2年度道教育実践表彰 受賞者功績〈下〉
(道・道教委 2021-03-03付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

【教職員表彰】=敬称略= ▼黒坂俊介(岩見沢市南小教諭)  長年にわたり、小学校教諭として児童の情報活用能力の育成を目指し、ICTを活用した学習指導の充実に尽力するとともに、中核教員とし...

(道・道教委 2021-03-03付)

その他の記事( 道・道教委)

道立学校 2年度第3・4半期時間外在校 10月45時間超 高校48% 11月から減少転じる 道教委

 道教委は、道立学校の教育職員にかかる時間外在校等時間(令和2年度第3・4半期)を公表した。10月に時間外在校等時間が45時間を超えた職員の割合は、高校48・5%、特別支援学校14・0%とな...

(2021-04-16)  全て読む

道教委 学びのDX事業開始 端末活用し授業改善 推進校23校、近く決定

 道教委は本年度、新規事業としてICTを活用した学びのDX(デジタルトランスフォーメーション)事業を開始する。小・中学校、高校、特別支援学校合わせて23校を推進校に指定し、1人1台端末などI...

(2021-04-16)  全て読む

犯罪のない地域づくり推進会議 3年度 ネット防犯重点 防犯教室等実施率100%を

 道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議は、令和3年度の推進方策をまとめた。防犯の取組重点の一つにインターネット利用犯罪を設定。通学路の安全マップの活用率、防犯教室・防犯訓練の実施率を4...

(2021-04-16)  全て読む

道教委 部活動サポーターバンク 中学校で270人登録 最多は中・高の吹奏楽部

 道教委は、部活動指導員や外部指導者(外部コーチ)を登録する「ほっかいどう部活動サポーターバンク」の登録状況をホームページに公開した。勤務先の対象校種は中学校が270人、高校が289人、特別...

(2021-04-16)  全て読む

渡島局が管内公立学校長会議 他者尊重し変化乗り越え 谷垣局長 リーダーシップ期待

5つの行動指標・目指す子ども像  【函館発】渡島教育局は9日、函館市内の亀田交流プラザで管内公立学校長会議を開いた。管内の小・中学校、幼稚園、教育委員会から25人が参加。令和3年度重点事項の説明では、谷垣朗局長が、①そろえ...

(2021-04-16)  全て読む

道教委 第1回代表高校長研究協議会 柔軟な発想・固い決意で 唐川局長 課題解決へ協力要請

全道代表高校長研  道教委は13日、令和3年度第1回全道代表高校長研究協議会をオンラインで開催した。校長や各教育局の高校教育指導班主査など約90人が参加。開会式の冒頭あいさつに立った唐川智幸学校教育局長は、昨...

(2021-04-15)  全て読む

「サポートデスク」設置 道教委 ICTに関し相談受付

 道教委は、ICTに関する相談などを受け付ける「ICT活用サポートデスク」を設置した。教育局での対応が難しい市町村教委や学校からの相談、教育局指導主事の研修・相談などに対応する。メールアドレ...

(2021-04-15)  全て読む

上川管内3年度教育推進の重点 情報教育の充実など最重点 河野局長 逆境を変革の扉に

上川管内教育推進の重点  【旭川発】上川教育局の河野秀平局長は12日、上川合同庁舎で開催した管内市町村教委教育長会議において令和3年度管内教育推進の重点を説明した。「ふるさとを愛し、夢と志をもって、可能性に挑戦する...

(2021-04-15)  全て読む

道教委 高校の特別支援教育支援員 3年度 11校に配置 新規は穂別、旭川西、清里

 道教委は、高校における特別支援教育支援員配置事業の令和3年度配置校に穂別高校、旭川西高校、清里高校の新規3校を含む11校を決定した。2月に実施した「教育上特別な支援を必要とする生徒の状況お...

(2021-04-14)  全て読む

T―base 授業配信本格スタート 統計資料で学ぶ政経など 初日は11科目を延べ8校に

T-base遠隔授業配信開始  道高校遠隔授業配信センター(T―base、元紺谷尊広センター長)は、12日から遠隔授業の同時配信を本格的に開始した。計11科目の授業を延べ8校に配信し、教員の自己紹介や遠隔授業に関する注意...

(2021-04-14)  全て読む