道内公立学校教員の病気休職者 422人中7割が精神疾患 20代は倍増し44人に
( 2020-01-14付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 文部科学省は、平成30年度公立学校教職員の人事行政調査結果をまとめた。札幌市を含む道内教育職員の病気休職者は422人。うち、うつ病などの精神疾患による休職者は295人で全体の約70%、前年...

( 2020-01-14付)