伝える経験積む授業構築 札中英研が第8回研究大会開く
(関係団体 2019-10-09付)

札中英研第8回研究大会
公開授業や授業交流を行った

 札幌市中学校英語教育研究会(=札中英研、中村邦彦会長)は4日、札幌市立明園中学校で第8回研究大会を開いた。研究主題「“英語を使って何ができるようになるか”を重視した授業づくり」のもと、外国人に札幌の魅力を伝えることを目指した2年生の授業を公開。授業交流を実施するなど、中学校英語教育の充実に向けて研鑚を積んだ。

 開会式で中村会長があいさつ。札中英研が自分の本当に伝えたいことを大切にして、伝える経験を積ませる授業の構築について研究していることにふれ、「公開授業の中で感じ取ってほしい」と話した。

 続いて、武富洋一研究部長が研究主題「“英語を使って何ができるようになるか”を重視した授業づくり」を解説。

 副題に「主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善」を設定したほか、研究の重点に、①生徒の思考を揺さぶる学習課題の設定②やり取りや即興性を意識した言語活動③思考力・判断力・表現力を高める協働的な学び④CAN―DOリストを活用した自律的な学習者の育成―の4点を据えて、研究を進めていることを説明した。

 このあと、同校の磯麻耶教諭が授業を公開したほか、グループ別の授業交流などを行った。

◆やり取りや即興性意識 明園中の磯教諭が授業

 札幌市中学校英語教育研究会の第8回研究大会では、明園中の磯麻耶教諭が2年3組(生徒数40人)の「SUNSHINE ENGLISH COURSE 2 PROGRAM6 ―A Work Experience Program」を公開。ペアやグループでの活動など、やり取りや即興性を意識した言語活動、協働的な学びを取り入れた授業を展開した。

 本時は9時間扱いの2時間目。

 磯教諭は、本時の目標を「外国人観光客にとっての札幌の魅力について、考え、伝えようとする」「外国人観光客と一緒に行きたい観光スポットや買ってあげたいお土産について、読み手に伝わるように書き、他者のメッセージを読んだり聞いたりして内容を理解する」「不定詞の名詞的用法の正しい使い方を理解する」と設定した。

 学習課題「外国人に札幌の魅力を伝えよう」のもと、前時で学習した「want to+動詞の原形」を復習。ペアでの会話では、アイコンタクトやボディランゲージを用いるほか、相づちや聞き返しなど反応の大切さを求めるなど、やり取りや即興性を意識した言語活動を展開した。

 続いて、香港在住のkomiさんのビデオレターを上映。視聴した内容を答えさせたあと、札幌を案内する際に「どこに行くか」「札幌のお土産に何をプレゼントするか」をグループで考えさせた。

 札幌ドームや円山動物園、モエレ沼公園などグループで紹介する場所を決めたあと、「もしあなたが円山動物園を訪れるなら、〇円かかる」など、例を出すことで「If」「Should」など既習の知識を用いながら表現できるように取り組んだ。

 このあと、グループで作成したメッセージシートを他グループが読む活動を実施。他グループのメッセージでよいと思うところにアンダーラインを引かせたほか、「Sound nice!」などのリアクションコメントのシールを貼るなど、生徒同士が協働的に学べるよう工夫を凝らした。

 前時の復習やビデオレターの視聴など「聞く」「話す」、グループでメッセージを作成したほか、他グループのメッセージを読むなど「書く」「読む」と、4技能を統合した言語活動を展開した。

 授業交流では、磯教諭の授業について「生徒たちは集中して一つ一つの活動に積極的に取り組んでいた」「生徒同士が役割分担するなど、協働的な学びとなっていたが、今後はグループの中で先生役の生徒をつくることでより協働的な学びが深まるのでは」などの意見が出た。

 札幌市教委研修担当課の上野智恵美研修担当係長は「外国語のコミュニケーションによる見方・考え方を働かせる授業だった」と話した。

この記事の他の写真

札中英研第8回研究大会・公開授業
外国人観光客に観光スポットを紹介する授業を展開した

(関係団体 2019-10-09付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む