日高管内教育実践表彰の受賞者 2団体に栄誉 特別賞26者
(道・道教委 2020-03-27付)

 【浦河発】日高教育局は2月中旬から下旬にかけ、令和元年度管内教育実践表彰の表彰式を執り行った。優れた教育実践に取り組んでいる2団体のほか、特別賞として4団体、22個人を選出した。表彰式は各学校や団体の所在する地域などで行い、波岸克泰局長が受賞者の功績をたたえ表彰状を授与した。 

 受賞者の功績概要はつぎのとおり。=敬称略=

【実践表彰】

▼えりも町立えりも岬小学校~資質・能力を育む教育の実践と地域との連携

 育成を目指す資質・能力を身に付けるため、日常の授業改善に直結する校内研修の充実を図るとともに、地域と連携した防災教育、ふるさと教育の推進に取り組んでおり、地域に貢献する人材育成に成果を上げている。

▼新ひだか町立静内中学校~中1ギャップ問題未然防止に組織的に取り組む生徒指導の実践

 中1ギャップ問題未然防止事業の推進校として、校区内の児童生徒の情報交換および小・中学校の円滑な接続を図る体制整備に取り組むとともに、校内研修を充実し、教員が一体となった授業改善に取り組んでおり、管内教育の充実・発展に大きく寄与した。

【特別賞】

▼静内ホワイト☆スターズ

 阿波おどりカップ全国学童軟式野球大会2019優勝

▼浦河町立浦河第一中学校女子剣道部

 元年度道中学校体育大会第40回道剣道大会団体戦女子準優勝

▼静内高校書道部

 第28回国際高校生選抜書展(書の甲子園)道地区団体準優勝

▼浦河高校馬術部

 第53回全日本高校馬術競技大会道地区大会団体優勝

▼吉本はな(日高町門別小6年)

 全農杯2019年度道卓球選手権大会ホープスの部兼全日本予選会優勝、2019年度道卓球選手権大会カデットの部兼全日本予選会優勝、第39回道新杯道小学生卓球大会6年女子の部優勝

▼秋山晴名(日高町門別小6年)

 第39回道新杯道小学生卓球大会6年女子の部準優勝

▼山田杏璃(日高町門別小6年)

 第39回道新杯道小学生卓球大会6年女子の部第3位

▼築山莉奈(日高町門別中2年)

 2019年度道卓球選手権大会カデットの部兼全日本予選会優勝、元年度道中学校体育大会第49回道中学校卓球大会女子個人戦準優勝

▼木村結(平取町平取中1年)

 元年度道中学校体育大会第47回道中学校柔道大会女子40㌔㌘級優勝

▼松田快晴(新ひだか町桜丘小5年)

 第15回道小学生インドアソフトテニス選手権大会4年生以下ダブルス男子の部優勝

▼長田姫奈(新ひだか町静内中2年)

 第71回道学生書道展覧会道書道連盟賞

▼高橋結来(新ひだか町静内第三中1年)

 第6回道小学生シングルソフトテニス選手権大会女子の部優勝

▼鈴木実秋(新ひだか町静内第三中1年)

 元年度道中学校体育大会第40会道中学校ソフトテニス大会女子個人ペア優勝

▼吉本裕香(新ひだか町静内第三中3年)

 元年度道中学校体育大会第40回道中学校ソフトテニス大会女子個人ペア優勝

▼新川愛海(新ひだか町静内第三中3年)

 2019年度第27回道U―15女子サッカー選手権大会兼JFA第24回全日本U―15女子サッカー選手権大会道大会優勝

▼岡崎仙(浦河町堺町小5年)

 第37回道小学生陸上競技大会5年男子の部ジャベリックボール投げ準優勝

▼永坂美姿(浦河町堺町小5年)

 第37回道小学生陸上競技大会5年女子の部走り高跳び準優勝

▼岡崎颯(浦河町浦河第一中1年)

 第21回道ジュニア陸上競技選手権大会男子C走り幅跳び優勝

▼湊真帆(静内高2年)

 第28回国際高校生選抜書展(書の甲子園)準大賞

▼四家井奏(静内高2年)

 第64回全道学校書道展道知事賞

▼村田涼葉(静内高2年)

 第64回全道学校書道展道教委教育長賞

▼藤本蓮(静内高3年)

 第43回全国高校総合文化祭書道部門特別賞、第28回国際高校生選抜書展(書の甲子園)大賞

▼樋爪アリシア(静内高3年)

