道教委 専門高校フューチャープロジェクト 岩農と札工が指定校に 地域の担い手育成
(道・道教委 2020-05-21付)

 道教委は、本年度から3ヵ年計画で取り組む「実践的職業教育推進事業専門高校フューチャープロジェクト」の研究指定校を決定した。農業科設置校から岩見沢農業高校、工業科設置校から札幌工業高校を指定。岩見沢農業高では、探究的な学びを通して、実証研究から創造的な試験研究に発展させるほか、試験設計の方法等に関する具体的な手法を身に付ける。札幌工業高では、農業高校の生徒と連携したコラボレーション・チャレンジによる農業の課題解決、AI、IoTを導入したスマート農業などの研究を進め、関係機関と連携して地域社会の担い手の育成を図る。

 専門高校フューチャープロジェクトは、将来の本道産業を支える人材を育成するため、農業高校と工業高校が大学や企業などと連携し、地域産業の課題解決に必要な資質・能力を育成するための実践研究を進めるもの。成果を全道に広く普及することで、本道における実践的な職業教育の充実を図る。

 研究指定期間は令和2年度から4年度まで3年間。研究指定校として、農業科設置校から岩見沢農業高、工業科設置校から札幌工業高を指定した。

 岩見沢農業高は、研究主題に「北海道におけるハウス構造とバイオマスエネルギー等を活用した野菜類周年利用技術の確立」を掲げ、先進的な研究を行っている農業試験場の指導を受け、実証研究を推進。探究的な学びを通して、実証研究から創造的な試験研究に発展させるほか、試験設計の方法等について、大学教授から学び、研究成果などを科学的・論理的にまとめる具体的な手法を身に付ける。

 具体的には、耐雪構造ハウスの建設、ハウス建設と農業土木施工、果菜類・葉菜類を組み合わせた周年栽培モデルの確立、バイオマスエネルギーの利用と保温・生育促進効果の検証などに取り組む。

 札幌工業高の研究主題は「専門高校における産業教育の充実と人材育成~本道農業の未来を切り拓く人づくりを目指して」。生徒が未来技術や先端技術への理解を深め、自らのキャリアを創り出すことを目的とした講義や、北海道の基幹産業「農業」について学習する。

 農業高校の生徒と連携したコラボレーション・チャレンジによる農業の課題解決、AI、IoTを導入したスマート農業などについて研究を推進。持続可能な社会の実現と、安全で人や環境に配慮した実践的なものづくり教育から、農業に主体的・総合的にかかわることができる知識・技能を習得するほか、有機的・総合的な結合を図ることができる地域社会の担い手の育成を関係機関と連携して進める。

 また、高校卒業後も高度な専門性(技術士等)の向上に対応できる仕組みを大学や企業と連携して構築する。

(道・道教委 2020-05-21付)

その他の記事( 道・道教委)

目的共有化などの成果 道研 働き方改革研究集録

 道立教育研究所は、働き方改革にかかる研究集録『持続可能な働き方を実現するための職場議論に関する一考察』を作成し、研究所ホームページで公開している。北海道大学大学院教育学研究院との共同研究。...

(2020-05-29)  全て読む

石狩局独自 ICT活用教育研修会 指導助言へ理解深める アプリケーション実演など

石狩教育局ICT活用教育研修  石狩教育局は26日、道庁別館で局独自の取組としてICT活用教育研修会を開いた。東日本電信電話㈱の沖杏奈氏らがGIGAスクール構想が進む中で使用されるパソコン端末の3つのオペレーション・シス...

(2020-05-29)  全て読む

道教委が新任指導班主査研修会 全教室で豊かな学びを 赤間学校教育監 再開後の指導

赤間幸人学校教育監  道教委は25日、遠隔会議システムによる令和2年度新任指導班主査研修会を開いた。赤間幸人学校教育監が「教育課題~学習指導要領改訂等を踏まえた教育改革の推進」と題して教育改革の動向や学校再開後...

(2020-05-28)  全て読む

道教委 教育大と連携し新規事業 特別支援FSP作成へ 経験浅い教員の支援体制構築

 道教委は本年度、文部科学省の委託を受け、経験の浅い教員の専門性向上にかかる支援体制等構築研究事業に取り組む。研究協力大学の道教育大学と連携し、専門性の高い特別支援教育の教員養成を図る特別支...

(2020-05-28)  全て読む

道教委 ネットパトロール結果 不適切な書き込み減少 2762件 個人情報92・6%

 道教委は、令和元年度ネットトラブル未然防止のためのネットパトロール結果をまとめた。道内児童生徒(札幌市所管分を除く、私立学校を含む)における不適切な書き込み件数は、2762件で、前年度に比...

(2020-05-28)  全て読む

道教委 授業改善チーム全道研修 効果的推進へ事例発表 100人参加 ポイント理解

 道教委は22日、遠隔システムで道庁別館と各教育局をつなぎ、令和2年度学力向上推進事業授業改善推進チーム全道研修会を開いた。授業改善推進教員の役割に関する説明や事業の効果的な推進方法について...

(2020-05-27)  全て読む

道教委 2年度授業改善チーム活用 82校に推進教員配置 新規は石狩市南線小など

 道教委は、本年度授業改善推進チーム活用事業における授業改善推進教員配置校を決定した。石狩市立南線小学校など新規30校を含む82校に配置。16市22町で計32チームを編成する。推進教員は、1...

(2020-05-27)  全て読む

元年度公務災害(札幌市除く) 総数336件 やや減少 学校行事での発生倍増 道教委まとめ

 道教委は、札幌市を除く道内の令和元年度公務災害の発生状況をまとめた。教育活動中に発生した公務災害の件数は336件と前年度と比べ6件減少。学校行事での発生件数は45件で2倍以上に増えている。...

(2020-05-26)  全て読む

小中一貫導入状況(札幌市除く) 義務教育学校11校に 一貫型39中学校区 道教委

 道教委は、札幌市を除く道内公立学校の小中一貫教育の設置・導入状況(4月現在)をまとめた。義務教育学校は、石狩市立厚田学園など新規を含む10市町村11校と、前年度の6校から2倍近くに増加。小...

(2020-05-25)  全て読む

道教委 公立校期限付教員等の欠員 1日時点9人 大幅改善 月末には8管内で解消へ

 道教委は、札幌市を除く道内公立学校における期限付・育休代替・産休代替教員の欠員状況をまとめた。5月1日時点での欠員数は小・中学校、特別支援学校で計9人となり、前年度同期と比べ26人減と大幅...

(2020-05-25)  全て読む