにたくましく生き...

(道・道教委 2024-04-23) 全て読む

札幌市児相 親子相談LINE 5年度 計1136件 保護者から 9割以上に

 札幌市児童相談所は、5年度に開設した「さっぽろ親子のための相談LINE」の相談件数(速報値)をまとめた。SNSアプリ・ラインを活用し親子関係や子育てに関する相談を受け付けるもの。初年度は計...

(札幌市 2024-04-23) 全て読む

道・道教委

道教委 家庭教育サポート企業数 5年度累計2888社 銀行・信金など金融最多741者

 道教委は、道家庭教育サポート企業等制度の協定締結企業数をまとめた。5年度の累計締結数は2888者。職種別では、銀行・信金などの金融業が741者で最も多く、卸小売業が523者、管工土建電気業...

(2024-04-23)  全て読む

高校配置計画地域別検討協〈石狩〉 道外生徒受入環境整備を 1次産業充実へ教育振興も

 道教委は19日、第1回公立高校配置計画地域別検討協議会石狩学区をオンラインで開催した。参加者からは、1次産業の充実に資する高校教育の振興を求める発言や、道外からの生徒受け入れ環境の整備、高...

(2024-04-23)  全て読む

根室管内6年度教育推進の重点 子の可能性引き出す教育 確かな学力育む取組の深化

根室局・6年度管内教育推進の重点  【釧路発】根室教育局の遠藤直俊局長は12日、根室市内の北海道北方四島交流センターニ・ホ・ロで開いた管内公立学校長会議で、6年度管内教育推進の重点を示した。テーマを「しなやかにたくましく生き...

(2024-04-23)  全て読む

道教委 校種間連携サポート事業 洞爺湖町など11市町に パートナー校制で推進体制充実

 道教委は、6年度「学校種間連携サポート事業」の指定・準備地域として、新規の洞爺湖町と大空町を含む11市町・12地区を決定した。指定・準備校は34校。道内先進校とのパートナー校制によって推進...

(2024-04-22)  全て読む

道議会

課題校を学校訪問 動画資料を提供へ 端末活用の格差是正

 9日の道議会文教委員会では、1人1台端末の活用が取り上げられた。  国の調査によると、札幌市を除く道内小・中学校において、ほぼ毎日学習用端末を授業で活用する小学校の割合は80%、中学校は75%で全国平均を上回っているものの、市町村によって利活用の状況に差が生じている状況にある。  山口利之IC...

(2024-04-11) 全て読む

道議会質疑 予算特別委員会(10月3日)

【Q 質問Question A 答弁Answer P 指摘Point out O 意見Opinion D 要望Demand】 【質問者】 ▼鶴羽芳代子委員(自民党・道民会議) ▼小林千代美委員(民主・道民連合) ▼清水敬弘委員(民主・道民連合) 【答弁者】 ▼倉本博史教育長 ▼北村英則...

(2024-04-04) 全て読む

1定道議会予算特別委員会(15日)人材育成モデル 道内関係校に周知 室蘭の産学連携

 15日の1定道議会予算特別委員会では、産業教育の充実が取り上げられた。  倉本教育長は、2月8日、室蘭工業高校と地域の建設業協会が連携協定を締結したことを受け、産学連携の取組を広く全道の高校に好事例として周知する考えを示し「今後、室蘭工業高校と建設業協会が連携して構築するカリキュラムや人材育成の...

(2024-03-19) 全て読む

市町村

別海町 新たな教育大綱策定 人がつながり未来に 学社融合体制で6施策推進

 【釧路発】別海町は、6年度から10年度を期間とする教育大綱を新たに策定した。基本目標を「生涯を通じて人と文化を育む学びのまち 地域ぐるみで心豊かなまちづくり」と設定。社会教育の推進や学校教育の充実など6施策の推進を通して「人がつながり未来につながる海と大地に夢があふれるまち~いつも心に広がるふるさ...

(2024-04-23) 全て読む

5年度地学協働活動で外部人材活用 小・中学校で465件 音更町教委 8割でリスト活用

 【帯広発】音更町教委が地域学校協働活動の推進を本格化した5年度、町内小・中学校における外部人材の活用が465件に上った。うち町教委が作成した外部講師リストを活用したケースは約8割。福地隆教育長は、地域と学校がつながる好循環に触れ「現代の教育の在り方など、地域と共通理解を図りながら内容の充実を図って...

(2024-04-23) 全て読む

神恵内村6年度教育行政執行方針 ICTで深い学び充実 部活動地域移行など推進

神恵内村玉川量規  【小樽発】神恵内村教委の玉川量規教育長は6年度教育行政執行方針において、ICTの活用を図り、主体的・対話的で深い学びの充実に努めるとした。また、教員の働き方改革と、部活動の地域移行を進めていく。 執行方針の概要はつぎのとおり。 ▼学校教育の推進  泊村との教育連携について、効果を分析し継続...

(2024-04-19) 全て読む