お知らせ

ひとつの固有IDで複数PCへ同時にログインすることはできません。
他のPCでご利用になりたい場合、ログイン中のPCでログアウトしてからご利用ください。

最新記事ヘッドライン

今日のトピック

道内公立高卒業生の就職率97・9%―道教委まとめ 過去2番目 30年度 9割以上が道内に

 道教委は、道内公立高校における平成31年3月卒業生就職決定状況をまとめた。就職率は、前年度比0・2ポイント増の97・9%で、過去最高値の平成29年度に次ぐ2番目を記録。全体の9割以上の生徒が道内に就職した。生徒が希望する職業は、事務、生産工程、サービスの順に高く、ここ数年、同様の傾向が続いている。...

(道・道教委 2019-05-22) 全て読む

道公教第54回総会研修会 新会長に安田氏選出 教頭が力合わせ課題解決

道公教総会研修会 道公立学校教頭会(=道公教)は17日、札幌サンプラザで第54回総会研修会を開いた。9月20・21日の第53回道公教研究大会後志大会開催など、本年度の活動計画を決定した。役員改選では、札幌市...

(関係団体 2019-05-22) 全て読む

プログラミング的指向で社会を効率化 “良さ”周知が重要 道研所内アカデミーで新保氏

道研所内アカデミー 道立教育研究所は15日、同所で所内アカデミー「未来の教室プロジェクト」を開いた。前札幌市立屯田小学校長の新保元康氏を招き、「プログラミング教育はなぜ必要か」をテーマに、座談会やトークセッシ...

(道・道教委 2019-05-22) 全て読む

視覚特別支援4校が遠隔システム導入 会議や授業等で活用へ 働き方改革や指導力向上

 札幌視覚支援学校、旭川盲学校、帯広盲学校、函館盲学校の道立視覚特別支援学校4校は、本年度から遠隔TVシステムを導入し、遠隔会議や授業、研修会などで活用していく見通しだ。学校における働き方改...

(学校 2019-05-22) 全て読む

平成30年度教職員相談室利用状況―札幌市教委 前年度比75件減の142件 1人で抱え込まず活用を

教職員相談室の利用状況 札幌市教委は、平成30年度教職員相談室利用状況をまとめた。相談件数は、前年度比75件減の142件。相談内容では、「仕事」が21件減の74件、「健康」が49件減の34件と、ともに大きく減少し...

(市町村 2019-05-22) 全て読む

道・道教委

プログラミング的指向で社会を効率化 “良さ”周知が重要 道研所内アカデミーで新保氏

道研所内アカデミー 道立教育研究所は15日、同所で所内アカデミー「未来の教室プロジェクト」を開いた。前札幌市立屯田小学校長の新保元康氏を招き、「プログラミング教育はなぜ必要か」をテーマに、座談会やトークセッシ...

(2019-05-22) 全て読む

上川局コンプライアンス確立会議 より実効性ある取組を 重点目標等について意見交換

上川局コンプライアンス確立会議 【旭川発】上川教育局は15日、上川合同庁舎で令和元年度管内コンプライアンス確立会議を開いた。構成員15人が出席。全道および管内の懲戒処分等の状況を踏まえ、教職員の不祥事等の再発防止に向け、...

(2019-05-22) 全て読む

道内公立高卒業生の就職率97・9%―道教委まとめ 過去2番目 30年度 9割以上が道内に

 道教委は、道内公立高校における平成31年3月卒業生就職決定状況をまとめた。就職率は、前年度比0・2ポイント増の97・9%で、過去最高値の平成29年度に次ぐ2番目を記録。全体の9割以上の生徒...

(2019-05-22) 全て読む

高校配置計画検討協議会石狩学区―道教委 4年度8~9学級調整 中卒者数531人増の見通し 

高校配置計画検討協議会石狩学区 道教委は4月下旬、札幌市内のかでる2・7で公立高校配置計画地域別検討協議会石狩学区を開いた。管内各市町村の教育長や小・中・高校の校長、PTA関係者など約80人が出席。石狩学区の現状として、...

(2019-05-21) 全て読む

道議会

道議会質疑 予算特別委(平成31年3月1日)

(Q 質問Question、A 答弁Answer、P 指摘Point out、O 意見Opinion、D 要望Demand) 【質問者】 ▼久保秋雄太委員(自民党・道民会議) 【答弁者】 ▼道教委・佐藤嘉大教育長 ▼村上明寛学校教育監 ▼土井寿彦総務政策局長 ▼岸小夜子学校教育局長 ...

(2019-05-22) 全て読む

道議会質疑 一般質問31年2月22日

(Q 質問Question、A 答弁Answer、P 指摘Point out、O 意見Opinion、D 要望Demand) 【質問者】 ▼久保秋雄太議員(自民党・道民会議) ▼真下紀子議員(日本共産党) ▼丸岩浩二議員(自民党・道民会議) 【答弁者】 ▼道教委・佐藤嘉大教育長 =役職...

(2019-05-10) 全て読む

道議会質疑 一般質問31年2月21日

 (Q質問Question、A答弁Answer、P指摘Point out、O意見Opinion、D要望Demand) ◆体力向上について Q 太田議員 道教委は、新たな教育推進計画のもとで、次代を担う子どもたちが社会の変化に主体的に向き合いながら自らの可能性を発揮し、未来を切り拓いていく力を身...

(2019-05-09) 全て読む

市町村

平成30年度教職員相談室利用状況―札幌市教委 前年度比75件減の142件 1人で抱え込まず活用を

教職員相談室の利用状況 札幌市教委は、平成30年度教職員相談室利用状況をまとめた。相談件数は、前年度比75件減の142件。相談内容では、「仕事」が21件減の74件、「健康」が49件減の34件と、ともに大きく減少した。市教委では、相談人数(実人数)は6人減の66人と同程度であることから、ストレスチェックやメンタルヘルス研修...

(2019-05-22) 全て読む

秩父別町の教育行政執行方針 CS導入し学校づくり 保護者対象に学習機会提供

秩父別町教委小林宏明 【岩見沢発】秩父別町教委の小林宏明教育長は令和元年度教育行政執行方針で、地域の教育力を生かした学校づくりの推進に向けてコミュニティ・スクールを導入する考えを示した。このほか、子どもたちの望ましい生活習慣の定着を図るため、保護者を対象とした学習の機会や情報提供などの取組が促進するよう、PTAなどと連...

(2019-05-21) 全て読む

札幌市教委いじめ防止基本方針 認知漏れの防止を徹底 教育委員会会議で改定案承認

 札幌市教委は、教育委員会会議でいじめ防止基本方針改定案の承認を受けて、方針を改定することとした。国の改定に準じて、「けんか」にかかる記述を追記するほか、学校いじめ防止基本方針に基づく取組の実施状況を学校評価の評価項目に位置付ける。市独自の改定点として、いじめの認知件数がゼロの学校の児童生徒の状況や...

(2019-05-20) 全て読む