教育大釧路 特別支援保護者対象に調査 コロナの悩み 運動不足 家族以外とかかわる機会減
(コロナウイルス関連 2020-12-11付)

2面表
休校期間中の子どもの生活についての悩み、困り事上位10項目(クリックすると拡大表示されます)

 【釧路発】道教育大学釧路校の特別支援教育研究室は、特別支援学校に在籍する児童生徒の保護者を対象に実施した新型コロナウイルス感染症にかかわるアンケートの結果をまとめた。全国一斉休業中の子どもの生活についての悩み・困り事では、回答者の8割超が「運動不足」と回答。「テレビ・ネットに使う時間が増えた」「自宅から出たがらなくなった」との回答も多かった。家族の悩みでは「感染しても隔離生活ができない」「家族以外とかかわる機会が減った」といった回答が多く、親子共に心身の負担が大きかったことが明らかになった。

 新型コロナウイルス感染症による全国一斉休業や外出自粛に加え、学校再開後の生活制限等が、障がい児の生活と発達にどのような影響を及ぼしているかを明らかにすることで、今後の課題を考察することが主な目的。

 調査は9~10月に実施。対象は東京都や埼玉県の一部と、全道の特別支援学校73校に在籍する児童生徒の保護者で、有効回答数は549件となっている。

 アンケートでは、休校中の子どもの生活についての悩み・困り事、家族の悩みなどについて質問。福祉サービスでの困り事や学校再開後の学校生活への不安などのほか、学校・行政に対する要望なども尋ねた。

 子どもの生活についての悩み・困り事(複数回答)では、「運動不足」との回答が全体の8割を超えた。また、テレビ・ネットの使用時間増は7割弱と高い回答率となった。「自宅から出たがらなくなった」とする回答も5割を超えた。

 自由記述では、運動不足による体重増、筋力低下のほか、イライラ、情緒不安定などのメンタル面での影響を挙げる声があった。研究室では「パニック、自傷行為など発達面での影響も多く、てんかん、音や光への過敏の進行など病気や障がいの進行もみられ、深刻な状況がうかがわれる」と分析した。

 家族の悩みでは、母親の多くが子どもの介助を含め、養育全般を担っていることから、「感染しても隔離生活ができない」「自分が倒れられない」などの回答が上位を占めた。研究室は「精神的に張り詰めた状態で、ストレスが大きかったことがうかがえる」と分析した。

 自由記述には、預け先がなく就労困難となり仕事を辞めたという声や、留守番ができずマスクも付けることができない子どもとやむを得ず外出した際、周囲からの冷たい視線や心ない言葉を浴びせられたなど、障がい児への理解不足を痛感させられる意見もあった。

 福祉サービスに関しては、放課後デイサービスの利用回数が減ったという保護者が3割以上にのぼりり、自ら感染に対する不安から利用を控えた家庭も少なくなかった。身近に養育・介助を頼める人がいなく、障がい児と保護者が孤立していく状態がみられた。

 一方で、施設等への感謝の意見も多く寄せられており、放課後等デイサービスは子どもや保護者にとって大きな支えになっていることもうかがえた。

 国・行政に対しての要望で一番多かったのは「障がい児専用の相談窓口や支援の充実」で、半数以上の保護者がコロナ禍での相談・支援体制の充実を望んでいた。

 また、障がい児やその家族への理解についての意見も多く、障がい児に対する教育・福祉の課題がさらに浮き彫りとなった。

 研究代表を務める小野川文子准教授は「いろいろな負担や不安があることが分かった。てんかんやチックなどの発作の症状が多く出るなど、心身への影響も大きい。障がい児への理解を深めるとともに、サポートする仕組みの確立が必要。個の努力だけではなく、国や行政などの公的サービスのさらなる充実もお願いしたい」と話した。

 調査結果は、道教育大特別支援教育プロジェクト「ほくとくネット」ホームページで閲覧できる。

(コロナウイルス関連 2020-12-11付)

その他の記事( コロナウイルス関連)

道教委 石狩管内高・特の部活動 5月11日まで原則休止 大会参加 必要な場合限定

 道教委は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴い、きょう27日から5月11日まで、石狩管内の高校・特別支援学校における部活動を原則休止する。大会やコンクールへの参加については、学校が必...

(2021-04-27)  全て読む

子の命と学びを守る共同宣言 切れ目ない感染対策を 対新型コロナ 教育関係25団体

 道教委は23日、札幌市内の道第2水産ビルで子どもたちの命と学びを守る教育関係団体連絡会議を開いた。幼稚園から大学まで校種を超えて行政、教育関係25団体が一堂に会する初の会議。新型コロナウイ...

(2021-04-26)  全て読む

子の命と学びを守る共同宣言 教育関係25団体が発出 感染拡大防止へ近く連絡会議

 道教委の小玉俊宏教育長は15日の第46回北海道新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、感染拡大防止に向け、教育関係団体による「子どもたちの命と学びを守る共同宣言」の発出を検討していることを...

(2021-04-19)  全て読む

持続的学校運営へガイドライン改訂 コロナ対応で文科省

 文部科学省は、新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドラインを改訂した。  感染者が発生した場合や児童生徒等の出席等に関する対応において、感染の不安を理由に登校し...

(2021-03-01)  全て読む

学校における感染 12月末から約2倍 文科相記者会見

 萩生田光一文部科学大臣は24日の記者会見で、昨年6月1日からことし1月末までの学校における新型コロナウイルス感染者数を明らかにした。児童生徒の感染は約1万2000人で、昨年12月末時点の6...

(2021-02-26)  全て読む

冬季の換気方法解説 道教委 コロナ対策動画

 道教委は、新型コロナウイルス対策動画「学校における冬季の換気」を作成・公開した。冬季の寒さを緩和する教室の換気方法を解説。換気扇がある場合とない場合での換気の方法、教室の窓や戸、欄間の開け...

(2021-02-25)  全て読む

道教委 リーフレット第2弾 体調管理の対応記載 高校入選控える生徒らに

 道教委は、令和3年度高校入学者選抜を控える受検生とその保護者に向けて、新型コロナウイルス感染症の感染者や濃厚接触者の取り扱いについて留意事項をまとめたリーフレット『高校受検に関する留意事項...

(2021-02-16)  全て読む

年度末・年度始めの感染防止へ 体調等確認システム導入 新型コロナで道教委 高校生等対象

 道教委の小玉俊宏教育長は13日の道新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、体調・行動確認システムを導入する考えを示した。年度末・年度始めの感染拡大防止のため、オンラインで健康状態を記録・確...

(2021-02-16)  全て読む

胆振総振局と胆振局の若手職員 校内放送で感染防止啓発 休暇の過ごし方など紹介

胆振局管内高校コロナ対策呼びかけ  【室蘭発】胆振総合振興局と胆振教育局は8日、室蘭工業高校と苫小牧南高校で、校内放送を活用し新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を呼びかけた。管内では初の取組。若手職員が事前に配布した啓発資...

(2021-02-12)  全て読む

卒入学式の対応 時間短縮等配慮を 道教委が通知

 道教委は3日付で、通知「令和2年度の卒業式および3年度の入学式の対応について」を各教育局長、道立学校長、札幌市を除く市町村教委教育長に発出した。  式の練習は必要最小限とし、感染症対策を...

(2021-02-05)  全て読む