道議会一般質問(令和3年6月22日) 聴覚障がい教育で 遠隔授業開始 PTA連携の研修も
(道議会 2021-06-24付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 聴覚障がい教育の遠隔授業について質疑が行われた。  道教委の倉本博史教育長は、聴覚障がい教育の質の維持・向上に向け、「音声、手話など多様なコミュニケーションの活用に関する研修の充実、指導...

(道議会 2021-06-24付)

その他の記事( 道議会)

道教委 登下校時の安全確保へ 危険個所 早急に調査 研修会等で効果的な方策を

 6月に千葉県八街市で児童5人が死傷した交通事故を受け、道教委は、道内市町村における通学路の危険個所の有無・対応方法を早急に調査し把握する方針を示した。2日の2定道議会文教委員会で鈴木淳学校...

(2021-07-06)  全て読む

基本理念示す条例制定 ヤングケアラー等支援へ知事 有識者会議で議論 認知度向上へ

 道は、ケアラー支援の基本理念を示す条例の制定に向けた検討を開始する。1日の2定道議会予算特別委員会本委員会で鈴木直道知事道は、道ケアラー支援有識者会議において検討を開始し、条例制定によって...

(2021-07-05)  全て読む

道議会予算特別委員会(令和3年6月29日) 社会教育と一体で 読書の重要性啓発 幼児教育

 幼児期の読書活動に対する質疑が行われた。  道教委の倉本博史教育長は、幼児期における読書の重要性を啓発するため、保護者向けの動画を作成し、SNSなどで発信する考えを示した。  道教委に...

(2021-07-02)  全て読む

道議会予算特別委員会(令和3年6月29日) 研修機会を充実 教職員の理解促進 ヤングケアラー

 ヤングケアラーについて質疑が行われた。  道教委の鈴木淳学校教育監は、ヤングケアラーを早期に発見して適切な支援につなげるため、福祉、介護、医療、教育の関係機関が密接に連携し対応することが...

(2021-07-02)  全て読む

道議会予算特別委員会(令和3年6月29日) 大学等と連携し育成プログラム 教員の確保・育成

 教員志願者の確保について質疑が行われた。  道教委の池野敦教育部長は、教員採用選考検査の日程や会場の設定の改善を図るほか、草の根教育実習システムや高校生インターンシップなどの教職員の魅力...

(2021-07-02)  全て読む

道議会予算特別委員会(令和3年6月29日) 内容等見直し図り 戦略的な制度に 大学院への教員派遣

 大学院等への教員派遣制度について質疑が行われた。  教員派遣制度は、学校において指導的役割を果たすことのできる確かな指導理論と優れた実践力や応用力、課題解決力を身に付けた教員を育成するこ...

(2021-07-02)  全て読む

道議会予算特別委員会(令和3年6月29日) オンライン学習 道立高4割が実施 緊急事態宣言下の特定措置区域で

 高校におけるオンライン学習の実施状況が取り上げられた。  道教委の柴田亨高校教育課長は、今回の緊急事態宣言による特定措置区域となった道立高校の約4割が同時双方向によるオンライン学習を実施...

(2021-07-02)  全て読む

56市町村で浸水等想定区域に学校 避難確保計画 策定要請 道教委 年度内に訓練も

 道内で浸水想定区域・土砂災害警戒区域に立地する学校がある市町村は56市町村で、避難訓練をすべての学校で実施しているのは26市町村であることが分かった。6月29日の2定道議会予算特別委員会第...

(2021-07-02)  全て読む

道議会予算特別委員会(令和3年6月29日) 実効性ある取組を緩むことなく推進 いじめ問題

 いじめ問題が取り上げられた。  道教委の倉本博史教育長は、すべての市町村と学校において道いじめ防止基本方針に基づくいじめ防止等に向けた対策が着実に実施されるよう取組を進める考えを表明。 ...

(2021-07-02)  全て読む

性的マイノリティの児童生徒 相談体制など調査へ 専門家と方法検討 道教委

 道教委は本年度、各学校での性的マイノリティとされる児童生徒への支援や相談体制などの取組状況に関する調査を検討している。6月29日に開かれた道議会予算特別委員会第二分科会で、中澤美明学校教育...

(2021-07-01)  全て読む