上湧別に義務教育学校検討 湧別町教委が学校施設計画案
(市町村 2020-03-26付)

 【網走発】湧別町教委は、学校施設長寿命化計画(案)をまとめた。計画期間は令和2年度から11年度までの10年間。平成30年度に開設済みの芭露地区と現在計画中の湧別地区に加え、上湧別地区についても義務教育学校の設置を検討する可能性を示している。実現すれば、すべての町立学校が義務教育学校に転換を図ることとなる。きょう26日までパブリックコメントを募集している。

 町の学校施設は、湧別、上湧別、芭露各地区の児童生徒数の減少に伴い、統合を伴う方式を主体として昭和47年から順次整備され、現在、その7割を超える施設が建設後30年以上経過している。

 学校施設の延床面積は全公共施設の20・0%を占める。厳しい財政状況の中、老朽化が進んだ施設の改築や大規模改修に多額の費用が必要になることから、適正な維持管理が課題となっている。

 このため、町教委は学校施設の老朽化等の状況を把握した上で、地域における役割を含めた学校施設として求められる機能を確保するため、中長期的な維持管理等にかかるトータルコストの縮減・予算の平準化を実現した具体的な方針・計画を示すことを目的に策定した。

 対象施設は、小学校5校、中学校2校、義務教育学校1校、給食センター1施設の計9施設。建築後の経過年数と大規模改修の実施状況によって、改修等の優先順位を第1~6までグループ分けしている。

 長寿命化による今後40年間の学校施設の維持・更新コストは、従来型と比べ22・8%の縮減を見込んでいる。

 一方、児童生徒数が減少する中で、個々の学校施設の長寿命化だけでは限界があることから、財政制約ラインとコストのかい離を埋めていくため、学校施設の配置や規模、運営面・活用面等に及ぶ多面的な見直しの必要性を示した。

 具体的には、学校施設の統合や減築を検討して、結果として閉校となる学校施設を地域の資産としてとらえ、別目的の施設として利用するなどの手法を挙げている。

 芭露地区は、平成30年度に義務教育学校として開設済み。湧別地区に所在する第1グループの湧別小学校と第2グループの湧別中学校も、統合の上、義務教育学校として整備する計画で、基本設計および実施設計を令和2年度から行う予定だ。

 小学校4校、中学校1校が所在する上湧別地区については、優先順位が高い第2グループと第3グループに小規模校の開盛小学校と富美小学校が位置付けられている。

 学校施設の維持・更新コストの削減の観点から、上湧別中学校を中心とした施設一体型義務教育学校の設置を検討する可能性を示している。

 令和2年度から次期町立小・中学校適正配置計画の策定作業を開始するため、その中で具体的な検討をすることとしている。

(市町村 2020-03-26付)

その他の記事( 市町村)

小中連携一貫教育モデル校区事業 指導の一貫性を確保 第1期最終報告 千歳市教委

 千歳市教委は、小中連携・一貫教育調査研究実践モデル校区指定事業第1期指定最終報告書を作成した。青葉中学校区と東千歳中学校区の2年間の調査研究をまとめたもの。成果として、9年間の目指す子ども...

(2020-04-03)  全て読む

新型肺炎の緊急対策 札幌市教委 マスク、消毒液を配布 全市立小中高職員対象に

 札幌市教委は、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対策として、近く全市立小・中学校および高校にマスクとアルコール消毒液を配布する。マスクは児童生徒への感染予防対策として教職員用として配布す...

(2020-04-03)  全て読む

7日に市立小・中再開 旭川市・黒蕨教育長メッセージ

 【旭川発】旭川市教委の黒蕨真一教育長は3月30日、市立小・中学校における教育活動の再開に当たり保護者にメッセージを送った。  市は、2月27日から3月25日まで市立小・中学校を臨時休業し...

(2020-04-03)  全て読む

壮瞥町2年度教育行政執行方針 外国語活動へALT配置 小・中学校の連携一層充実

壮瞥町教委谷坂常年  【室蘭発】壮瞥町教委の谷坂常年教育長は令和2年度教育行政執行方針で、小学校3年生からの外国語活動の実施に伴い、外国語指導助手の配置や中学校との連携によって必要な資質・能力を児童が確実に身に...

(2020-04-02)  全て読む

木古内町2年度教育行政執行方針 中学数学に非常勤講師 退職人材活用し美術科にも

木古内町教委野村広章  【函館発】木古内町教委の野村広章教育長は令和2年度教育行政執行方針で、免許外指導の解消を図るため、道教委の退職者人材活用によって中学校の美術科に非常勤講師を配置するとともに、少人数指導充実...

(2020-04-02)  全て読む

七飯町2年度教育行政執行方針 各校にタイムカード 1人1台端末機整備推進

七飯町教委與田敏樹  【函館発】七飯町教委の與田敏樹教育長は令和2年度教育行政執行方針において、教員の働き方改革推進に向けて、各学校にタイムカードを導入し、教職員の勤務時間の適正把握を図っていくほか、勤務時間外...

(2020-04-02)  全て読む

湧別町2年度教育行政執行方針 学校力向上事業推進へ 指導室設置し体制強化

湧別町教委阿部勉  【網走発】湧別町教委の阿部勉教育長は令和2年度教育行政執行方針で、新たに湧別町型学校力向上事業を展開し、「確かな学力を育む主体的・対話的な国語の授業の創造」をテーマに公開授業や研修を通して...

(2020-04-02)  全て読む

石狩市1定補正予算 教育費2・9億追加 ICT環境を整備

 石狩市は、3月24日の第1回定例市議会本会議で補正予算案を可決した。  一般会計は3億2279万円の追加補正で、補正後の総額は288億232万円となった。  教育費は、2億9200万円...

(2020-04-02)  全て読む

プログラミング教育の系統表作成 石狩市教委

 石狩市教委は、プログラミング教育の系統表「中学校の技術分野と小学校におけるプログラミング教育との系統性」を作成した。  小学校のプログラミング教育と中学校の技術分野との系統性について明ら...

(2020-04-02)  全て読む

2年度ネット利用教育啓発事業 全市立小・中に映像教材 教員向け研修も 札幌市教委

 札幌市教委は本年度、インターネット利用にかかる教育啓発事業で、すべての市立小・中学校に児童生徒用と保護者用の映像教材を配布する。夏休み前までに映像教材を作成し、指導に役立ててもらう。また、...

(2020-04-02)  全て読む