道教育大附属釧路中 オンライン授業の実際 1月経過 日常に定着 3年数学 ICTで“発見”も
(コロナウイルス関連 2020-05-29付)

道教育大附属釧路中オンライン授業
相談室から指導する赤本教諭

 【釧路発】新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休業を余儀なくされた学校で、ICTを利用した取組が進みつつある。道教育大学附属釧路中学校(早勢裕明校長)では、オンライン授業を開始してすでに1ヵ月が経過。タブレット端末を使いこなす教員の姿が日常となっている。教員と生徒が物理的に離れていても、主体的・対話的で深い学び、個別最適化された学びの実現に努める同校の授業見学を通して、オンライン授業の実際に迫った。

 同校は、校内研修、生徒向け講習、接続実験などを経て、4月24日にオンライン授業を開始。ビデオ会議システムGoogle Meetと、双方向学習を支援するためのクラウドサービス「ロイロノート」を組み合わせて進めている。生徒の自宅のインターネット環境は、事前に調査済みで必要に応じてタブレット端末を貸し出している。

 5月21日の3年数学「多項式」の因数分解を扱う授業。赤本純基教諭は、教室ではなく職員室の向かいにある相談室で指導を行った。

  用意した機材は、大型テレビモニター、ノートパソコン、タブレット端末2台。ノートパソコンではGoogle Meetを起動し、自宅にいる生徒30人分の動画を1画面に表示した。

 画面は大型のテレビモニターにも映し出した。赤本教諭は「生徒の表情などは、テレビモニターで見ている」と説明している。

 2台のタブレット端末には、ロイロノートがインストールされている。生徒のタブレット端末にも同じものが入っており、教員と生徒、生徒同士がデータを簡単に共有できる仕組みになっている。

 授業は、Google Meetで音声を伝え、ロイロノートで画像を共有しながら進めた。生徒に発問して考えや意見を引き出したほか、その考えに対する意見をほかの生徒に求めるなど、双方向のやり取りをスムーズに行った。授業を通じて10人以上の生徒に発言の機会を与えた。

 生徒に問題を解かせて解答を回収し、授業中に丸付けする場面も。丸付けによって因数分解の考え方を理解できていない生徒がいることが分かり、5分ほど時間を取って解説した。赤本教諭は「予定にはなかったが、アドリブで指導した」と振り返る。

 通常の授業では、時間内に細かなつまずきを発見するのが難しい部分もあるが、今回は学習支援ツールの活用によって、個別最適化された学びにつなげていた。

 最後に宿題を出し、ある生徒が授業中に自作した因数分解の問題を解いて、ロイロノートで提出するよう求めた。

 宿題は「1問解くだけ」だったが、生徒たちは自発的に問題をつくり、その日のうちに大量に提出してきた。赤本教諭は「自作問題はクラス全体で共有できるため、生徒間でやり取りして問題を解き合ったり、教え合ったりしている」と説明。生徒たちがICTを使いこなして主体的・対話的で深い学びを実践している様子がうかがえた。

 授業中は、一部の生徒の映像が途切れるなど、オンラインならではの課題もみられたが、タブレットなどの操作なども含めスムーズに進行した。

 小林一博副校長は「赤本教諭が特別というわけではなく、教員はみんな対応できている」と話す。

 Google Meetとロイロノートに関しては、学校再開後も継続して使う考えで、「始めてみなければ、成果も課題もみえてこない。引き続き、積極的に取り組んでいきたい」と話している。

この記事の他の写真

道教育大付属釧路中3年数学オンライン授業の流れ
道教育大付属釧路中3年数学オンライン授業の流れ(クリックすると拡大表示されます)

(コロナウイルス関連 2020-05-29付)

その他の記事( コロナウイルス関連)

学校給食へ道産牛肉提供 10日までに90校実施 追加の申込開始へ 道

 道は2日、新型コロナウイルス感染症の影響で需要が落ち込んでいる道産牛肉を学校給食に無償提供する「道産牛肉学校給食提供推進事業」を開始した。現在、道内の小・中学校、義務教育学校、特別支援学校...

(2020-07-10)  全て読む

小樽市望洋台中が全校生徒対象に オンラインで体験授業 基本な使用方法を確認

 【小樽発】小樽市立望洋台中学校(伊藤仁弥校長)は6月中旬から下旬の5日間、ウェブ会議システムZoomの体験授業を行った。全校生徒を対象に実施。新型コロナウイルス感染症による不測の事態が発生...

(2020-07-10)  全て読む

道社連「板書型指導案」 3~6年生向け 再開後の授業の手立てに 授業展開のイメージ明確に 特別編小学校版を作成

 道社会科教育連盟(=道社連、山下豊委員長)は、社会科板書型指導案~特別編小学校版を作成した。新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休業後の社会科学習について、3~6年生の授業における指導案を示...

(2020-07-09)  全て読む

倶知安農高生のプランター 工事現場に彩り添える 業界団体協力 余剰苗用い

倶知安農高生制作プランター活用  【小樽発】倶知安農業高校(近江勉校長)の生徒が育てた花のプランターが、後志管内の工事現場事務所等に設置されている。新型コロナウイルスの影響によって毎年開催している販売会が中止となったことか...

(2020-07-09)  全て読む

祭り中止で泊小に菓子 「寂しさ紛らせて」と地元企業

 【小樽発】泊村立泊小学校(山本康博校長)に3日、地元企業、茅沼建設工業㈱(三宅節雄社長)から菓子が贈られた。新型コロナウイルス感染症の影響で村内の神社祭典が中止となったため企画されたもので...

(2020-07-09)  全て読む

釧路市教委 修学旅行等の方針 2学期以降に実施へ 小学校運動会 午前中のみ

 【釧路発】釧路市教委は、市立小・中学校の修学旅行や運動会、体育祭などの行事を2学期以降に実施する方針を決めた。小学校の運動会は午前中のみとするほか、人が密集しない方法を工夫。今後、各校は日...

(2020-07-09)  全て読む

上川局 コロナ対応で先行実施 Zoom活用し学校訪問 来年度以降の継続を検討

上川局コロナ対応学校訪問zoom活用  【旭川発】上川教育局は、6月下旬からウェブ会議システムZoomを活用した学校訪問を一部先行実施している。  上川局では、新型コロナウイルス感染症の影響で本年度の学校訪問を6月中旬から開始...

(2020-07-08)  全て読む

道教委〝もうひとつのクライマクス〟 部活動集大成の場を提供 代替大会やアスリート交流等

 道教委は「卒業するアスリートたちに贈る“もうひとつのクライマクス”プロジェクト」の概要をまとめた。部活動の集大成の場を失った生徒に活躍の機会を提供する新規事業で、代替大会の運営経費や感染予...

(2020-07-08)  全て読む

恵庭中生徒 フェイスシールド作製 世の中の役に立ちたい 500枚を高齢者施設寄贈 材料費は募金で

 恵庭市立恵庭中学校(鹿野秀一校長)の全校生徒は1日、総合的な学習の時間の一環として、同校でフェイスシールドづくりに取り組んだ。「世の中のために役立ちたい」との思いから生徒会役員が発案し、全...

(2020-07-08)  全て読む

臨時休業中に作成 リモート演奏動画 大麻高吹奏楽部

 大麻高校(根上和也校長)吹奏楽部は、臨時休業期間中の取組としてリモート演奏動画を作成した。  部員たちが臨時休業期間中にできることを考え、取り組んだ作品。部員一人ひとりの演奏を録画し、編...

(2020-07-08)  全て読む