【解説】待機児童、5年ぶり増加
(解説 2015-10-02付)

 認可保育所などに申し込んでも満員で入所できない全国の「待機児童」が、四月一日現在で前年同期比一千七百九十六人増の二万三千百六十七人と、五年ぶりに増加したことが厚生労働省の集計で分かった。保育所等を増やした結果、定員は一年間で約十四万六千人増えたが、申込者も約十三万人増え、解消には至らなかった。北海道は百八十二人で、二百九十一人減と大幅に減少した。

 全国の保育所等数は二万五千四百六十四ヵ所で、前年に比べ一千三十九ヵ所増加。定員は二百六十二万七千三百八十一人。本年度から始まった「子ども・子育て支援新制度」に伴い、前年同期の二倍に当たる十四万六千二百五十七人増えた。

 一方で、利用申込者数も約二百四十七万人で、前年同期の二・五倍の十三万一千四百十人増加。

待機児童数は、一千七百九十六人増の二万三千百六十七人と五年ぶりに増加。このうち、〇~二歳児の低年齢児が一万九千九百二人で八五・九%を占めている。

 待機児童がいる市区町村は全市区町村の二一・五%に当たる三百七十四と前年から三十六増加、前年より十六多い百十四の市区町村で五十人以上の待機児童を抱えている。全体でみると、定員増が申込者数増を上回ったが、地域によっては施設に空きがない自治体も増えたため、待機児童の解消に結び付かなかったと思われる。都道府県別では、東京都が七千八百十四人で最多、北海道は百八十二人で十九番目に多かった。

 道内では、札幌市が六十九人で前年に比べ二百五十四人減と大きく減少。一年間で定員を二千六百十一人人分増やしたことが奏功した。旭川市は二十九人減の五十七人。函館市は昨年に続きゼロ。三市を除いた道内市町村の待機児童は稚内市、倶知安町など七市町の五十六人となっている。

(解説 2015-10-02付)

その他の記事( 解説)

【解説】教材としての学校給食

 学校給食は、栄養バランスの取れた食事を提供することで子どもたちの健康の保持増進、体力の向上とともに、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付け、生産者や食品に対する感謝の心を育む重要な...

(2021-10-25)  全て読む

【解説】音楽・運動 学力向上に効果

 国立成育医療研究センターと筑波大学は、音楽に合わせた運動で子どもの学力が向上するとの調査結果をまとめた。モンゴル・ウランバートル市の小学4年生を対象に運動の実施グループと非実施グループで全...

(2021-10-22)  全て読む

【解説】衆院選 若者の55%「投票する」

 日本財団は、18歳意識調査「国政選挙」の結果を公表した。衆議院議員選挙で「投票する」「たぶん投票する」と回答した割合は合計55・2%。若者の投票率を高める施策として、「スマートフォンやパソ...

(2021-10-21)  全て読む

【解説】経団連 端末整備等で緊急提言

 日本経済団体連合会イノベーション委員会は15日、GIGAスクール構想の確実な実施に向けた緊急提言をまとめた。高校における1人1台端末の整備とセキュリティ対策の実施、教師用端末の整備などを求...

(2021-10-20)  全て読む

【解説】道スポーツ推進条例で意見募集

 道は、道スポーツ推進条例の原案のパブリックコメントを11月10日まで受け付けている。スポーツ推進の基本理念、施策の基本事項を定めるもので、早ければ来年1定道議会での条例制定となる見通し。 ...

(2021-10-19)  全て読む

【解説】インターハイの高校生活動

 インターハイの一環として実施されている高校生活動は、開催地の高校生が主体となり、大会成功に向けて企画・準備・運営に創意工夫をもって取り組むもの。  過去のインターハイ開催地における高校生...

(2021-10-18)  全て読む

【解説】子に対する前兆事案 9月末

 道警本部は、子どもに対する前兆事案の届出受理状況(9月末現在)をまとめた。9月は51件を受理。1月からの累計は、前年同期比109件減の429件となった。  前兆事案とは、13歳未満の子ど...

(2021-10-15)  全て読む

【解説】指定都市市長会 文科省に提言

 指定都市市長会(会長・鈴木康友浜松市長)の清水勇人副会長(さいたま市長)は12日、鰐淵洋子文部科学大臣政務官に新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたオンライン授業にかかる出席停止の取...

(2021-10-14)  全て読む

【解説】大学の国際連携 要件緩和

 中央教育審議会大学分科会は12日、第163回会議を開き、国際連携教育課程制度(ジョイント・ディグリー)の見直し案を示した。共同教育課程編成の設置認可要件を緩和。収容定員制限を撤廃するほか、...

(2021-10-13)  全て読む

【解説】全高長 共通テスト「情報」で要望

 全国高校長協会(=全高長、杉本悦自会長)は4日、国立大学協会に大学入学共通テスト「情報」の取扱いに関する要望を行った。導入初年度となる令和7年度大学入学者選抜において、「6教科8科目」のよ...

(2021-10-12)  全て読む