道家庭教育サポート企業等制度 管内企業2者と協定 空知局 累計379者に
(道・道教委 2022-05-19付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 【岩見沢発】道教委は12日、岩見沢市内の建設企業の馬淵建設(株)と空知信用金庫の2者と家庭教育サポート企業制度にかかる協定を締結した。空知教育局の山口利之局長らが両者を訪れ、協定書に調印。...

(道・道教委 2022-05-19付)

その他の記事( 道・道教委)

道研 新趣向の研修講座本格化 プログラミングに挑戦 本年度初の集合型 体験通し指導力向上

道研研修講座マイコンボード  道立教育研究所の本年度初の集合型研修がこのほど同所で開かれた。中学校技術教員の実践的指導力向上研修で、プログラミングによる問題の解決を目指す授業づくりの進め方を学習。教師自身がプログラミン...

(2022-07-04)  全て読む

道教委 社会との共創推進PJ 8月から講義・演習 STEAM教育を推進へ

 道教委は、本年度新規となるS―TEAM教育推進事業「社会との共創」推進プロジェクトを8月から開始する。実社会での課題解決に向け、大学、研究機関、企業、自治体等と連携して生徒が探究活動に取り...

(2022-07-04)  全て読む

道道教委等 特別支援教育全道セミナー 教育・福祉 連携推進を 発達障がい支援の取組等交流

 道教委と道保健福祉部は6月23日、特別支援教育充実セミナー(全道セミナー)をオンライン開催した。開会あいさつで特別支援教育課の仙北谷逸生課長補佐は、教育・福祉の連携の一層の推進に向けて関係...

(2022-07-04)  全て読む

道教委 道立高CS設置基本方針 導入促進へ要件改定 「域内全小・中導入」を削除

 道教委は6月29日付で道立高校における学校運営協議会設置の基本方針を改定した。コミュニティ・スクール(CS)の導入促進を図るための措置で、要件の一つだった「域内の全ての小・中学校がCSを導...

(2022-07-01)  全て読む

道教委 健康教育推進リーダー 各校種4校の養教に 生活習慣定着等へ研究推進

 道教委は本年度から新たに指定する健康教育推進リーダーとして、旭川市立東町小学校など各校種4校の養護教諭に決定した。生活習慣の定着や目の健康などをテーマに児童生徒の健康課題の解決に向けた実践...

(2022-07-01)  全て読む

高校配置計画地域別検討協議会 8日から19会場で 最終意見を調整 道教委

 道教委は、第2回公立高校配置計画地域別検討協議会の開催日程をまとめた。8日の胆振西学区を皮切りに14管内19会場で順次開催。集合・オンラインのハイブリッド開催とし、学区ごとの最終意見調整を...

(2022-07-01)  全て読む

学校給食費負担減へ交付金活用 116市町村が事業実施 2定道議会で道教委説明

 道教委は、国の交付金を活用して高騰する学校給食費への保護者負担の軽減を図る事業を実施、または実施予定の道内市町村は116市町村あることを明らかにした。倉本博史教育長は「都市教育委員会連絡協...

(2022-06-30)  全て読む

道教委 いじめ意識調査 学校の取組 認識に差 防止活動や情報発信を

表2  道教委は、いじめに対する意識アンケートの3年度調査結果をまとめた。学校におけるいじめ未然防止の取組を肯定的に回答した割合は、教職員の97%に対し保護者が45%、児童生徒が55%と依然として...

(2022-06-30)  全て読む

北見市学力向上推進委 ICT研修 視覚的に考えを整理 上常呂中の堀田教諭授業公開

北見市ICT指導力向上研修会  【網走発】北見市学力向上推進委員会(平田和史委員長)は16日、上常呂中学校(石原邦彦校長)で第1回ICT指導力向上研修会を開いた。推進員を務める上常呂中の堀田陽一郎教諭による1年生道徳の授...

(2022-06-30)  全て読む

研修受講奨励へガイドライン案 学校研究活動も対象に 文科省 管理職らで分担可

 文部科学省は27日の中央教育審議会の合同会議で、研修履歴を活用した対話に基づく受講奨励に関するガイドライン案を示した。5年度から記録することとなる研修の範囲や内容を新たに示し、任命権者が判...

(2022-06-29)  全て読む