お知らせ

書籍バナー

ひとつの固有IDで複数PCへ同時にログインすることはできません。
他のPCでご利用になりたい場合、ログイン中のPCでログアウトしてからご利用ください。

最新記事ヘッドライン

今日のトピック

命と学びを守る共同宣言 第2弾 家族の健康把握など追加 新たにPTA3団体参加

 道教委をはじめとする道内教育関係28機関・団体は24日、新型コロナウイルスから「子どもたちの命と学びを守る」共同宣言(第2弾)を採択した。4月に採択した前回の宣言から道PTA連合会などPTA関係3団体が新たに参加し、同居家族の健康状況把握など、家庭と連携した早期の感染症対策を追記。学校、行政、保護...

(道・道教委 2021-06-25) 全て読む

第28期道産業教育審議会 代表者会議 人材育成など焦点に協議 7~10月 委員が学校視察

道産業教育審議会WT代表者会議  第28期道産業教育審議会は23日、道庁別館で第1回ワーキングチーム(WT)代表者会議を開いた。事務局が今後の審議内容として「地域創生に貢献できる人材および育成の方法」「専門高校と産業界等と...

(道・道教委 2021-06-25) 全て読む

網走市教委 児童生徒の1人1台端末 臨休時等に持ち帰り 7月から訓練 ルールも整備

網走市ICT活用推進委員会会合  【網走発】網走市教委は、臨時休業などの緊急時において児童生徒1人1台端末の持ち帰りを実施する方針だ。7月上旬から各学校で緊急時を想定した持ち帰り訓練を行い、各家庭の接続状況などを確認する予...

(市町村 2021-06-25) 全て読む

4種校長会長インタビュー 第2回 主体性・指導性もち課題解決 叡智を結集し新時代へ 北海道中学校長会会長

校長会長インタビュー三浦利章新会長 ―道中学校長会会長としての抱負  創立以来「中学校長の職能向上と北海道中学校教育の振興」を目的として、時代時代の課題に向き合い、74年に及ぶ歴史を刻んできた本会の会長の任を仰せつかることは...

(関係団体 2021-06-25) 全て読む

札幌市 ワクチン優先接種対象 教職員等53000人 7月上旬から接種券発送へ

 札幌市における新型コロナワクチンの優先接種対象となっている各校種の教職員および保育所・幼稚園等従事者などの総数は、約5万3000人となる見通しだ。現在、接種希望者を集計しており、7月上旬か...

(札幌市 2021-06-25) 全て読む

道・道教委

後志局 研修プロジェクト始動 1人1台端末の効果や課題などの情報を共有 質の高い教育活動を持続 初弾28日から 初任者対象に

後志教育局研修プロジェクトチラシ  【小樽発】後志教育局は本年度、様々なニーズに応じた研修の機会を提供する「ShiriBeshi Learning Boxプロジェクト」を実施する。質の高い教育活動を、持続的に行う仕組みを構築...

(2021-06-25)  全て読む

第28期道産業教育審議会 代表者会議 人材育成など焦点に協議 7~10月 委員が学校視察

道産業教育審議会WT代表者会議  第28期道産業教育審議会は23日、道庁別館で第1回ワーキングチーム(WT)代表者会議を開いた。事務局が今後の審議内容として「地域創生に貢献できる人材および育成の方法」「専門高校と産業界等と...

(2021-06-25)  全て読む

檜山局独自 町教委・小・中校長交流会 クラウド活用例等紹介 省力化、新しい学びの可能性

檜山局小中学校長情報交流会  【函館発】檜山教育局は22日、管内各町教委および小・中学校長情報交流会をオンラインで開催した。1人1台端末の活用状況などについて、管内小・中学校の管理職や町教委が独自の取組などを報告。うち...

(2021-06-25)  全て読む

命と学びを守る共同宣言 第2弾 家族の健康把握など追加 新たにPTA3団体参加

 道教委をはじめとする道内教育関係28機関・団体は24日、新型コロナウイルスから「子どもたちの命と学びを守る」共同宣言(第2弾)を採択した。4月に採択した前回の宣言から道PTA連合会などPT...

(2021-06-25)  全て読む

道議会

道議会一般質問(令和3年6月22日) 感染症予防に向け 啓発資料を作成 新成人に対する取組

 8月以降に成人式を予定している自治体や、新成人などに向けた取組に関して質疑が行われた。  道教委の倉本博史教育長は、新型コロナウイルス感染症の影響で多くの市町村が延期や中止としている状況を説明。  道教委では、各市町村が感染予防対策を徹底した成人式の実施を検討できるよう、知事部局と連携し、新成...

(2021-06-24) 全て読む

道教委 次期教育推進計画策定 地域支える人づくりを 道教育推進会議に諮問へ

 道教委の倉本博史教育長は23日の2定道議会一般質問で、令和5年度から開始の次期北海道教育推進計画策定に向けた検討を開始する考えを示した。地域創世の核となる学校づくりなどを重点に、持続可能な地域の発展を支える人づくりの観点も重視する考えを表明。7月以降開催する道教育推進会議で、計画策定に向けて諮問す...

(2021-06-24) 全て読む

道議会一般質問(令和3年6月22日) 次期管理者指定 検討会議を設置 ネイパルの活用

 道立の青少年体験活動支援施設(ネイパル)の活用について質疑が行われた。  道教委の倉本博史教育長は、令和4年度からのネイパルの指定管理者公募に向けて、SDGs(持続可能な開発目標)、防災、地域づくりなどをテーマとした新たなプログラムを設計するとともに、「学校や地域住民の多様なニーズに対応した魅力...

(2021-06-24) 全て読む

市町村

豊頃町3年度教育行政執行方針 小中一貫教育を推進 合同行事、教員相互派遣など

豊頃町教委中川直幸  【帯広発】豊頃町教委の中川直幸教育長は、11日に開かれた町議会定例会において、令和3年度教育行政執行方針を説明した。豊頃中学校改築に併せて小中連携、その先の小中一貫教育を効果的・効率的に展開できる学校施設を6年に開校することを表明。小中一貫教育に向けて豊頃小学校と豊頃中で乗り入れの行事や学習を展開...

(2021-06-25) 全て読む

網走市教委 児童生徒の1人1台端末 臨休時等に持ち帰り 7月から訓練 ルールも整備

網走市ICT活用推進委員会会合  【網走発】網走市教委は、臨時休業などの緊急時において児童生徒1人1台端末の持ち帰りを実施する方針だ。7月上旬から各学校で緊急時を想定した持ち帰り訓練を行い、各家庭の接続状況などを確認する予定。持ち帰りが必要になったときに備え、各校では活用ルールの整備など学びの保障に向けた準備を進めている。  市...

(2021-06-25) 全て読む

奥尻町3年度教育行政執行方針 デジタルドリル活用 ICTの実証モデル構築

奥尻町教委新谷順二  【函館発】奥尻町教委の新谷順二教育長は令和3年度教育行政執行方針において、国のGIGAスクール構想を踏まえ、遠隔学習やデジタルドリルなどを活用した「奥尻教育STEP―UPプロジェクト」に取り組むとした。新たなICT活用教育の実証モデルを構築し、児童生徒の学力向上に努めていく。  執行方針の概要は...

(2021-06-24) 全て読む