 第72回道高校陸上競技選手権大会兼秩父宮賜杯第72回全国高校陸上競技対抗選手権大会道予選会女子ハンマー投げ準優勝

▼遠藤真緒(静内農業高2年)

 第70回日本学校農業クラブ全国大会南東北大会農業鑑定競技園芸優秀賞

▼間山隼佑(浦河高2年)

 第35回道高校新人陸上競技大会男子800㍍準優勝

▼田畑晧平(浦河高3年)

 第72回道高校陸上競技選手権大会兼秩父宮賜杯第72回全国高校陸上競技対抗選手権大会道予選会男子走幅跳準優勝

(道・道教委 2020-03-27付)

その他の記事( 道・道教委)

オホーツク運動プログラム 12校の事例

 【網走発】オホーツク教育局が作成した『オホーツク運動プログラム取組事例集』では、短学活や休み時間での活用、体育・保健体育授業での活用などの5項目で、計12校の取組事例を紹介している。  ...

(2020-04-03)  全て読む

オールオホーツクで学力向上 要項改正 学習環境充実など3点 ロードマップは評価と関連

 【網走発】オホーツク教育局、オホーツク管内教育委員会協議会教育長部会、オホーツク管内小中学校長会の3者は、管内学力向上支援事業「オールオホーツクで学力向上を!」の実施要項を改正した。学力向...

(2020-04-03)  全て読む

全日制21校で学級減 道立高生徒募集後の扱い 道教委

 道教委は、道立高校における生徒募集後の取扱いについて発表した。募集定員に対して1学級相当以上の欠員のある道立高校全日制課程21校で学級減を行うことを決めた。  道教委は、道立高校における...

(2020-04-03)  全て読む

建議 「これからの産業教育充実方策」 道産審 異分野クロスさせ指導 多様な課題に対応できる能力を

 道教委は、第27期道産業教育審議会(=道産審、岡部善平会長)がまとめた建議「これからの本道産業教育の充実方策について」を公表した。①審議の背景と審議体制および審議経過②地域の産業界との連携...

(2020-04-03)  全て読む

2年度市町村活動支援事業決定―道立図書館 運営相談10市町で実施 新篠津村を重点運営支援

 道立図書館は、令和2年度市町村活動支援事業の実施市町村を決定した。市町村に対し年間を通じて重点的に支援する重点運営支援事業は、新篠津村を対象に実施。市町村の図書館等や教育委員会を訪問し、助...

(2020-04-02)  全て読む

道教委 アクション・プラン改定 業務上限時間を追記 持ち帰り残業は原則行わず

 道教委は3月30日の教育委員会会議で、学校における働き方改革北海道アクション・プランを改定した。時間外在校等時間の上限を1ヵ月で45時間とするなど、業務上限時間の原則を追記。客観的に在校等...

(2020-04-02)  全て読む

道立学校の学校運営協議会設置 本年度 登別青嶺高など13校 導入へ取組継続 道教委

 道教委は本年度、登別青嶺高校など道立高校7校、南幌養護学校など道立特別支援学校6校に学校運営協議会を設置する。道内で学校運営協議会を設置する道立高校は20校、道立特別支援学校は10校となる...

(2020-04-02)  全て読む

さらなる飛躍に期待 道教育実践表彰伝達式 渡島局

道教育実践表彰伝達式坪谷教諭  【函館発】渡島教育局は2月下旬の2日間、道教育実践表彰伝達式を執り行った。五十嵐晋局長(当時)が函館市立八幡小学校、七飯町立七重小学校、函館中部高校を訪問し、3人の教職員に表彰状を伝達した...

(2020-04-01)  全て読む

オホーツク管内教育実践表彰 受賞者の功績

 【網走発】オホーツク管内教育実践表彰における、受賞者の功績概要はつぎのとおり。=敬称略= ◆一般表彰 【学校教育部門】 ▼紋別市立南丘小学校(橋本雄一郎校長、当時)  学校図書館を...

(2020-04-01)  全て読む

2年度小学校外国語等巡回指導教員研 事業の趣旨、内容確認 オホーツク局が説明会開く

小学校外国語等巡回指導教員研  【網走発】オホーツク教育局は3月27日、湧別町文化センターさざ波で令和2年度小学校外国語等巡回指導教員研修事業説明会を開いた。市町村教委担当者、巡回指導教員本務校の管理職、巡回指導教員など...

(2020-04-01)  全て読む