奥尻高のクラウドファンディング 目標120万円 8日間で達成 部活動遠征費に善意集まる 部局活動継続へさらなる協力を 
(学校 2017-11-13付)

奥尻高クラウドファンディング
生徒のシルエットとブナの葉をイメージしたTシャツの前面のデザイン

 【江差発】奥尻町立奥尻高校(俵谷俊彦校長)が実施しているクラウドファンディング(CF)が八日、目標金額に達した。生徒の部活動の遠征費を募るプロジェクトを一日から公開したところ、開始後八日目で約百二十人の支援者から合計百二十万円余りが寄せられた。

 同校には野球部、卓球部、バレーボール部、吹奏楽部、ボランティア局の五つの部局活動がある。離島のため、他校との練習試合や合同練習のために遠征すると、フェリー代や貸切バス代、宿泊費などが別途かかり、都市部の高校と比べ負担が大きい。

 そのため、Webサイトを通じて、広く資金提供を募るCFを利用することにした。CFプロジェクトの立ち上げに当たっては、町内でまちおこしを手がけるイクシュンシリ・デザインが協力した。

 九月から生徒有志三人が中心となって、資金調達の計画を立案。支援者に返礼品として提供するオリジナルTシャツのデザインを作成した。

 一日からCFのWebサイト「CAMPFIRE」にプロジェクトを公開。タイトルは「離島のハンデをゼロに!奥尻島の高校生が〝Tシャツ〟で部活動を変える!」。部活動に励む生徒たちの写真を交えながら「私たちも他校との練習試合や交流を増やしたいのです」と訴えた。

 返礼品のTシャツは「メトロブルー」「マスタード」「バーガンディ(ワイン)」「杢(もく)グレー」の四色で、S・M・L・XLサイズから選べるようにした。生徒の考案したデザインを前面にプリントし、背面の首元には奥尻高校サポーターズのロゴを入れた。

 CFの目標金額は、遠征費やTシャツの製作費など、必要最小限の百二十万円に設定。CF開始から八日目で、到達率一〇〇%に達した。九日現在で約百二十人の支援者から合計百二十万円余りが寄せられた。

 俵谷校長は「持続可能な遠征費の確保のため、生徒たちがCFの取組を始めた。集まった資金を遠征費に充てるのはもちろん、資金を元手に起業家教育を展開していきたい」と感謝の言葉を述べた。

 一方、一〇〇%を達成したものの、金額的にはまだ十分とは言えないという。集まった資金をすべて遠征費に充てても、部局員一人当たり遠征一・五回分程度となる。井上壮紀教頭は「引き続き支援をいただきたい」と広く協力を呼びかけている。

(学校 2017-11-13付)

その他の記事( 学校 )

銅メダル獲得を道教委・柴田教育長に報告 デフリンピック・バドミントン出場の白糠養護・長原教諭

 白糠養護学校の長原茉奈美教諭は十二日、道教委の柴田達夫教育長を表敬訪問した。聴覚障がい者のスポーツ大会となる第二十三回夏季デフリンピックに出場し、バドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得...

(2018-01-17) 全て読む

トマトでアジアGAP認証取得 美幌高が快挙、今後のモデルに ほかの品目でも取得目指す

 【網走発】美幌高校(田村弘樹校長)は、国際的な農業生産工程管理である「アジアGAP」(ASIAGAP Ver2)の認証を取得した。高校が取得するのは全国初という。指導を担当した石田康之教諭...

(2018-01-16) 全て読む

湧別町教委の義務教育学校 芭露学園30年度開校へ 教科担任制、1年から外国語活動

湧別町義務教育学校開校◆オホーツク管内2校目  【網走発】湧別町教委は新年度、オホーツク管内で二校目となる義務教育学校「芭露学園」を開校する。芭露小学校と湖陵中学校の統合によるもの。一部の教科で教科担任制を導入...

(2018-01-16) 全て読む

札幌市が16日から ウインタースポーツ塾初開催 児童がスキージャンプなど体験 五輪招致へ競技人口増加を

 札幌市スポーツ局はあす十六日から三日間、市で初めてとなるウインタースポーツ塾を開く。子どもたちがウインタースポーツに取り組むきっかけをつくるほか、技術力の向上を図り、競技人口の増加を目指す...

(2018-01-16) 全て読む

新十津川町新十津川中1年生 まちの魅力をフリーペーパーで発信 特産品、観光スポットなど紹介

新十津川中フリーペーパー・上 【岩見沢発】新十津川町立新十津川中学校(鎌田浩志校長)の一年生が、まちの魅力を発信するフリーペーパーを作成した。A4判二つ折りのカラー印刷で、四ページにわたって町内の特産品や行事、観光スポ...

(2018-01-16) 全て読む

札幌市立中97校が始業式 3学期へ気持ち新たに

市立中学校始業式(啓明中) 札幌市立中学校九十七校で十五日、一斉に三学期始業式が執り行われた。啓明中学校(齋藤昇一校長)では、八百七人の生徒が三学期への意気込みを新たにした。  札幌市立中学校は、二十九年十二月二十...

(2018-01-16) 全て読む

函館市潮見中が閉校式 来年度統合で青柳中に 伝統大切に新たな歴史を

函館潮見中閉校式  【函館発】新年度の統合を控えている函館市立潮見中学校(松田賢治校長)の閉校式が執り行われ、生徒百四十九人をはじめ、同窓会、地域住民など関係者三百人以上が同校の輝かしい歴史と伝統を振り返っ...

(2018-01-10) 全て読む

札特協が第2回研修会開く 北翔大・瀧澤准教授講演 通級指導の現状など理解

札特協第二回研修会 札幌市特別支援学級設置学校長協会(栗原靖会長)は二十九年十二月下旬、札幌市教育文化会館で第二回研修会を開いた。市立幼稚園・認定子ども園や小・中学校、特別支援学校の校長など約四十人が参加。講...

(2018-01-10) 全て読む

札幌啓北商業高でSPH実地調査 文科省調査官が授業参観など 今後の取組に向け協議

札幌啓北商業高SPH実地調査 本年度、文部科学省のスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)の指定を受けた札幌啓北商業高校(尾崎寿春校長)で二十九年十二月中旬、SPHの実地調査が行われた。SPH企画評価会議委...

(2018-01-10) 全て読む

霧多布高―来年4月から給食導入 懐かしの味に大満足! 実施上の課題検証へ試食会

 【釧路発】霧多布高校(江尻巧校長)は、来年四月十日から新たに学校給食を導入する。児童生徒数減少に伴う配食数の維持、保護者の負担軽減のため、浜中町学校給食センター新設を機に開始することとした...

(2017-12-27) 全て読む