北理研札幌支部が春の学習会 ICT活用法検討へ 研究重点など共通理解
(関係団体 2020-05-22付)

北理研札幌支部令和2年度春の学習会(zoom)
Zoomを活用して研究内容などを説明した

 道小学校理科教育研究会(三木直輝会長)札幌支部は15日、オンライン会議システムZoomを用いて春の学習会を開いた。約70人が参加。本年度の研究の重点など研究推進に当たっての共通理解を図り、GIGAスクール構想を踏まえ、ICTの活用方法を検討する方針などが示された。

 札幌支部では、毎年春の学習会を実施。本年度は新型コロナウイルス感染対策からオンラインで開催した。

 はじめに、三木会長があいさつ。新型コロナウイルス感染症によって実験研修会や全道大会釧路大会などが中止となったほか、働き方改革や感染症対策など北理研の運営の在り方を考える必要性を示した。

 また、生物・地学教材を中心に子どもの問題解決を探ることなど研究推進の重点に関し、「春という時期が抜けた生物教材の扱い方や、授業時数を短縮する中でもここは外せないという理科の重要なポイントを、全市に向けて発信したい」と述べた。

 続いて、高畠護研究部長が研究提案。研究主題を「自然との関わりを求め、知がつながる問題解決」と設定し、様々な問題に立ち向かい、状況に応じて解決方法を探り出そうとする主体的な問題解決者の育成を目指すことを説明した。

 研究の重点として、①経験が生きる学び②変容の自覚を促す学び③理科教育の可能性―の3点を提示。③について、GIGAスクール構想では1人1台の端末が整備されることを踏まえ、自然事象に働きかけることを前提としつつ、ICTをどう活用するか検討する方針を示した。

 また、臨時休業の学び、再開後の学びも含めて検討を進めることを示すとともに、「STEAM教育を見据えたものづくりやプログラミング、SDGs(持続可能な開発目標)に関連した環境、災害に関連する学習も大切にしたい」と話した。

 参加者からの「重点2の変容の自覚を促す学びの内容が具体的で驚いた。重点はどこに位置付けたらよいか」という質問に対して、高畠研究部長は「どこに位置付けるかというより、重点を受けてどのように授業をつくるかが大切。次回のチーフ会で詳しく提案したい。重点3は全部をマストにするのではない」とした。

 このほか、参加者から「重点1を大切にしたい。一人ひとりを大切にしていくことも提案の中から感じた」「このような状況で話せたことに価値があった。重点3や、今だからこそ問題解決を推し進めることに価値があるという点に共感した」などの意見が出た。

 このあと、各部会で打ち合わせを行った。

(関係団体 2020-05-22付)

その他の記事( 関係団体)

本年度研究の重点・内容 言葉の力培い豊かな心を 道学校図書館協会

 道学校図書館協会は、本年度から2年間で取り組む研究テーマに「自ら学び、共に生きる子どもを育む学校図書館」を設定。研究の重点に、「学びを培う学習センター、情報センターとしての学校図書館の研究...

(2020-05-29)  全て読む

道学校図書館協会 活動計画等決定 来年1月札幌で研修講座 新会長に渡部校長(札幌市新川西中)

 道学校図書館協会は、令和2年度活動計画、役員などを決定した。活動計画には、現時点で来年1月に札幌市で開催する道学校図書館研修講座や、来年度開催の第44回道学校図書館研究大会函館大会に向けた...

(2020-05-29)  全て読む

函館市中学校など新会長 渡島管内市町校長会2年度役員

 【函館発】渡島管内各市町校長会の令和2年度役員がまとまった。函館市中学校長会のほか、北斗市、知内町、七飯町、長万部町で会長が交代となった。  各市町校長会の役員はつぎのとおり。=敬称略=...

(2020-05-29)  全て読む

9団体で新会長就任 渡島管内市町教頭会2年度役員

 【函館発】渡島管内各市町教頭会の令和2年度役員がまとまった。函館市中学校をはじめ9団体で会長が交代となった。  本年度の役員はつぎのとおり。=敬称略= ▼函館市小学校 ▽会長=半田啓...

(2020-05-29)  全て読む

札生総連 新委員長に渡部校長 11月末 大会開催目指す

 札幌市生活科・総合的な学習教育連盟(=札生総連)は、令和2年度の役員などを決定した。新委員長に札幌市立藤野南小学校の渡部靖校長を選任。11月末から12月に第27回札幌市生活科・総合的な学習...

(2020-05-29)  全て読む

新会長に清水園長 上川国公立幼稚園教育研究会

 【旭川発】上川管内国公立幼稚園教育研究会は、本年度役員などを決めた。新会長に、音威子府村幼児センターの清水孝徳園長が就任。会のより一層の充実・発展を目指し、活動をスタートさせた。  新型...

(2020-05-29)  全て読む

上教研 2年度活動方針と役員 新会長に鈴木校長(美瑛中) 情報誌やHPで事例発信

 【旭川発】上川管内教育研究会(=上教研)は、本年度の活動方針や役員を決めた。新型コロナウイルス感染症の影響によって、予定していた研修会などの多くが中止。上教研情報誌は例年同様6号分を発行し...

(2020-05-29)  全て読む

十勝管内教委連教育長部会 新部会長に加賀氏 三役・各委員決定

十勝管内教委連教育長部会  【帯広発】十勝管内教育委員会連絡協議会教育長部会は、本年度三役および各委員会の委員を決定した。新部会長に池田町の加賀学教育長が就任し、部会長代行副部会長は士幌町の堀江博文教育長が務める。事...

(2020-05-29)  全て読む

新たに43冊選定 青少年のための200冊

令和2年度版北海道青少年のための200冊  道青少年育成協会は、令和2年度版「北海道青少年のための200冊」を選定し公表した。本年度は新たに43冊を選定した。  優良図書の普及を図るため、道学校図書館協会と道読書推進運動協議会の協...

(2020-05-28)  全て読む

道国語教育連盟2年度役員等 新委員長に大田校長 10月の研究大会は中止

 道国語教育連盟は令和2年度役員などを決定した。新委員長に札幌市立陵北中学校の大田利幸校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況から第75回道国語教育研究大会十勝・帯広大会を中止とした。 ...

(2020-05-28)  全て読む