道へき・複連 オホーツクプレ大会 夢実現する学び創出へ 遠隔システムで単式授業展開
(関係団体 2020-09-25付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 【網走発】道へき地・複式教育研究連盟(古田統委員長)は18日、オホーツク管内の6会場で第70回全道へき地複式教育研究大会オホーツクプレ大会を開いた。研究主題「主体的・協働的に学び、ふるさと...

(関係団体 2020-09-25付)

その他の記事( 関係団体)

後志小中学校長会 ニセコで研究大会 組織力向上と人材育成 学び続ける管理職に 齊藤会長

後志小中校長会研究大会開会  【小樽発】後志小中学校長会(齊藤信之会長)の令和2年度研究大会が27日、ニセコ町民センターで開かれた。渡島教育局の毛利繁和主幹による講話や分科会、研究協議などを通して、教育力を高める学校経...

(2020-10-30)  全て読む

ほっかいどう学推進フォーラム 小学校教諭対象にツアー 石狩川開発の歴史伝え

ほっかいどう学インフラツアー  特定非営利活動法人ほっかいどう学推進フォーラム(新保元康理事長)は24日、石狩市内の川の博物館などで第2回ほっかいどう学インフラツアーを開いた。小学校教員9人が参加。今後の授業に生かそうと...

(2020-10-28)  全て読む

ほっかいどう学推進フォーラム 11月に札幌でシンポ 地域学習の未来等考える

 特定非営利活動法人ほっかいどう学推進フォーラム(新保元康理事長)は、11月21日午後1時からTKP札幌ビジネスセンター赤れんが前で第2回シンポジウム「ICTで進化する学校とほっかいどう学の...

(2020-10-22)  全て読む

寿都町内の小学生38人が参加 歴史学び 魅力全国へ 海の学校inすっつ開く

海の学校in寿都  【小樽発】寿都町で6日、海の学校inすっつが開かれた。海と日本プロジェクトin北海道実行委員会主催。町内の小学5・6年生38人が参加。地元の海の歴史と今後について学んだほか、ふるさと納税返...

(2020-10-20)  全て読む

道私学団体連合会が3年度要望 学生の地方定着促進を 安定的学校経営へ補助要請

私学団体懇談会  道私学団体連合会は7日、道議会庁舎で開かれた自民党道連(吉川貴盛会長)の令和2年度団体政策懇談会に参加し、来年度に向けた要望活動を行った。道私立中学高校協会の西岡憲廣副会長をはじめとする4...

(2020-10-16)  全て読む

道特別支援副校長・教頭会が研究協議会 星野会長 新技術理解を GIGAスクール前倒しで

 道特別支援学校副校長・教頭会(星野健史会長)は5日、道立特別支援教育センターをメーン会場に、テレビ会議システムとウェブ会議システムZoomを活用して第1回研究協議会を開いた。会員85人が参...

(2020-10-14)  全て読む

体研連が臨時総会等 心のつながりを確かに 難局打破に向け大牧委員長

道体研連臨時総会研修会  道学校体育研究連盟(=体研連、大牧眞一委員長)は3日、ホテルライフォート札幌で令和2年度臨時総会研修会兼第30回全道研究担当者研修会を開いた。全道各地から48人が参加。大牧委員長は、新型コ...

(2020-10-12)  全て読む

道高教組・道教組 道教委の意向調査に抗議声明 当事者の教職員を無視 1年単位変形労働時間制で

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)と道教組(川村安浩執行委員長)は7日、道教委による1年単位の変形労働時間制導入に関する意向調査に対し声明を発表した。「調査結果と現場教職員の声には大きなかい...

(2020-10-09)  全て読む

公共事業の大切さ理解 名寄南小5年生75人 関連機関・団体の現場見学会参加

名寄南小現場見学会  【旭川発】名寄市立名寄南小学校(堀江充校長)の5年生75人は9月30日、建設産業の関連機関・団体で構成する「北のけんせつ担い手」育成会議主催の工事現場見学会に参加した。市内を流れる豊栄川で...

(2020-10-09)  全て読む

道高校長協会 第3回支部長研 一枚岩で難局乗り越え 廣田会長 感染症への対応

道高校長会支部長研究協議会  道高校長協会(廣田定憲会長)は5日、札幌市内の道第2水産ビルで第3回支部長研究協議会を開いた。支部長とブロック長、本部役員21人が出席。新型コロナウイルスの影響で一堂に会したのは本年度初め...

(2020-10-07)  全て読む