【解説】「部活休養日」設定、3割
(解説 2016-08-01付)

 公立中学校、高校の運動部活動に「休養日」の基準を設けている教育委員会は全体の三割にとどまることが、文部科学省の初の調査で分かった。

 文科省は昨年七月、教員が子どもと向き合う時間の確保を目指し、「学校現場における業務改善のためのガイドライン」を公表。調査は公表後の取組を確認するため、主に高校を所管する四十七都道府県教委と、中学校などを所管する二十政令市教委、一千七百十五市区町村教委(熊本地震被災三町村を除く)を対象に実施。ことし三月時点の学校の改善状況を尋ねた。

 すべての都道府県、政令市の八五・〇%、市区町村の五六・八%が運動部活動指導の工夫・改善に取り組んでいると回答。具体的には、「休養日等の基準を設定」が都道府県七二・三%、政令市五五・〇%、市区町村二八・七%、「外部指導者の活用拡大のための特別な措置」が都道府県六八・一%、政令市七〇・〇%、市区町村二六・八%、「顧問の複数配置の促進」が都道府県四二・六%、政令市二〇・〇%、市区町村二五・六%。

 休養日の基準を設定している市区町村教委の割合が高かったのは、兵庫県と佐賀県の七五・〇%、続いて鹿児島県七四・四%、長崎県七一・四%など。一方、奈良県と高知県は〇%と、地域によって大きな開きがあった。北海道は一四・〇%だった。

 また、外部指導者の活用拡大のための特別な措置を講じている市区町村教委では、富山県が六六・七%で最も高く、神奈川県六三・三%、埼玉県五八・一%など。佐賀県と宮崎県は〇%と、ここでも地域差が目立った。北海道は九・〇%。

 文科省は、ガイドラインなどを踏まえ、学校現場の業務改善に取り組むよう、七月二十七日付であらためて通知した。

(解説 2016-08-01付)

その他の記事( 解説)

【解説】部活動地域移行 受け皿の現状

 スポーツ庁によると、全国に設置されているスポーツ団体等の数は約18万クラブ、人口10万人当たりの平均は142クラブとなっている。  内訳は、スポーツ少年団が約3万団体、競技団体に登録して...

(2022-01-28)  全て読む

【解説】小児コロナ患者の実態調査

 国立成育医療研究センターは25日、新型コロナウイルス感染症のデルタ株流行期における小児患者の実態調査を公表した。流行期に集中治療室に入院した小児患者の割合は1・4%。デルタ株以前の0・1%...

(2022-01-27)  全て読む

【解説】高校の日本語指導制度化案

 文部科学省は24日の中央教育審議会教育課程部会第127回会議で、5年度からの運用開始を予定している高校における日本語指導の制度化案を示した。修得単位数は21単位を超えない範囲とし、卒業まで...

(2022-01-26)  全て読む

私大初年度納付金 過去最高に

 文部科学省は、私立大学等の3年度入学者にかかる学生納付金等調査結果をまとめた。私立大学(学部)の初年度納付金の平均額は前年度比0・1%増の135万7080円と過去最高を記録。入学料の減少が...

(2022-01-24)  全て読む

【解説】公立学校施設の木材利用状況

 文部科学省は18日、2年度の公立学校施設における木材の利用状況についての調査結果を公表した。  対象は、全国の公立学校施設(幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高校、中等教育学校、特別...

(2022-01-21)  全て読む

【解説】デジタル部活の現状・課題

 経済産業省の設置するデジタル関連部活支援の在り方に関する検討会は、デジタル関連部活実態アンケート調査結果をまとめた。情報研究部、プログラミング部、ロボット部、e―sports部などデジタル...

(2022-01-20)  全て読む

【解説】大卒就職内定 道・東北78・1%

 文部科学省と厚生労働省は14日、4年3月大学等卒業予定者の就職内定状況(3年12月1日現在)を公表した。大学生の就職内定率は83・0%で、前年同期と比べ0・8ポイント上昇した。地域別では、...

(2022-01-19)  全て読む

【解説】コロナ禍の家庭間格差

 ㈱浜銀総合研究所と東京大学大学院は、文部科学省の委託調査「臨時休業時における児童生徒・保護者の対応―家庭・学校間の格差に注目して」の結果をまとめた。  同研究所と東大大学院教育学研究科の...

(2022-01-18)  全て読む

【解説】ICT学習指導 近く調査へ

 文部科学省は12日付で、通知「やむを得ず学校に登校できない児童生徒等へのICTを活用した学習指導等について」を各都道府県・指定都市教委担当課等に発出した。全国的な新型コロナウイルス感染拡大...

(2022-01-17)  全て読む

【解説】18歳の国際強制意識調査

 日本財団がまとめた「第43回18歳意識調査―国際・多文化共生意識」によると、外国にルーツのある子ども(両親または一方が外国籍を持つ18歳未満の人)について、「自分と同等の教育が保障されるべ...

(2022-01-14)  全て読む