室蘭で特別支援振興・PTA合同大会 豊かな学びと社会参加を 420人参加 体験発表、講演など
(関係団体 2019-10-03付)

道特別支援振興・PTA合同大会
共生社会実現に向け、その在り方を考察した

 【室蘭発】第54回道特別支援教育振興大会・第44回道特別支援教育関係PTA研究大会・第19回合同大会胆振大会が9月28日から2日間、室蘭市内の室ガス文化センターで開かれた。道内の特別支援教育関係者約420人が参加。大会主題「障がい児・者の豊かな学びと社会参加を求めて~豊かに学び生きがいのある生活を実現する支援の在り方」のもと、分科会や講演などを通して、家庭・学校・地域社会における共生社会の在り方について理解を深めた。

 全国特別支援教育推進連盟、道特別支援教育関係PTA連絡協議会、道特別支援学校長会、道特別支援学級設置学校長協会が主催。道、道教委、道特別支援学級教育研究連盟、道社会福祉協議会、室蘭市、室蘭市教委、伊達市教委、室蘭市社会福祉協議会、伊達市社会福祉協議会が後援。

 大会では、研究主題のもと、①生きがいのある生活を実現する発達支援の推進②安心して暮らすための連携支援の推進③豊かな学びや余暇を支援する地域活動(PTA活動等)の推進―の3点を大会課題に設定した。

 初日の開会式では、道特別支援教育関係PTA連絡協議会の船山大介会長があいさつ。一番大切なこととして「子どもたちの可能性を信じ、社会に能動的にかかわり自己選択・自己実現する力を養うこと」と強調。障がい者の雇用に関しては「正しい情報の共有・拡散を地道に、確実に続けなければならない」と訴えた。

 続いて、来賓として道教委学校教育局の宇田賢治特別支援教育担当局長と室蘭市の青山剛市長があいさつした。

 顕彰式では、船山会長が本道における特別支援教育の発展に寄与したPTA役員などに表彰状を手渡し、功績をたたえた。

 次いで、道内特別支援学校の卒業生4人が体験発表。生涯学習の視点から、社会参加と自立に向けた体験や将来の夢・希望などについて発表した。

 初日は発達支援(視覚障がい、聴覚障がい、肢体不自由・病弱、知的障がい)、連携支援、地域活動の3部会に分かれて協議も行った。

 2日目は、ウィルチェアラグビー日本代表の池崎大輔さんが「夢や希望の実現に向けた地域および支援団体とのつながり~“夢”そしてその先へ 東京パラリンピック2020」と題し講演した。

(関係団体 2019-10-03付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む