教育課程に関する調査―道中 道徳の教科化を重点に 研修時間や人材不足が課題
(関係団体 2017-11-13付)

学習指導要領表
学習指導要領実施の際の重点的な取組(クリックすると拡大表示されます)

 道中学校長会(古谷雅幸会長)は、二十九年度教育課程に関する調査結果を取りまとめた。道内の中学校五百八十六校を対象に調査。学習指導要領実施の際の重点的な取組として、九二%が「特別の教科 道徳」と回答しており、三十一年度の全面実施に向け各校で準備を進めている状況が裏付けられた。また、新学習指導要領の趣旨や今後の方向性を理解するための研修会に重点を置いている状況がみられた。新学習指導要領実施に向けた課題には「ねらいや趣旨、内容についての基本的な理解が不足」「研修の時間確保が困難」「教職員の意識改革が必要」「人材が不足」が挙げられた。

 調査は、学習指導要領の実施に関する本年度の道内各中学校の取組状況を把握し、課題を明らかにするとともに、実践を進める上での資料とするために実施。

 隔年実施に変更したため、二年ぶりの調査となった。

 対象は道内の中学校五百八十六校。ことし五~七月に実施した。

 調査結果をみると、学習指導要領実施の際の重点的な取組(複数回答)に「特別の教科 道徳」を挙げた学校が前回二十七年度調査と比べ七ポイント増の九二%となり、三十一年度の全面実施に向け、各校で準備を進めている状況が示された。八〇%が「主体的・対話的で深い学び」と回答しているほか、「研修会」が前回調査の三七%から六六%へと急増しており、道中では「新学習指導要領の改訂に伴い、趣旨や今後の方向性の理解のための研修会に重点が置かれている」と分析している。

 学力向上の取組(複数回答)は「チャレンジテストの活用」が八八%で、前回調査同様最も高い。「放課後、長期休業時の補習」が八二%、「習熟度別学習」が加配あり・加配なしを合わせ七〇%で、個に応じたきめ細かな学習指導が推進されている。このほか、独自の学力向上プランづくりなど、各校で様々な工夫を凝らし取り組んでいることが分かった。

 放課後の時間確保に向けた取組(複数回答)は「諸会議の精選」六八%、「行事の内容と準備期間の見直し」六二%、「行事の精選」四四%など。

 新学習指導要領実施に向けた現状と課題(記述式)では、現状として「校内研修などで職員への周知を図り、理解を深めている」「〝特別の教科 道徳〟について研修している」などの回答があった。課題には「ねらいや趣旨、内容についての基本的な理解が不足」「校務多忙による研修の時間確保が困難」「教職員の意識改革が必要」「小規模校や若年層が多いなど人材が不足」が挙げられた。

 地域などの外部人材を活用している学校は九一%。活用している主な場面や形態は、防災教室や食育教室、ふるさと教育、進路学習など道徳・総合的な学習の時間・特別活動の講師のほか、音楽や美術、保健体育、国語など教科の外部講師・指導者・補助員と多岐にわたる。道中は「新しい時代に求められる資質・能力を子どもたちに育むため、外部人材を積極的に活用し、社会と結び付いた授業から主体的に学ぶ態度を育む必要がある」と考察している。

 教科などの授業で地域の企業・施設などを活用している学校は九三%。活用している企業・施設として、商店七二%、消防署四八%、工場四四%、市役所(区役所、役場)四二%、図書館三一%、高校・大学・専門学校三七%などを挙げた。

(関係団体 2017-11-13付)

その他の記事( 関係団体 )

札幌市小学校教頭会が研究大会 専門部の研究発表や講演など たくましく生きる力育てる

 札幌市小学校教頭会(宗石健太郎会長)は十五日、ホテルライフォート札幌で全市研究大会を開いた。研究主題「共に生きる心と知を育む 社会に開かれた活力ある学校づくり~たくましく生きる力の育成」の...

(2018-01-17) 全て読む

高相研が研究大会を開催 育ち見守る教育相談を 生徒理解の在り方など共通理解

 道高校教育相談研究会(=高相研、小路修司会長)は十二日、ホテルライフォート札幌で第四十六回研究大会を開いた。研究主題「学びや育ちを見守り、支え、つなげる学校教育相談を目指して」のもと、公私...

(2018-01-17) 全て読む

道NIE研究会が冬季研修会開く 実践発表、実技など通し研鑚 新聞活用した授業充実へ

 道NIE研究会(上村尚生会長)は五日、札幌市内の北海道新聞社で二十九年度第二回NIE実践交流会「冬季研修会」を開いた。小・中学校でNIEを担当する教諭など約二十人が参加。新聞記者による講演...

(2018-01-17) 全て読む

道特別支援学校長会石狩支部がセミナー 空知・後志含め教諭80人参加 ミドルリーダーの役割学ぶ

 道特別支援学校長会石狩支部(田近和憲支部長)は十二日、真駒内養護学校で教育課程セミナーを開いた。空知・後志・石狩地区の特別支援学校の教諭など約八十人が参加。講演やワークショップを通して、ミ...

(2018-01-17) 全て読む

道学校図書館協会が研修講座開く 講義、実習、討議を通し 一層の機能充実へ研鑚

 道学校図書館協会(齋藤昇一会長)は九日から三日間、札幌市内かでる2・7などで第五十回道学校図書館研修講座を開いた。全道の小・中学校、高校、特別支援の教諭や学校図書館司書など約百六十人が受講...

(2018-01-17) 全て読む

第44回道教育美術展 子どもたちの力作紹介 水彩画等578点―道造形教育連盟など

道教育美術展 道造形教育連盟(阿部時彦会長)など主催の第四十四回道教育美術展が十一日から四日間、札幌市内の道新ギャラリーで開かれた。全道の幼児児童生徒の作品五百七十八点を展示。来場者は教育活動の中から生...

(2018-01-16) 全て読む

北理研が冬季研究大会開く 1年間の成果を共有 実践報告、研究発表、講演など

北理研冬季研究大会 道小学校理科研究会(=北理研、永田明宏会長)は十二日、札幌市立宮の森小学校で第十二回冬季研究大会を開いた。全道の各支部から約百二十人が参加。研究主題「仲間と共に自然を見つめ、学ぶ喜びを生み...

(2018-01-16) 全て読む

釧路市校長会・教頭会が学校経営研 100人参加 鈴木釧路局長講演 新しい時代の経営実現へ

校長教頭会学校経営研 【釧路発】釧路市小中学校長会(大山稔彦会長)・釧路市小中学校教頭会(三上裕生会長)は十日、釧路教育研究センターで第六十一回釧路市学校経営研究協議会を開いた。市内の管理職約百人が参加。講演や...

(2018-01-16) 全て読む

【新春インタビュー 4種校長会長に聞く④】共生社会形成へ相互理解を 道特別支援学校長会会長 宮崎真彰氏

四種校長会インタ④道特支学校長会宮崎真彰 ―校長会として新年の展望をお聞かせください。  学習指導要領が改訂されました。各校においては、順次の実施に向けて、教育課程の整備を進めていますが、今改訂を特別支援教育の視点でとらえると、...

(2018-01-15) 全て読む

道高校長協会29年度後期研 人材の発掘・育成を 川口会長あいさつ概要

道高校長協会後期研川口会長あいさつ 道高校長協会二十九年度後期研究協議会(九日、ホテルライフォート札幌)における川口淳会長のあいさつ概要はつぎのとおり。  本協会として本年、取り組むことやお願いすることについて申し上げたい...

(2018-01-15) 全て読む