お知らせ

書籍バナー

最新記事ヘッドライン

今日のトピック

表

CS活用の学校運営重点 「学校地域の相互貢献」最多 道特長調査 教育資源活用で成果

 道特別支援学校長会(須見千慶会長)は「特別支援学校におけるコミュニティ・スクールを活用した学校運営の活性化に関する調査研究」をまとめた。道内特別支援学校の校長がコミュニティ・スクール(CS)導入で最も重視していることは「学校、地域の相互貢献」が44%で最も多く、CSを実施する上では、職員の理解度や...

(関係団体 2024-03-01) 全て読む

道教委が取組事例集公開 生徒主体で校則見直し 道立高18校 「自ら守る」姿勢に

 道教委は道立高校の校則見直しの取組事例集を作成し、ウェブページで公開した。頭髪・制服に関する制限緩和、ジェンダー平等への配慮など生徒主体の取組で校則を見直した18校を掲載。生徒自ら校則を考...

(道・道教委 2024-03-01) 全て読む

函館市 6年度教育行政執行方針 海洋STEAM教育推進 外部人材活用し指導体制充実

函館市藤井壽夫  【函館発】函館市教委の藤井壽夫教育長は2月22日の第1回定例市議会で教育行政執行方針を説明した。小学校算数科等における専科教員の配置や中学校における非常勤講師の配置拡充、特別支援教育の充実...

(2024-03-01) 全て読む

初等教育研 札幌算数支部が研究大会 納得解に迫る学び目指して 筑波大附属小・夏坂副校長が授業

初等教育研算数研究大会  初等教育研究会札幌市(算数)支部(支部長・西村貴史札幌市立北の沢小校長)は2月17日、札幌市立幌南小学校で第20回研究大会を開いた。「協働的な学びをつくる価値を問う」をテーマに、筑波大学附...

(札幌市 2024-03-01) 全て読む

札幌国際理解教育研究会 研究大会 対話通し学び合う授業 駒岡小 自校紹介資料作成

札幌国際理解教育研究会・研究大会  札幌国際理解教育研究会(大道弘孝会長)の全市研究大会が2月上旬、札幌市立駒岡小学校(岩村鋭介校長)で開催された。研究主題「多様な世界に関わり続ける行動力を身に付けた児童生徒の育成」のもと、...

(札幌市 2024-03-01) 全て読む

道・道教委

道教委が取組事例集公開 生徒主体で校則見直し 道立高18校 「自ら守る」姿勢に

 道教委は道立高校の校則見直しの取組事例集を作成し、ウェブページで公開した。頭髪・制服に関する制限緩和、ジェンダー平等への配慮など生徒主体の取組で校則を見直した18校を掲載。生徒自ら校則を考...

(2024-03-01)  全て読む

道教委の部活動等人材バンク 札幌市教委と連携開始 指導人材発掘へ情報共有

 道教委は、ほっかいどう部活動・地域クラブ活動サポーターバンクにおいて札幌市教委との連携を開始した。札幌市立学校での指導を希望する人材を登録対象として追加。札幌市教委と情報を共有する。  ...

(2024-03-01)  全て読む

道社会教育委員会議 審議のまとめ 電子化など好事例紹介 PR動画制作し発信へ

 道社会教育委員の会議兼第16期道生涯学習審議会は、今期審議のまとめを決定し、道教委のホームページで公表した。デジタル化や地元の高校・大学生との連携、職員間の対話を重視した運営など、先進的な...

(2024-02-29)  全て読む

探究チャレンジ・ジャパン受賞校② 市立札幌旭丘高校

探究チャレンジ・ジャパン市立札幌旭丘  市立札幌旭丘高校(相沢克明校長)は、観察、実験、見学、調査などを行い、課題の解決に必要な情報を集めている学校が選ばれる「札幌市長賞」に輝いた。同校は「ChatGPTの性能確認」をテーマに、...

(2024-02-29)  全て読む

道議会

道議会質疑 予算特別委員会(10月3日)

【Q 質問Question A 答弁Answer P 指摘Point out O 意見Opinion D 要望Demand】 【質問者】 ▼滝口直人委員(自民党・道民会議) 【答弁者】 ▼倉本博史教育長 ▼北村英則教育部長 ▼山本純史学校教育監 ▼村上由佳生涯学習推進局長 ▼川端香代...

(2024-02-29) 全て読む

道議会質疑 一般質問(9月27日)

【Q 質問Question A 答弁Answer P 指摘Point out O 意見Opinion D 要望Demand】 【質問者】 ▼真下紀子議員(日本共産党) ▼山崎真由美議員(維新・大地) 【答弁者】 ▼鈴木直道知事 ▼道場満保健福祉部長 ▼倉本博史教育長 ◆熱中症対策 ...

(2024-02-28) 全て読む

道議会議員 小樽2校を視察 冷房整備へ現場の声聴取 端末活用の授業実践を見学

文教委員随時調査2(稲穂小)  【小樽発】道議会文教委員会の委員10人は15日、小樽高等支援学校(児玉倫政校長)と小樽市立稲穂小学校(遠藤隆典校長)の2校を訪問し、随時調査を行った。冷房設備の整備に向けた課題を聴取したほか、1人1台端末を活用した授業の様子を視察した。  昨年夏の猛暑を受けて緊急度の高い特別支援学校における暑さ...

(2024-02-22) 全て読む

市町村

ニセコ町 6年度予算案 学習支援アプリを導入 ニセコ高に校内留学施設等

 【小樽発】ニセコ町は2月22日、6年度予算案を公表した。一般会計の総額は、前年度当初比23・8%増の66億9000万円。うち教育費は15・8%増の6億7907万円で、構成比は10・2%となっている。  新規事業をみると、小中高学習支援システム使用料に166万円を措置し、学習支援アプリを導入する。...

(2024-03-01) 全て読む

2保育所統合し7年度供用開始 AIドリル 電子黒板を導入 森町 6年度予算案

 【函館発】森町は2月28日、新年度予算案を発表した。一般会計の総額は前年度当初比5・8%減の119億6811万円。うち教育費は27・6%増の13億6864万円で、本年度から鷲ノ木小学校の校舎改修工事が本格化するため、大幅な増額となった。  新規事業では、ICT活用教育推進事業に着手。町内小・中学...

(2024-03-01) 全て読む

岩見沢市 6年度予算案 子ども家庭センター設置市立校普通教室にエアコン

 【岩見沢発】岩見沢市は2月15日、6年度予算案を発表した。一般会計は前年度比3・4%増の482億円。教育費は19・7%増の56億6000万円で構成比は11・7%となっている。母子保健と児童福祉を一体的に運営し、複数の組織に分かれていた事業を一元化するため、子ども家庭センター(仮称)を設置。このほか...

(2024-03-01) 全て読む