障がい者の生涯学習推進協 道北会場 事業改善へ当事者と協議 道教委 学びの場を拡充
(道・道教委 2020-09-18付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 【旭川発】道教委は9日から2日間、上川合同庁舎などで障がい者の生涯学習推進協議会(道北会場)を開いた。文部科学省委託「障がい者の生涯学習コンソーシアム形成事業」の一環。上川・留萌・宗谷教育...

(道・道教委 2020-09-18付)

その他の記事( 道・道教委)

絆づくりメッセージ 最優秀賞決定 貴田さん(旭川市末広北小)ら6人に 入賞作品は2日から展示

 道いじめ問題対策連絡協議会は、「絆づくりメッセージコンクール~いじめやネットトラブルの根絶を目指して」の全道審査結果を公表した。標語部門で旭川市立末広北小学校の貴田羽花菜さん(6年)など3...

(2020-10-30)  全て読む

高校OPENプロジェクト 観光の在り方など提言 道教委 全道ミーティング

OPENプロジェクト全道大会  道教委は27日、ホテルライフォート札幌で高校OPENプロジェクト全道ミーティングを開いた。研究指定校15校の生徒や引率教員、運営指導委員会委員など総勢約70人が参加。発表校のうち小樽未来創...

(2020-10-30)  全て読む

道立学校のクラウドサービス利用 授業利用など 目的規定 道教委 要項まとめ通知

 道教委は、道立学校におけるクラウドサービス利用にかかるアカウント取扱い要綱をまとめた。クラウドサービスの利用目的を授業、学習活動、研修等と規定し、児童生徒や保護者への趣旨説明など学校長が行...

(2020-10-29)  全て読む

特セン 自立活動研修講座 合理的配慮との関係解説 東北福祉大・樋口教授講義

特セン自立活動研修講座  道立特別支援教育センター(日向正明所長)は22日、センターで自立活動研修講座を開いた。同センターを主会場に、胆振、檜山、留萌、釧路の各教育局とウェブ会議システムでつなぎ開催。東北福祉大学教...

(2020-10-29)  全て読む

11月は北海道心の教育強調月間 釧路会場 絵本作家の講演など フォーラム 親子で工作体験も

 「ハートに、じーん。探してごらん、優しい気持ち。」―。ことしも11月に北海道心の教育推進会議(会長・小玉俊宏教育長)が実施する北海道心の教育推進キャンペーン強調月間が始まる。心の教育推進フ...

(2020-10-28)  全て読む

道教委 小中一貫カリキュラム編成全道研 京都市の学習支援等理解 市教委・吉川氏が講演 生配信

小中一貫教育サポート事業  道教委は26日、札幌市内の道自治労会館で小中一貫教育サポート事業カリキュラム編成全道研修会を開いた。指定地域市町村教委担当など36人が参加。京都市教委の吉川康浩首席指導主事がライブ配信で講...

(2020-10-28)  全て読む

上川局独自 Zoom de 研修を初開催 指導と評価 一体化へ 占冠中央小と結び遠隔で指導

上川局独自オンライン指導主事派遣  【旭川発】上川教育局は10月中旬、独自事業のオンライン指導主事派遣「Zoom de 研修」を初めて実施した。教育局と占冠村立占冠中央小学校(井上隆一校長)をウェブ会議システムで接続し、講義...

(2020-10-28)  全て読む

鷹栖町教委 GIGAスクールサポーター 11月までに1人配置 教員ら支援へ

 【旭川発】鷹栖町教委は、GIGAスクールサポーターの配置に向けて準備を進めている。遅くとも11月までには1人を配置する予定で、町教委や町内全小・中学校に週1~2日程度派遣。ICT機器等を活...

(2020-10-28)  全て読む

海洋教育パイオニアスクールプログラム全道発表会 海外からの漂流物調査など 漁師との交流も

海洋教育全道成果発表会  道海洋教育推進協議会は23日、サケのふるさと千歳水族館で2020年海洋教育パイオニアスクールプログラム全道成果発表会を開いた。日本海地域など3つのモデル地域の各小・中学校の児童生徒や引率教...

(2020-10-27)  全て読む

マスク保管ケース贈呈 後志管内全児童に建設団体

小樽建協マスクケース寄贈  【小樽発】後志合同庁舎で20日、小樽建設協会による管内小学校の全児童を対象としたマスク保管ケースの贈呈式が行われた。佐々木徹会長が、後志教育局の中澤美明局長に目録を贈呈。「子どもたちのため...

(2020-10-27)  全て読む