道教育大附属釧路小・中が研究会 小・中合同開催で計19授業公開 考え方高め“深い学び”実現
(学校 2017-11-13付)

附属釧路小中合同研究会
釧路中1年数学では、赤本教諭が“問い返し発問”を意識した授業を展開した

 【釧路発】道教育大学附属釧路小学校(阿部美穂子校長)と附属釧路中学校(酒井多加志校長)は十月下旬、両校を会場に教育研究会を開いた。小中一貫教育を念頭に置き、初めて小・中合同で開催した。同大の教員や学生、ほかの附属校の教諭を含め、道内外から三百二十九人の教育関係者が参加。研究主題「自ら学ぶ意味を創造できる児童・生徒の育成~“見方・考え方”の発揮、高まりから“深い学び”を実現する」のもと、両校で十九の授業を公開した。

本年度は小中連携五ヵ年計画の四年目。「各学年の発達の段階に即して“対話的な学び”の中で“見方・考え方”を高める工夫をしていくことによって、“見方・考え方”を高めながら学習内容を獲得していく“深い学び”が実現し、自律性が高まっていくであろう」との研究仮説を立て、研究主題に迫った。

◆中学1年数学「平面図形」

このうち、中学一年A組の数学科「平面図形」(赤本純基教諭、生徒数三四人)は、集団解決の場面において、本時の目標に迫る子どもの表現(つぶやき、発言、かいたもの、動作、表情)に対して意図的な“問い返し発問”を行い、生徒の学びを深めていく授業を展開した。

 本時は十七時間扱いの十五時間目。「二つの扇形の面積や弧の長さを比較することを通して、それらの求め方について説明することができる」を目標にして授業を進めた。

赤本教諭ははじめに「アの半径六㌢㍍、中心角九十度のピザと、イの直径九㌢㍍、中心角四十度のピザではどちらが大きいか」を生徒に予想させ、扇形の面積や弧の長さを求める動機付けを図った。

扇形の面積を求める方法を説明する生徒に対して、赤本教諭は「どうして九分の一をかけたのか」「九分の一と四十度には何の関係もないのか」などと問い返し、徐々に学びを深めていった。さらに「ピザの耳を多く食べたいとしたら、どちらのピザが多く食べられるか」と質問し、意図的な“問い返し発問”を通して、弧の長さの求め方を理解させていた。

このあと、全体会場の附属釧路中で開会式を行った。酒井校長のあいさつ、釧路教育局・熊谷誠教育支援課長の祝辞に続き、附属釧路小の高瀬航平教諭と附属釧路中の更科結希教諭が研究概要を発表した。

開会式で酒井校長は「今回、小中合同で研究大会を開催するが、これは小中一貫教育を念頭に置いたもの。今後は、義務教育学校を視野に入れた地域のモデル校としての小中一貫教育の実施に取り組んでいく」とあいさつ。

研究協議では、授業者が共同研究者の教育大釧路校教員とともに実践発表。参加者は道教委や教育委員会の指導主事、校長の助言を交えながら研究や授業の進め方について熱心に話し合った。

(学校 2017-11-13付)

その他の記事( 学校 )

銅メダル獲得を道教委・柴田教育長に報告 デフリンピック・バドミントン出場の白糠養護・長原教諭

 白糠養護学校の長原茉奈美教諭は十二日、道教委の柴田達夫教育長を表敬訪問した。聴覚障がい者のスポーツ大会となる第二十三回夏季デフリンピックに出場し、バドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得...

(2018-01-17) 全て読む

トマトでアジアGAP認証取得 美幌高が快挙、今後のモデルに ほかの品目でも取得目指す

 【網走発】美幌高校(田村弘樹校長)は、国際的な農業生産工程管理である「アジアGAP」(ASIAGAP Ver2)の認証を取得した。高校が取得するのは全国初という。指導を担当した石田康之教諭...

(2018-01-16) 全て読む

湧別町教委の義務教育学校 芭露学園30年度開校へ 教科担任制、1年から外国語活動

湧別町義務教育学校開校◆オホーツク管内2校目  【網走発】湧別町教委は新年度、オホーツク管内で二校目となる義務教育学校「芭露学園」を開校する。芭露小学校と湖陵中学校の統合によるもの。一部の教科で教科担任制を導入...

(2018-01-16) 全て読む

札幌市が16日から ウインタースポーツ塾初開催 児童がスキージャンプなど体験 五輪招致へ競技人口増加を

 札幌市スポーツ局はあす十六日から三日間、市で初めてとなるウインタースポーツ塾を開く。子どもたちがウインタースポーツに取り組むきっかけをつくるほか、技術力の向上を図り、競技人口の増加を目指す...

(2018-01-16) 全て読む

新十津川町新十津川中1年生 まちの魅力をフリーペーパーで発信 特産品、観光スポットなど紹介

新十津川中フリーペーパー・上 【岩見沢発】新十津川町立新十津川中学校(鎌田浩志校長)の一年生が、まちの魅力を発信するフリーペーパーを作成した。A4判二つ折りのカラー印刷で、四ページにわたって町内の特産品や行事、観光スポ...

(2018-01-16) 全て読む

札幌市立中97校が始業式 3学期へ気持ち新たに

市立中学校始業式(啓明中) 札幌市立中学校九十七校で十五日、一斉に三学期始業式が執り行われた。啓明中学校(齋藤昇一校長)では、八百七人の生徒が三学期への意気込みを新たにした。  札幌市立中学校は、二十九年十二月二十...

(2018-01-16) 全て読む

函館市潮見中が閉校式 来年度統合で青柳中に 伝統大切に新たな歴史を

函館潮見中閉校式  【函館発】新年度の統合を控えている函館市立潮見中学校(松田賢治校長)の閉校式が執り行われ、生徒百四十九人をはじめ、同窓会、地域住民など関係者三百人以上が同校の輝かしい歴史と伝統を振り返っ...

(2018-01-10) 全て読む

札特協が第2回研修会開く 北翔大・瀧澤准教授講演 通級指導の現状など理解

札特協第二回研修会 札幌市特別支援学級設置学校長協会(栗原靖会長)は二十九年十二月下旬、札幌市教育文化会館で第二回研修会を開いた。市立幼稚園・認定子ども園や小・中学校、特別支援学校の校長など約四十人が参加。講...

(2018-01-10) 全て読む

札幌啓北商業高でSPH実地調査 文科省調査官が授業参観など 今後の取組に向け協議

札幌啓北商業高SPH実地調査 本年度、文部科学省のスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)の指定を受けた札幌啓北商業高校(尾崎寿春校長)で二十九年十二月中旬、SPHの実地調査が行われた。SPH企画評価会議委...

(2018-01-10) 全て読む

霧多布高―来年4月から給食導入 懐かしの味に大満足! 実施上の課題検証へ試食会

 【釧路発】霧多布高校(江尻巧校長)は、来年四月十日から新たに学校給食を導入する。児童生徒数減少に伴う配食数の維持、保護者の負担軽減のため、浜中町学校給食センター新設を機に開始することとした...

(2017-12-27) 全て読む