CS導入推進など盛る 石狩市・子どもビジョン原案
(市町村 2020-01-15付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 石狩市は、令和2年度から6年度の5年間をを計画期間とする仮称・子どもビジョン(第2期石狩市子ども・子育て支援事業計画)原案をまとめた。基本理念に「子どもの権利を尊重し、子育ち子育てを地域全...

(市町村 2020-01-15付)

その他の記事( 市町村)

札幌市教委 スクールロイヤー活用 学校等への法務相談推進 10月1日 札苗北中で研修会

 札幌市教委の本年度新規事業「スクールロイヤー活用事業」が始動した。札幌弁護士会が推薦する弁護士をスクールロイヤーとして委嘱。対応が困難な諸課題の解決に向けた教育委員会・学校に対する法務相談...

(2020-09-29)  全て読む

少人数学級編制等で論戦 29日から札幌市議会代表質問

 札幌市議会の代表質問がきょう29日からスタートする。教育関係では新型コロナウイルス感染症に関連して少人数学級の編制、GIGAスクール構想の推進に伴う多様な学びの支援について質疑が行われる見...

(2020-09-29)  全て読む

札幌市教育センター一時移転先 ORE札幌ビル等に 教員研修は市内有料会議室で

 札幌市生涯学習総合センターちえりあの改修工事に伴う市教育センターの一時移転先が決定した。幼児教育相談のほか、ちえりあ教育相談室の大部分や教育相談担当課などは中央区のORE札幌ビル7階に移転...

(2020-09-28)  全て読む

紋別市教委 寒冷期のコロナ対策推進 水道蛇口 自動水栓化 全小中9校で 換気扇設置も

 【網走発】紋別市教委は、寒冷期における学校の新型コロナウイルス感染症対策として、市内の全小・中学校への換気扇設置、蛇口の自動水栓化を行う。16日の市議会第3回定例会で成立した補正予算に盛り...

(2020-09-25)  全て読む

共和町教委 初の小中・小小連携研修会 課題解決的学習実践へ 東陽小体育TT授業公開

共和町教委研修会  【小樽発】共和町教委は17日、初の小中連携・小小連携研修会を東陽小学校(山下秀一校長)で開いた。町内の小・中学校などから教職員約60人が参加。タブレット端末を用いた体育の授業公開などを通し...

(2020-09-24)  全て読む

札幌市教委 就学援助システム再構築へ 申請時 添付書類不要に 3年度 稼働開始目指す

 札幌市教委は、経済的な理由で就学が困難な小・中学生の保護者の書類手続きの負担軽減を図るため、就学援助システムを再構築する。申請時の添付書類の提出を不要とし、書類を準備する手間の削減、書類の...

(2020-09-23)  全て読む

札幌市 アニマドーレプロジェクト オンラインで発表の場を 市外高校生や農家等と交流

 札幌市立高校生を対象に食と農業に関する教育プログラムを実施しているアニマドーレプロジェクトは本年度、オンラインでの活動発表の場を設けることを検討している。新型コロナウイルス感染症拡大防止の...

(2020-09-18)  全て読む

全児童生徒に端末 ルーター貸出も 知内町3定補正案

 【函館発】知内町は、24日から始まる第3回定例町議会に、GIGAスクール構想に伴う補正予算案を提出する。  全小・中学校の児童生徒分のほか、教職員が授業で使用するものを含めてタブレット端...

(2020-09-18)  全て読む

町立学校教職員のハラスメント 教委内に相談窓口 下川町教委が防止指針

 【旭川発】下川町教委は、新たに「町立学校における教職員のハラスメント防止等に関する指針」を策定し、ホームページで公開した。道教委の指針などを基本とした3つのハラスメントのほか、それらに当て...

(2020-09-18)  全て読む

札幌市3定補正予算案発表 教育関係予算は約4億円 情報化推進やスキー代助成

 札幌市は16日、第3回定例市議会に提出する補正予算案を発表した。一般会計は総額454億8540万円。うち、教育費に3億9900万円を充てた。令和3年度からのGIGAスクール構想に向け、教育...

(2020-09-17)  全て読む