対話重視 人材育成の重点示す “余裕ある上司”に 道教委 道立学校事務長研修
(道・道教委 2021-06-10付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 道教委は2日、道庁別館で道立学校事務長研修をオンライン形式で開いた。本年度配置された人材育成専門官を務める総務課の山寺勝宏主幹が講話。対話を重視したOJTの事例を紹介し、相談しやすい“余裕...

(道・道教委 2021-06-10付)

その他の記事( 道・道教委)

道研 プロジェクト研究 HP等で協力校募集 7月8日まで 幅広い応募期待

 道立教育研究所は、令和2年度から3ヵ年計画で実施しているプロジェクト研究にかかる研究協力校を募集している。ホームページへの掲載や、各市町村教委、各学校などに幅広く参加を呼びかける活動は初め...

(2021-06-24)  全て読む

道教委 道立校ICT化支援 8月からヘルプデスク クラウド利用など相談対応

 道教委は8月1日から、GIGAスクールサポーターによるヘルプデスクの設置を計画している。BYOD(個人端末の学校持ち込み)を含む端末やクラウドサービスの利用などの相談に対応し、道立学校にお...

(2021-06-23)  全て読む

令和4年度公立高校推薦入学者選抜における普通科の「推薦の要件(志望してほしい生徒像)」

普通科の推薦の要件  道教委が定める募集要項に基づいて実施する公立高校普通科の推薦要件一覧表は①から始まり、②③および④左半分へと続きます。  市町村独自の要項で実施する岩見沢市立・知内町立・奥尻町立・三笠市...

(2021-06-22)  全て読む

喜茂別小 働き方改革実施計画 ICT活用し業務削減 所要時間30%削減目指す

 【小樽発】道教委の働き方改革推進事業の指定を受けた喜茂別町喜茂別小学校(木村明彦校長)は、令和3年度実施計画をまとめた。ICTを積極的に活用した業務を推進し、効率化を図り、所要時間削減率3...

(2021-06-22)  全て読む

鹿追高 働き方改革実施計画 業務のDX化を図る 町営塾と連携し指導時間縮減

鹿追高校事業予定  【帯広発】道教委の働き方改革推進事業の指定を受けた鹿追高校(俵谷俊彦校長)は、令和3年度実施計画をまとめた。外部人材を活用した町営のオンライン公設塾との連携や、地域のスポーツ指導者や元サッ...

(2021-06-22)  全て読む

道教委 デジタル採点システム 小中高10校 試行導入 7月から 業務縮減効果検証

 道教委は、学校における働き方改革の推進に向けた教員の業務支援ソリューションの実証研究事業のモデル校を決定した。恵庭市立和光小学校など小・中・高10校においてデジタル採点システムを試行導入す...

(2021-06-22)  全て読む

7月21日まで休館延長 近代美術館等3施設 道教委

 道教委は、北海道における新型コロナウイルス感染症のまん延防止等重点措置を踏まえ、札幌市内における近代美術館、三岸好太郎美術館、文学館の休館期間を7月21日まで延長する。  札幌市以外に所...

(2021-06-22)  全て読む

帯広三条高 働き方改革実施計画 勤務シフト制試行実施 ペーパーレス化を推進

1帯広三条高事業予定  【帯広発】道教委の働き方改革推進事業の指定を受けた帯広三条高校(合浦英則校長)は、令和3年度実施計画をまとめた。勤務シフト制の試行や地域学校共同活動実証事業によるコンソーシアム結成によって...

(2021-06-21)  全て読む

胆振局 コンプライアンス確立会議 不祥事等根絶へ 山上局長 踏み込んだ取組を

胆振局コンプラ確立会議 【室蘭発】胆振教育局は14日、むろらん広域センタービルを主会場にオンラインで管内コンプライアンス確立会議を開いた。市町教委の代表や小・中・高校、特別支援学校の校長など約20人が出席。信頼され...

(2021-06-21)  全て読む

全生徒が同一問題解答 道教委 4年度公立高入選 道外受入 苫前商加え22校34学科

学校裁量について2  道教委は18日、令和4年度公立高校入学者選抜における学校裁量の実施予定および推薦入学者選抜における普通科推薦要件を発表した。新学習指導要領の趣旨を踏まえ、4年度から標準問題と学校裁量問題を...

(2021-06-21)  全て読む