道へき・複連が研究大会空知大会開く 第10次研究の成果披露 300人参加 分散会、公開授業など
(関係団体 2019-10-04付)

へき複研究大会空知大会
南長沼小では3・4年生の算数科授業などを公開した

 【岩見沢発】道へき地・複式教育研究連盟(古田統委員長)は9月19日から2日間、岩見沢市内の北海道グリーンランドホテルサンプラザなどで第68回全道へき地複式教育研究大会空知大会を開いた。研究主題「主体的・協働的に学び、ふるさとへの誇りと愛着をもった人間性豊かな子どもの育成~児童生徒一人一人が仲間とつながり、地域とともに“生きる力”を伸ばす学校・学級経営と学習指導の充実をめざして」のもと、本年度スタートした第10次長期5ヵ年研究推進計画初年度の成果を基調報告や分散会での提言、公開授業などを通して披露。道内各地から300人が参加し、へき地・複式教育の充実・発展に向けて意見を交わした。

 空知へき地・複式教育研究連盟主管。

 開会式であいさつした古田委員長は、本年度が第10次長期5ヵ年研究推進計画の初年度であることにふれ、「新たな第一歩を示す重要な大会である」ことを強調した。

 続いて、全国へき地教育研究連盟の柿崎秀顕会長、空知教育局の竹林亨局長、空知管内市町教育委員会教育長会の三角光二会長が祝辞。うち、竹林局長は「子どもたちが学んだことの意義を実感できるよう、体験的な活動など多様な学習活動を展開することが大切」と述べ、大会の成果に期待を寄せた。

 基調報告では、空知へき地・複式教育研究連盟の山下正志研究部長が全道へき地・複式教育連盟の研究や前年度のプレ大会の成果と課題などを説明した。

 このあと、3会場に分かれ分散会。分散会=(学校・学級経営)では、別海町立上風連小学校の中田宗秀教諭が「新しい時代を拓く 開かれた学級経営を創造する~主体的に考え,論理的な表現力の育成を目指す」、分散会=(学習指導①)では、千歳市立東小学校の佐藤昌二教諭が「主体的に考え、互いに考えを伝え合い、すすんで学ぶことのできる子どもの育成~一人一人の学びを広げる授業をつくる」、分散会=(学習指導②)では、中富良野町立西中小学校の清水奈月教諭が「主体的に学び、自分の考えをわかりやすく伝える子の育成~言語活動を生かし,自ら考え、対話する国語科の授業づくりを通して」と題して提言した。

 2日目は、深川市立北新小学校、深川市立納内小学校、美唄市立幌延小学校、岩見沢市立メープル小学校、栗山町立継立小学校、長沼町立長沼舞鶴小学校、長沼町立南長沼小学校の7会場で分科会を開き、公開授業や研究協議を行った。

 各分科会の研究主題、公開授業・授業者はつぎのとおり。    =敬称略=

▼第1分科会=深川市立北新小学校(山田禎史校長)

▽研究主題「主体的に学び、互いに成長しようとする子の育成」

▽公開授業

①国語3年「わすれられないおくりもの」・4年「一つの花」(西山美幸)

②算数5年「三角形や四角形の角」・6年「角柱と円柱の体積」(浦瀬潔)

▼第2分科会=深川市立納内小学校(阿部博昭校長)

▽研究主題「協働的な関係を築き、集団としての学習力を高めるために~算数科における コミュニケーション能力を生かした授業の構築」

▽公開授業

①算数3年「かけ算のひっ算(1)」・4年「がい数を使った計算」(佐々木恵美)

②算数5年「わり算と分数」・6年「速さ」(種市和幸)

▼第3分科会=美唄市立峰延小学校(山下正志校長)

▽研究主題「自己学習力を身につけ、学び続ける子どもの育成~算数科における効果的な間接指導のあり方」

▽公開授業

①算数3年「重さ」・4年「面積」(畠中真喜子)

②算数5年「単位量あたりの大きさ」・6年「比例と反比例」(中村琢也)

▼第4分科会=岩見沢市立メープル小学校(加藤康徳校長)

▽研究主題「自分の考えを表現し、深め合う子どもの育成~伝え合い活動の工夫を通して」

▽公開授業

①国語2年「さけがおおきくなるまで」(田中岬)

②国語5年「大造じいさんとがん」・6年「きつねの窓」(山田幸彦)

▼第5分科会=栗山町立継立小学校(近藤弘隆校長)

▽研究主題「主体的に話し合い、互いに高め合う子どもの育成~進んで発表し合い、考えを深めるための算数科の指導の工夫」

▽公開授業

①算数3年「分数」(伊藤達寛)

②算数5年「分数の大きさとたし算・ひき算」・6年「円の面積」(鈴木勝司)

▼第6分科会=長沼町立舞鶴小学校(松縄義道校長)

▽研究主題「共に学び、互いに高めあえる子どもの育成~根拠を明確にし、自らの考えを表現できる算数科の指導を通して」

▽公開授業

①算数3年「円と球」・4年「面積」(勝俣美穂子)

②算数5年「単位量あたりの大きさ」・6年「比例と反比例」(櫻間睦子)

▼第7分科会=長沼町立南長沼小学校(北野和幸校長)

▽研究主題「学び合い考えを深める子どもの育成~“主体的・対話的で深い学び”を実現する算数科の授業づくり」

▽公開授業

①算数3年「かけ算の筆算」・4年「整理の仕方」(田中序枝)

②算数5年「単位量あたりの大きさ」・6年「円の面積」(神谷民枝)

(関係団体 2019-10-04付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む