道研が中学校外国語教育充実研修 異文化や国際理解視点に JICAと連携し講義・演習
(道・道教委 2019-10-09付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 道立教育研究所は1日から3日間、同所とJICA北海道で中学校外国語教育充実研修「グローバルな社会を生きる力を育む授業づくりの進め方」を開いた。本年度からJICAと連携して行うもので、8月に...

(道・道教委 2019-10-09付)

その他の記事( 道・道教委 )

研修講座の充実へ議論 道立教育研究所が運営懇談会

道研運営懇談会 道立教育研究所は10月上旬、同所で本年度運営懇談会を開いた。調査研究事業・研修事業を中心とした本年度の取組状況や、今後の方向性について審議。出席した7人の構成員は、ニーズを踏まえた研修講座...

(2019-10-18) 全て読む

幼児教育の質向上研究協議会―道教委 幼小接続など理解深め 文科省・湯川視学官講話

幼児教育質向上研究協議会 道教委は11日、札幌市内の道第2水産ビルで令和元年度幼児教育の質向上に関する研究協議会を開いた。文部科学省初等中等教育局の湯川秀樹視学官が「新幼稚園教育要領を踏まえた幼児教育の在り方」と題...

(2019-10-18) 全て読む

98人合格、倍率2.2倍 実習助手等の採用1次検査 道教委

 道教委は、令和2年度道立学校実習助手・寄宿舎指導員採用候補者選考検査第1次検査合格者数を発表した。実習助手と寄宿舎指導員合わせて98人が合格。受検倍率は前年度と比べ0・4ポイント増の2・2...

(2019-10-18) 全て読む

岩見沢で道徳教育推進教師研修―道教委 在り方や役割の理解深化 教育活動全体で実施 

道徳教育推進教師研修 【岩見沢発】道教委は16日、空知合同庁舎で道徳教育推進教師研修を開いた。管内の小・中学校、高校、特別支援学校で道徳教育推進教師を務める51人が参加。教育活動全体で取り組む道徳教育の在り方や...

(2019-10-18) 全て読む

文科省 平成30年度生徒指導上の諸課題調査 いじめ認知は大幅増15950件 小・中の不登校6420人過去最多

生徒指導諸課題調査結果 文部科学省は17日、平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果を公表した。本道の状況をみると、公立小・中・高校における暴力行為の発生件数は、前年度に比べ13...

(2019-10-18) 全て読む

北海道心の教育推進強調月間 美瑛・倶知安でフォーラム 12月に人権教育指導者研 11月1日から

 本年度も11月1日から「北海道心の教育推進キャンペーン強調月間」がスタートする。子どもたちの豊かな心を育むために各種事業に取り組むほか、キャッチフレーズ「ハートに、じーん。探してごらん、優...

(2019-10-18) 全て読む

高校生インターンシップに協力を 入職の有効な手立てに 経済関係3団体へ要請

インターンシップ要請 道教委は15日、経済関係3団体に対し、来春卒業予定者の雇用促進、本年度のインターンシップへの協力を要請した。藤村誠高校教育課長が各団体を訪問。札幌市内の北海道建設会館では、道建設業協会の渡...

(2019-10-17) 全て読む

道・札幌市2年度公立学校教員採用候補者 1653人を登録 倍率は前年度に続き2倍台

表 道教委は、令和2年度道・札幌市公立学校教員採用候補者登録状況を発表した。道、札幌市を合わせた登録者数は1653人で、過去20年で最も多かった前年度と比べ284人減少。受検倍率は0・2ポイン...

(2019-10-17) 全て読む

効果的・持続的な運用へ 道教委が室蘭でCS推進協議会

道教委CS推進協議会 【室蘭発】道教委は2日、むろらん広域センタービルでコミュニティ・スクール推進協議会を開いた。胆振管内の市町教委職員や教職員など16人が参加。説明や実践発表などを通して、コミュニティ・スクー...

(2019-10-16) 全て読む

公立小・中の通級指導5月1日現在 542人増の6003人 言語障がい等は平成5年の33倍 道教委まとめ

通級指導学級数 道内公立小・中学校における通級による指導の対象児童生徒数は、ことし5月1日現在で6003人となり、制度が始まった平成5年度と比べ約28倍に増加していることが、道教委のまとめで分かった。この...

(2019-10-16) 全て読む