【解説】国語に関する世論調査
(解説 2015-10-07付)

本来は危険や不都合な状況を予測するさまなどを意味する「やばい」を「とても素晴らしい」という意味で使うと回答した割合が、十六~十九歳で九一・五%にのぼったことが文化庁の二十六年度「国語に関する世論調査」で分かった。

 調査はことし一~二月、全国の十六歳以上の男女三千四百九十三人を対象に行われ、一千九百四十二人が回答した。

「やばい」を良い意味で使うと回答した割合は二十代が七九・一%、三十代が五三・九%で、本来とは違う意味が若年層に広く浸透している実態が浮かび上がった。

「良いか悪いか判断がつかない」ときに、「微妙」と言うことがあると回答した人は六六・二%。二十代が九七・〇%で最も高く、十六~十九歳(九三・二%)や三十代(九一・八%)でも九割を超えた。

「面倒くさいことや不快感・嫌悪感を表す」ときに「うざい」と言う人は二〇・〇%。年代が低いほど言う人の割合が高くなる傾向にあり、十六~十九歳では七八・〇%だった。

 一方、新しい複合語・省略語については、「婚活」「イクメン」「女子力」「デパ地下」「大人買い」「クールビズ」の六つの言い方を挙げて調査。「聞いたことがある」は、「婚活」が九三・八%で最も高く、「デパ地下」九二・三%、「クールビズ」九〇・八%と続いた。「使うことがある」では、「デパ地下」が四九・七%で一位、次いで、「クールビズ」が四四・一%となっている。

 慣用句などの意味・使い方では、「枯れ木も山のにぎわい」について、本来の意味である「つまらないものでもないよりはまし」を選択した人が三七・六%で、「人が集まればにぎやかになる」と本来とは違う意味を選択した人(四七・二%)の方が多かった。

(解説 2015-10-07付)

その他の記事( 解説)

【解説】衆院選 若者の55%「投票する」

 日本財団は、18歳意識調査「国政選挙」の結果を公表した。衆議院議員選挙で「投票する」「たぶん投票する」と回答した割合は合計55・2%。若者の投票率を高める施策として、「スマートフォンやパソ...

(2021-10-21)  全て読む

【解説】経団連 端末整備等で緊急提言

 日本経済団体連合会イノベーション委員会は15日、GIGAスクール構想の確実な実施に向けた緊急提言をまとめた。高校における1人1台端末の整備とセキュリティ対策の実施、教師用端末の整備などを求...

(2021-10-20)  全て読む

【解説】道スポーツ推進条例で意見募集

 道は、道スポーツ推進条例の原案のパブリックコメントを11月10日まで受け付けている。スポーツ推進の基本理念、施策の基本事項を定めるもので、早ければ来年1定道議会での条例制定となる見通し。 ...

(2021-10-19)  全て読む

【解説】インターハイの高校生活動

 インターハイの一環として実施されている高校生活動は、開催地の高校生が主体となり、大会成功に向けて企画・準備・運営に創意工夫をもって取り組むもの。  過去のインターハイ開催地における高校生...

(2021-10-18)  全て読む

【解説】子に対する前兆事案 9月末

 道警本部は、子どもに対する前兆事案の届出受理状況(9月末現在)をまとめた。9月は51件を受理。1月からの累計は、前年同期比109件減の429件となった。  前兆事案とは、13歳未満の子ど...

(2021-10-15)  全て読む

【解説】指定都市市長会 文科省に提言

 指定都市市長会(会長・鈴木康友浜松市長)の清水勇人副会長(さいたま市長)は12日、鰐淵洋子文部科学大臣政務官に新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたオンライン授業にかかる出席停止の取...

(2021-10-14)  全て読む

【解説】大学の国際連携 要件緩和

 中央教育審議会大学分科会は12日、第163回会議を開き、国際連携教育課程制度(ジョイント・ディグリー)の見直し案を示した。共同教育課程編成の設置認可要件を緩和。収容定員制限を撤廃するほか、...

(2021-10-13)  全て読む

【解説】全高長 共通テスト「情報」で要望

 全国高校長協会(=全高長、杉本悦自会長)は4日、国立大学協会に大学入学共通テスト「情報」の取扱いに関する要望を行った。導入初年度となる令和7年度大学入学者選抜において、「6教科8科目」のよ...

(2021-10-12)  全て読む

【解説】定年引上げへ条例改正検討

 道人事委員会は8日、給与勧告に合わせ公務運営に関して報告した。令和5年度からの定年の段階的な引き上げを踏まえ、関係条例の改正や人事管理の準備、高齢層職員の任用の在り方を検討する方針を示した...

(2021-10-11)  全て読む

【解説】道教委 教員育成指標アンケート

 道教委は、北海道における教員育成指標に関するアンケート調査結果をまとめた。指標で示す資質・能力と令和3年度における道内大学の教職課程の反映状況は、前年度比2・0ポイント減の73・7%。何ら...

(2021-10-08)  全て読む