新指導要領対応の授業を 札体研が第29回研究大会
(関係団体 2019-10-08付)

札体研第29回研究大会・開会式
参加者は研究討議などを通じて授業力の資質・向上を図った

 札幌市学校体育研究連盟(=札体研、鈴木真委員長)は4日、市立伏見小学校(佐藤辰也校長)で第29回研究大会を開いた。研究主題「分かる・伸びる・関わる体育活動の充実~主体的・対話的で深い学びを生む体育学習」のもと、同校5年生の授業公開、研究協議などを実施。新学習指導要領に対応した授業を目指し研鑚を深めた。

 札体研は研究の視点に、①主体的・対話的な姿を生む教材化と学習過程②主体的・対話的な姿を生むかかわり③深い学びを生む評価―の3点を設定し、活動を推進している。

 授業公開後に行われた開会式では、鈴木委員長があいさつ。札体研が50周年を迎えたことにふれ、「半世紀という輝かしい歴史を迎えたことは札体研魂と精神が受け継がれていることを実感。2年後と5年後に開催する道体育研究会、6年後の全国学校体育研究大会を視野に入れた準備にも取り組んでいくほか、今後も札幌の子どもたちの健やかな体の育みを目指す」と述べた。

 研究討議では市立駒岡小学校の石黒智志教諭が、公開授業の概要を説明。

 参加者からは「振り返りのあとに再度試技するなど、もう一度、体を動かして実践してもよかったのではないか」などの意見が挙がり、積極的な討議が行われた。

◆“好きな感じ”味わう 札幌市伏見小5年跳び箱運動

札幌市学校体育研究連盟の第29回研究大会では、伏見小学校5年3組跳び箱運動「台上前転」(秋元来舞教諭、児童数28人)の授業を公開した。児童は、どのようにして“自分の好きな感じ”を味わうことができるか考えながら、様々な場所で台上前転に挑戦した。

 同授業は6時間扱いの5時間目。単元を通した授業のねらいは「My開脚跳び(自分の好きな感じ)を求める中で、好きな感じ(感覚)を味わうためには、着手や踏み切りなどの要素が大切であることに気付き、開脚跳びをすることができる」とした。

 前時までに児童たちは、マットを重ねたものや高さの低い跳び箱などやさしい場で台上前転を行ってきた。

 様々な場での台上前転を通して、「フワッと落ちる感じが好き」「バンと踏み切ると楽しい」など、「自分の好きな感じ」の台上前転を実感するためにどのように動くべきか考えている。

 本時の目標は、①台上前転を通して踏み切りや着手、腰の高さなど体の使い方を意識し、跳んだときの実感の差に気付く②安定した台上前転を行う―の2点とした。

 はじめに秋元教諭は、前時で「自分の好きな感じ」の台上前転を味わうことができた児童に試技を行わせた。

 試技のあと「何を意識していると思うかな」と他の児童に問うと、児童は「手を着く位置」「ジャンプの仕方」などと回答。技能のポイントに目を向かせることでどのように動いたらよいのかを考えさせた。

 児童は、高さの違う跳び箱やマットを重ねたものなど、様々な場所で台上前転を行った。

 秋元教諭は、跳び箱の隣や手を着く位置の付近に印を用意し「どこまで腰が上がっていたのか」「手を着く位置はどのあたりだったか」などを児童同士で確認させ、具体的にアドバイスをし合いながら運動させた。

 授業のまとめでは、「どうすれば“自分の好きな感じ”を味わえたかな」と質問。児童は「腰の位置を前よりも高く上げたら味わえた」「深くジャンプすると気持ちよく飛べた」などと回答した。

 児童同士で意見交換させながら振り返りシートに記入し、「自分の好きな感じ」と技能のポイントを結び付けた。

 授業後の研究討議では「“○○な感じ”を切り口に単元の導入段階で授業を行っていくのは非常によい」「“○○な感じ”だけでなく、もう少し深く言語化していかなければ、子どもたちは動きの感覚を忘れてしまうのではないか」などの意見が出た。

(関係団体 2019-10-08付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む