石狩局独自 ICT活用教育研修会 指導助言へ理解深める アプリケーション実演など
(道・道教委 2020-05-29付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 石狩教育局は26日、道庁別館で局独自の取組としてICT活用教育研修会を開いた。東日本電信電話㈱の沖杏奈氏らがGIGAスクール構想が進む中で使用されるパソコン端末の3つのオペレーション・シス...

(道・道教委 2020-05-29付)

その他の記事( 道・道教委)

第1回道いじめ問題審議会 「ほっと」積極活用を 調査結果踏まえ指導助言

道いじめ問題審議会  道いじめ問題審議会は8日、道庁別館で令和2年度第1回審議会を開いた。道いじめ防止等に向けた取組プランなど、日ごろの施策の進ちょく状況や今後の取組の方向性などについて確認。本年度は、教員・保...

(2020-07-10)  全て読む

道教委 高校サポーター派遣 砂川高など17校指定 放課後等の復習・予習補助

 道教委は、令和2年度高校サポーター派遣事業における指定校を決定した。砂川高校など新規5校を含む17校を指定。生徒の学力向上に向け、教員が作成した指導計画に基づき、授業における学習や始業前、...

(2020-07-10)  全て読む

道教委 特別支援SV等研究協議会 円滑な運営方法等協議 3会場を結び開催

 道教委は2日、道庁別館と道立特別支援教育センター、各教育局をオンラインでつなぎ、特別支援教育スーパーバイザー(SV)等研究協議会を開いた。SV業務の効果的な推進に関する説明・協議などを実施...

(2020-07-10)  全て読む

道教委が高等支援教育課程研究協 卒業後も挑戦する力を 普通科設置校から13人

 道教委は2日、道庁別館と各学校をオンラインでつなぎ、高等支援学校普通科にかかる教育課程等研究協議会を開いた。普通科を設置する高等支援学校の担当者13人が参加し、教育課程編成上の成果と課題な...

(2020-07-10)  全て読む

石狩管内学校等 文科省・道教委指定事業 文科省5・道教委11事業 SSHに札幌啓成 石狩局まとめ

 石狩教育局は、管内の道立学校、市町村における本年度の文部科学省および道教委の指定事業(6月現在)をまとめた。文科省で5事業、道教委で11事業の計16事業。文科省のスーパーサイエンスハイスク...

(2020-07-10)  全て読む

中堅教諭等資質向上研修で 1年間の研修に見通しを 後志局が参考資料を作成

後志局中堅研修参考資料  【小樽発】後志教育局は、中堅教諭等資質向上研修にかかる参考資料『昨年度の1年間の研修の流れ』と『昨年度の中堅教諭等資質向上研修の対象者の実践レポートの例』を作成した。新型コロナウイルス感染...

(2020-07-09)  全て読む

道教委・小玉教育長が記者会見 最適なICT環境整備 対面教育の重要性も認識

 道教委の小玉俊宏教育長は7日、道庁別館で記者会見に臨んだ。地域協働型オンライン学習導入プロジェクトについて、地域の実態に応じ、オンラインとオフラインが融合した最適なICT環境の整備を進める...

(2020-07-09)  全て読む

道教委 オンライン学習導入モデル 新規にデジタル寺子屋 外部人材でICT活用支援

 道教委は、地域特性に応じたオンライン学習導入モデル構築に向けた地域協働型オンライン学習導入プロジェクトを計画している。新規事業として、オンライン学習環境整備を進める仮称・デジタル寺子屋事業...

(2020-07-09)  全て読む

道教委 遠隔で新任指導主事研修 ICTで様々な実践を 赤間学校教育監が方向性

新任指導主事研修会  道教委は7日、遠隔会議システムを活用して道内の各会場を接続し、新任指導主事研修会を開いた。赤間幸人学校教育監が「信頼される指導主事を目指して」と題し、指導主事の役割や教育改革の動向について...

(2020-07-08)  全て読む

釧路局が小中管理職等候補者育成方針 キャリアプラン意識化 教委等と連名 初の策定

2表  【釧路発】釧路教育局は、管内小中学校管理職等候補者育成方針を初めて策定した。管内の市町村教委、校長会、教頭会との連名で策定したもの。校長の大量退職などに伴い、管内では管理職等候補者の育成が...

(2020-07-08)  全て読む