北理研が札幌支部教育研究大会 教師の一言に大きな力 「感性研ぎ澄ませて」三木会長
(関係団体 2019-10-02付)

北理研第4回札幌支部大会・開会式
授業公開や研究発表を通して、研究を深めた

 道小学校理科研究会(=北理研、三木直輝会長)は9月27日、札幌市立八軒西小学校で第4回札幌支部理科教育研究大会を開いた。小学校3~6年の4授業を公開したほか、研究提言や授業分科会を通し理科教育の充実を目指した。全体会であいさつした三木会長は、教師が子どもにかける一言に大きな力があることを指摘し、向かい合うことの必要性を説いた。

 北理研は研究主題を「自然との関わりを求め、知がつながる問題解決」と設定。研究の重点として「経験が活きる単元構成」「知のつながりを促す教師の関わり」の2点を据え、研究を進めている。

 全体会では三木会長があいさつ。教師が子どもにかける一言に大きな力があるとし、「子どもたちの発言や何気ないつぶやき、ノートに書かれた一言を私たち教師は感性を研ぎ澄ませてとらえ、子どもの論理に目を凝らし、向かい合っていかなければならない」と話した。

 また、授業公開や授業分科会を通して大会が実り多いものとなるよう求めた。

 会場校の仲島惠美校長は「大会の成果をつぎの大会に確実につなげるよう、きたんのない意見をお願いしたい」とあいさつした。

 来賓あいさつでは札幌市教委教育課程担当課の鈴木圭一企画担当係長が登壇。新学習指導要領の評価の方針や授業などについて、北理研が長年にわたって取り組んでいる子ども主体の問題解決が焦点となることにふれ「大会の成果を札幌市の教育の一層の充実に還元してほしい」と呼びかけた。

 続いて、北理研の高畠護研究部長が研究提言した。重点の「経験が活きる単元構成」については、子どもの学習・生活の経験をとらえ、それぞれの単元に活用していることを説明。「知のつながりを促す教師の関わり」では、子どもたちの工夫が生かされるような学習展開、経験や考えを位置付ける板書構成などに取り組んでいることを紹介した。

 また、八軒西小の佐々木歩研究部長が研究提言。同校の研究主題「たくましく学ぶ子の育成」のもと、研究の視点として「学びの積み上げ」「深まる問題解決」の2点を据えて研究に取り組んでいることを説明した。

 このあと、授業公開や授業分科会を行った。

◆八軒西小6年 てこのはたらき 反比例の規則性とらえ

 北理研の第4回札幌支部理科教育研究大会では、八軒西小3~6学年の4授業を公開した。このうち、井上友美教諭は6年1組(児童数25人)の「てこのはたらき」を指導。それぞれの位置でくぎを抜くための力を明らかにしたほか、画用紙に結果を記入させるなど、反比例の規則性をとらえさせるよう授業を展開した。

 授業は10時間扱いの4時間目。本時の目標を「くぎ抜きのモデル実験を通して、必要な力は支点からの距離によって大きく変わることに気付き、支点からの距離と力の大きさが反比例の関係になっているという認識をもつ」と設定した。

 前時までに、くぎ抜きを使ってくぎを抜く実験を実施。力点を変えることで、くぎの抜きやすさが「変化する」「変化しない」などと児童それぞれがとらえている。

 井上教諭は、支点からの距離によってくぎを抜くために必要な力はどのように変わるか問いかけた。

 前時までの学習や生活経験から、児童に「この距離だったら半分くらいの力で抜ける」「支点から離れると軽くなる」などと予想させた上で、支点からの距離と必要な力を測るくぎ抜きのモデル実験を行った。

 全体交流では、支点からの距離と必要な力について「反比例になっている」「(反比例だから)実際にない目盛りも予想できる」などの意見を取り上げるなど、算数で学んだことが結び付けられることに気付かせた。

 また、画用紙のグラフにくぎを抜くために必要な距離と重さをシールで貼ることで見通しの違いを浮き彫りにさせたほか、結果を蓄積することで反比例の規則性をとらえられるように取り組んだ。

 授業公開後は授業分科会を実施。井上教諭の授業について、札幌市教委教育課程担当課の鈴木圭一企画担当係長は、観察実験の考えを引き出す声かけなどの工夫にふれ「児童の主体的な問題解決が、しっかりと持続する姿につながっていた」と話していた。

(関係団体 2019-10-02付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む