道研若手主事5人が資料作成 予習の仕方分かりやすく HP上にデータと動画
(コロナウイルス関連 2020-05-29付)

道研「予習の仕方」資料作成
作成した5人の若手研究研修主事

 道立教育研究所は、「予習の仕方に関わる資料」を作成し、ホームページ上の新型コロナ感染症対応に関する特設コーナーに掲載した。臨時休業中に児童生徒が自ら教科書とノートを使って予習に取り組めるよう、若手研究研修主事らが作成したもの。編集可能なプレゼンテーションソフトのデータと動画を公開し、学校の実態を踏まえた活用を呼びかけている。

 本年度配属となった5人の若手研究研修主事が、休業中の学校支援の一助となるよう新たに作成。小学3年生の算数を例に挙げ、予習のポイントを取りまとめた10分程度の動画とプレゼンテーションソフト・パワーポイントのデータを作成した。データは各学校の実態や教科の特性に合わせてアレンジすることができる。

 資料では、教科書を使った予習の仕方について、①問題をノートに写す②自分で解いてみる③教科書にある求め方を写す④比べて気付いたことを書く⑤練習問題にチャレンジする―の5つのステップで説明。

 ①では「大切なところに線や印を付ける」、②では「自分の考えが分かるように書く」など、各ステップで端的にポイントを示している。

 教科書の例と共に、練習問題の解き方や印・図の工夫などノートの書き方の例を視覚的に提示。最後に、予習の良さや目標をもって自分で進めていくことの大切さを説いている。

 資料のポイントについて若松拓郎研究研修主事は「子どもが共通して持っている教科書とノートがあれば予習をすることができるよう工夫した」、八重澤純一研究研修主事は「どの教科にも利用することができ、子どもたち独自の勉強法や、指導に当たっている先生、学校の文化に合ったものにもなるよう考えた」とコメント。

 小野晴子研究研修主事は「臨時休業が続く中でも、児童生徒が自分で学びを進められるようになってほしいという思いから作成した」と経緯を明かした。

 戸澤卓真研究研修主事は「与えられた問題を解くだけではなく、自分の力で学ぶ力をつけることで、臨時休業期間が終わったあとにも活用してほしい」、桜井俊寛研究研修主事は「これからの学びとして活用できないかを検討する資料として、教員にも見てもらいたい」と期待を寄せた。

(コロナウイルス関連 2020-05-29付)

その他の記事( コロナウイルス関連)

学校給食へ道産牛肉提供 10日までに90校実施 追加の申込開始へ 道

 道は2日、新型コロナウイルス感染症の影響で需要が落ち込んでいる道産牛肉を学校給食に無償提供する「道産牛肉学校給食提供推進事業」を開始した。現在、道内の小・中学校、義務教育学校、特別支援学校...

(2020-07-10)  全て読む

小樽市望洋台中が全校生徒対象に オンラインで体験授業 基本な使用方法を確認

 【小樽発】小樽市立望洋台中学校(伊藤仁弥校長)は6月中旬から下旬の5日間、ウェブ会議システムZoomの体験授業を行った。全校生徒を対象に実施。新型コロナウイルス感染症による不測の事態が発生...

(2020-07-10)  全て読む

道社連「板書型指導案」 3~6年生向け 再開後の授業の手立てに 授業展開のイメージ明確に 特別編小学校版を作成

 道社会科教育連盟(=道社連、山下豊委員長)は、社会科板書型指導案~特別編小学校版を作成した。新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休業後の社会科学習について、3~6年生の授業における指導案を示...

(2020-07-09)  全て読む

倶知安農高生のプランター 工事現場に彩り添える 業界団体協力 余剰苗用い

倶知安農高生制作プランター活用  【小樽発】倶知安農業高校(近江勉校長)の生徒が育てた花のプランターが、後志管内の工事現場事務所等に設置されている。新型コロナウイルスの影響によって毎年開催している販売会が中止となったことか...

(2020-07-09)  全て読む

祭り中止で泊小に菓子 「寂しさ紛らせて」と地元企業

 【小樽発】泊村立泊小学校(山本康博校長)に3日、地元企業、茅沼建設工業㈱(三宅節雄社長)から菓子が贈られた。新型コロナウイルス感染症の影響で村内の神社祭典が中止となったため企画されたもので...

(2020-07-09)  全て読む

釧路市教委 修学旅行等の方針 2学期以降に実施へ 小学校運動会 午前中のみ

 【釧路発】釧路市教委は、市立小・中学校の修学旅行や運動会、体育祭などの行事を2学期以降に実施する方針を決めた。小学校の運動会は午前中のみとするほか、人が密集しない方法を工夫。今後、各校は日...

(2020-07-09)  全て読む

上川局 コロナ対応で先行実施 Zoom活用し学校訪問 来年度以降の継続を検討

上川局コロナ対応学校訪問zoom活用  【旭川発】上川教育局は、6月下旬からウェブ会議システムZoomを活用した学校訪問を一部先行実施している。  上川局では、新型コロナウイルス感染症の影響で本年度の学校訪問を6月中旬から開始...

(2020-07-08)  全て読む

道教委〝もうひとつのクライマクス〟 部活動集大成の場を提供 代替大会やアスリート交流等

 道教委は「卒業するアスリートたちに贈る“もうひとつのクライマクス”プロジェクト」の概要をまとめた。部活動の集大成の場を失った生徒に活躍の機会を提供する新規事業で、代替大会の運営経費や感染予...

(2020-07-08)  全て読む

恵庭中生徒 フェイスシールド作製 世の中の役に立ちたい 500枚を高齢者施設寄贈 材料費は募金で

 恵庭市立恵庭中学校(鹿野秀一校長)の全校生徒は1日、総合的な学習の時間の一環として、同校でフェイスシールドづくりに取り組んだ。「世の中のために役立ちたい」との思いから生徒会役員が発案し、全...

(2020-07-08)  全て読む

臨時休業中に作成 リモート演奏動画 大麻高吹奏楽部

 大麻高校(根上和也校長)吹奏楽部は、臨時休業期間中の取組としてリモート演奏動画を作成した。  部員たちが臨時休業期間中にできることを考え、取り組んだ作品。部員一人ひとりの演奏を録画し、編...

(2020-07-08)  全て読む