新篠津村2年度教育行政執行方針 小学校にALTを配置 中学校は一貫教育推進員
(市町村 2020-03-26付)

新篠津村荒谷順一郎
新篠津村教委・荒谷順一郎教育長

 新篠津村教委の荒谷順一郎教育長は令和2年度教育行政執行方針において、小学校に新たに外国語指導助手を配置することや、小中一貫教育の導入に向け中学校にスーパー学習支援員を小中一貫教育推進員として配置していくことを表明した。

 執行方針の概要はつぎのとおり。

【学校教育】

▼小中一貫教育の導入に向けた準備

 昨年5月に、小中一貫教育検討協議会を設置し、3年度に導入する併設型小中一貫教育の円滑な推進に向け、協議・検討を行う。

 新年度は、現在の小中連携教育から小中一貫教育へのスムーズな移行に向けて、さらに協議・検討を深めていく。

 小中一貫教育の実施によって、子どもたち一人ひとりに確かな生きる力を育成し、よりよい教育環境の整備を推進する。

▼外国語授業の推進

 外国語授業については、民間の外国語指導助手を採用し、中学校はもとより小学校でも授業を行っている。

 小学校では、新年度から新学習指導要領が全面実施となり、5・6年生では英語科、3・4年生では外国語活動として、授業時数も大幅に増える。

 このため、小学校に、新たに外国語指導助手を配置し、英語教育の充実を図るとともに、今後とも、より質の高い教育環境を推進するため、英語に親しむ授業や体験活動など積極的な取組を実施する。

▼コミュニティ・スクール(学校運営協議会)の充実

 協議会は、教育委員会および校長の責任のもと、学校、保護者、地域の住民との信頼関係を深め、これらが一体となって学校運営の改善、児童生徒の健全育成に取り組むものであり、平成29年8月に設置した。

 今後、小中一貫教育導入など本村の教育における大小様々な事案について、協議・検討する。

▼学習支援体制の推進

 昨年4月から、小中一貫教育の導入に向け、小学校高学年から中学校への円滑な接続を行い、児童生徒の学力向上を図るため、中学校にスーパー学習支援員を配置し、小・中学校の算数・数学の学習を支援している。

 新年度は、小中一貫教育をより具体的に推進するため、このスーパー学習支援員を小中一貫教育推進員として配置する。小学校には、これまで同様、大学生によるスクールアシスタントティーチャー、学習支援員を配置し、学習支援の強化を図る。

 学校図書館の効率的な運営と利用の促進を図るため、小・中学校に学校司書を引き続き配置する。

【学校給食】

 学校給食センターにおいては、計画的に、老朽化した厨房機器などの更新や、施設の整備等を定期的に実施し、安心・安全な厨房施設の整備を行っているが、より衛生管理に万全を期すとともに、安心して給食を食べられるよう、引き続き取り組んでいく。

 給食費については、30年度、元年度と、2ヵ年にわたって段階的に値上げを実施した。

 新年度には、消費税の増税に伴う輸送コスト等の高騰によって、食材などの値上げが予想されるが、据え置きとする。

 今後も、農業を基盤としている本村の豊かな食材をふんだんに使用した安全で、おいしい給食の提供に向けて取り組む。

【社会教育】

▼青少年健全育成の推進

 学習機会や体験活動事業に積極的に取り組むとともに、B&G海洋性スポーツの普及拡大を図るため、インストラクター等の指導体制の充実を図るとともに、思いやりの心とチャレンジ精神を育む青少年の健全育成活動に努める。

(市町村 2020-03-26付)

その他の記事( 市町村)

小中連携一貫教育モデル校区事業 指導の一貫性を確保 第1期最終報告 千歳市教委

 千歳市教委は、小中連携・一貫教育調査研究実践モデル校区指定事業第1期指定最終報告書を作成した。青葉中学校区と東千歳中学校区の2年間の調査研究をまとめたもの。成果として、9年間の目指す子ども...

(2020-04-03)  全て読む

新型肺炎の緊急対策 札幌市教委 マスク、消毒液を配布 全市立小中高職員対象に

 札幌市教委は、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対策として、近く全市立小・中学校および高校にマスクとアルコール消毒液を配布する。マスクは児童生徒への感染予防対策として教職員用として配布す...

(2020-04-03)  全て読む

7日に市立小・中再開 旭川市・黒蕨教育長メッセージ

 【旭川発】旭川市教委の黒蕨真一教育長は3月30日、市立小・中学校における教育活動の再開に当たり保護者にメッセージを送った。  市は、2月27日から3月25日まで市立小・中学校を臨時休業し...

(2020-04-03)  全て読む

壮瞥町2年度教育行政執行方針 外国語活動へALT配置 小・中学校の連携一層充実

壮瞥町教委谷坂常年  【室蘭発】壮瞥町教委の谷坂常年教育長は令和2年度教育行政執行方針で、小学校3年生からの外国語活動の実施に伴い、外国語指導助手の配置や中学校との連携によって必要な資質・能力を児童が確実に身に...

(2020-04-02)  全て読む

木古内町2年度教育行政執行方針 中学数学に非常勤講師 退職人材活用し美術科にも

木古内町教委野村広章  【函館発】木古内町教委の野村広章教育長は令和2年度教育行政執行方針で、免許外指導の解消を図るため、道教委の退職者人材活用によって中学校の美術科に非常勤講師を配置するとともに、少人数指導充実...

(2020-04-02)  全て読む

七飯町2年度教育行政執行方針 各校にタイムカード 1人1台端末機整備推進

七飯町教委與田敏樹  【函館発】七飯町教委の與田敏樹教育長は令和2年度教育行政執行方針において、教員の働き方改革推進に向けて、各学校にタイムカードを導入し、教職員の勤務時間の適正把握を図っていくほか、勤務時間外...

(2020-04-02)  全て読む

湧別町2年度教育行政執行方針 学校力向上事業推進へ 指導室設置し体制強化

湧別町教委阿部勉  【網走発】湧別町教委の阿部勉教育長は令和2年度教育行政執行方針で、新たに湧別町型学校力向上事業を展開し、「確かな学力を育む主体的・対話的な国語の授業の創造」をテーマに公開授業や研修を通して...

(2020-04-02)  全て読む

石狩市1定補正予算 教育費2・9億追加 ICT環境を整備

 石狩市は、3月24日の第1回定例市議会本会議で補正予算案を可決した。  一般会計は3億2279万円の追加補正で、補正後の総額は288億232万円となった。  教育費は、2億9200万円...

(2020-04-02)  全て読む

プログラミング教育の系統表作成 石狩市教委

 石狩市教委は、プログラミング教育の系統表「中学校の技術分野と小学校におけるプログラミング教育との系統性」を作成した。  小学校のプログラミング教育と中学校の技術分野との系統性について明ら...

(2020-04-02)  全て読む

2年度ネット利用教育啓発事業 全市立小・中に映像教材 教員向け研修も 札幌市教委

 札幌市教委は本年度、インターネット利用にかかる教育啓発事業で、すべての市立小・中学校に児童生徒用と保護者用の映像教材を配布する。夏休み前までに映像教材を作成し、指導に役立ててもらう。また、...

(2020-04-02)  全て読む