道教委 通常学級の特別な支援元年度調査 要支援者1万6004人 連続欠席は中学で11・4%
(道・道教委 2020-05-21付)

通常の学級に在籍する教育的支援を必要とする児童生徒等
通常の学級に在籍する教育的支援を必要とする児童生徒等(クリックすると拡大表示されます)

 道教委は、令和元年度「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒等に関する調査」結果をまとめた。校内委員会で特別な教育的支援が必要と判断した幼児児童生徒(以下、要支援者)の人数は全校種で増加し、前年度比2698人増の1万6004人。全在籍者に占める割合は4・7%で、年を追うごとに増加している。個別の教育支援計画の作成率は66・9%で、ここ数年徐々に上昇。30日以上連続して欠席している子どもの割合は中学校で11・4%と特に高いことが判明した。

 調査は、要支援者の在籍状況や支援状況などの実態を把握し、特別支援教育の施策を検討する基礎資料とするために平成25年度から実施しているもの。

 調査対象は、札幌市を除く道内公立幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校など1783校・園。幼児児童生徒数は33万9273人。

 要支援者が在籍すると回答した学校数は、103校増の1301校。全校種で増加しており、特に幼稚園では108園増の184園と倍以上となった。

 要支援者が在籍すると回答した学校・園の割合は1・0ポイント増の73・0%。

 要支援者数は、2698人増の1万6004人。小学校は1199人増の1万1031人、幼稚園は1137人増の1752人と共に倍以上となった。

 全在籍者に占める割合は0・6ポイント増の4・7%で、小学校が7・4%と最も高い。

 教育的ニーズに対応する指導目標などを盛り込む個別の指導計画を作成している要支援者の割合は4・1ポイント減の95・2%。

 関係機関と連携を図り、長期的な視点から一貫した支援を行うために作成する個別の教育支援計画については、9・2ポイント増の66・9%となり、ここ数年上昇傾向が続いている。小学校は71・5%、中学校は61・0%、高校は58・2%といずれも5割を上回った。

 特別支援教育支援員によって支援を受けている要支援者の割合は8・7ポイント増の42・4%。

 要支援者が在籍する学校で、特別支援教育支援員を配置している学校・園の割合は66・6%で、小学校78・4%、中学校と幼稚園がいずれも67・4%、高校は9・6%となっている。

 今回、新たに調査項目に加えた連続して欠席している要支援者の割合をみると、全体で「10~19日」が1・9%、「20~29日」が0・8%、「30日以上」が3・0%。中学校、高校で高い傾向にあり、特に中学校で30日以上欠席している割合は11・4%となっている。

(道・道教委 2020-05-21付)

その他の記事( 道・道教委)

目的共有化などの成果 道研 働き方改革研究集録

 道立教育研究所は、働き方改革にかかる研究集録『持続可能な働き方を実現するための職場議論に関する一考察』を作成し、研究所ホームページで公開している。北海道大学大学院教育学研究院との共同研究。...

(2020-05-29)  全て読む

石狩局独自 ICT活用教育研修会 指導助言へ理解深める アプリケーション実演など

石狩教育局ICT活用教育研修  石狩教育局は26日、道庁別館で局独自の取組としてICT活用教育研修会を開いた。東日本電信電話㈱の沖杏奈氏らがGIGAスクール構想が進む中で使用されるパソコン端末の3つのオペレーション・シス...

(2020-05-29)  全て読む

道教委が新任指導班主査研修会 全教室で豊かな学びを 赤間学校教育監 再開後の指導

赤間幸人学校教育監  道教委は25日、遠隔会議システムによる令和2年度新任指導班主査研修会を開いた。赤間幸人学校教育監が「教育課題~学習指導要領改訂等を踏まえた教育改革の推進」と題して教育改革の動向や学校再開後...

(2020-05-28)  全て読む

道教委 教育大と連携し新規事業 特別支援FSP作成へ 経験浅い教員の支援体制構築

 道教委は本年度、文部科学省の委託を受け、経験の浅い教員の専門性向上にかかる支援体制等構築研究事業に取り組む。研究協力大学の道教育大学と連携し、専門性の高い特別支援教育の教員養成を図る特別支...

(2020-05-28)  全て読む

道教委 ネットパトロール結果 不適切な書き込み減少 2762件 個人情報92・6%

 道教委は、令和元年度ネットトラブル未然防止のためのネットパトロール結果をまとめた。道内児童生徒(札幌市所管分を除く、私立学校を含む)における不適切な書き込み件数は、2762件で、前年度に比...

(2020-05-28)  全て読む

道教委 授業改善チーム全道研修 効果的推進へ事例発表 100人参加 ポイント理解

 道教委は22日、遠隔システムで道庁別館と各教育局をつなぎ、令和2年度学力向上推進事業授業改善推進チーム全道研修会を開いた。授業改善推進教員の役割に関する説明や事業の効果的な推進方法について...

(2020-05-27)  全て読む

道教委 2年度授業改善チーム活用 82校に推進教員配置 新規は石狩市南線小など

 道教委は、本年度授業改善推進チーム活用事業における授業改善推進教員配置校を決定した。石狩市立南線小学校など新規30校を含む82校に配置。16市22町で計32チームを編成する。推進教員は、1...

(2020-05-27)  全て読む

元年度公務災害(札幌市除く) 総数336件 やや減少 学校行事での発生倍増 道教委まとめ

 道教委は、札幌市を除く道内の令和元年度公務災害の発生状況をまとめた。教育活動中に発生した公務災害の件数は336件と前年度と比べ6件減少。学校行事での発生件数は45件で2倍以上に増えている。...

(2020-05-26)  全て読む

小中一貫導入状況(札幌市除く) 義務教育学校11校に 一貫型39中学校区 道教委

 道教委は、札幌市を除く道内公立学校の小中一貫教育の設置・導入状況(4月現在)をまとめた。義務教育学校は、石狩市立厚田学園など新規を含む10市町村11校と、前年度の6校から2倍近くに増加。小...

(2020-05-25)  全て読む

道教委 公立校期限付教員等の欠員 1日時点9人 大幅改善 月末には8管内で解消へ

 道教委は、札幌市を除く道内公立学校における期限付・育休代替・産休代替教員の欠員状況をまとめた。5月1日時点での欠員数は小・中学校、特別支援学校で計9人となり、前年度同期と比べ26人減と大幅...

(2020-05-25)  全て読む