道教委 新時代支える働き方改革 検証サイクルで効果 旭川市知新小が最終報告会
(学校 2020-03-17付)

旭川市立知新小最終報告会
成果と課題などを報告する金川教諭

 【旭川発】旭川市立知新小学校(本間祐一校長)は12日、同校で道教委「新時代の教育を支える働き方改革促進事業」の最終報告会を開いた。同校教職員をはじめ、上川教育局の川島政吉主幹など25人が参加。同校と民間コンサルタントとを中継でつなぎ、中間報告会後に取り組んだ内容の成果と課題や次年度の校務分掌に加える事項などを提案した。成果として、検証サイクルを取り入れることで活動の効果が上がったことなどが示された。

 事業は、学校における働き方改革の実現を図るため、教育局主幹(働き方改革)と対象校、民間コンサルタントと協働して取り組むもの。

 全道の学校で実践可能な取組と持続・自走可能な具体的助言などを含めた業務改善手引書を作成することが目的。上川管内では、旭川西高校と知新小が対象校となっている。

 本間校長があいさつ。「次年度は改善した教育課程を確かに実施していくこと、改善した学校運営組織を確かに推進させていくことが改革の本丸となる。引き続き、高い意識をもって取り組んでいきたい」と話した。

 次いで、働き方改革推進委員長を務める金川奈緒教諭が、自校の実態や中間報告会後の取組、成果などについて報告した。

 11月に立ち上げた職員室環境・校内環境・定時退勤・ICTの4つのプロジェクトチームが取り組んできた内容を紹介。定時退勤プロジェクトチームは、出退勤について意識するため、職員室に出退勤時間が誰でも分かるように名札を貼って知らせる「自分マネジメントボード」の見直しに取り組んだ。

 改訂版では、時間幅を広くして年休や早退などをためらわずに取得できるよう工夫したり、午後5時以降の欄には「今日は、定時退勤日!」と視覚的に分かるポップで目立たせたりしたことを説明した。

 全体を通した成果として、「働き方改革における意識改革を図ることができた」「迅速かつ効果的な検証サイクルを取り入れることで、活動の効果が上がった」などを挙げた。

 課題として「時間外勤務月45時間以内の達成には、各分掌の業務改善も重要」と分析した。

 続いて、各分掌部長から次年度に盛り込む事項などを、また、㈱インソースの杉山晋一代表取締役執行役員社長が手引書について説明した。

◆旭川西高と旭川市知新小 校務分掌等の新たな項目

 道教委の「新時代の教育を支える働き方改革促進事業」に取り組む旭川西高校(遠藤孝一校長)と知新小学校は、それぞれ実施した最終報告会での成果と課題を踏まえ、次年度の校務分掌などに新たに盛り込む項目などを提案した。

 各学校の提案事項はつぎのとおり。

【旭川西高】

▼分掌組織

▽人員配置変更―マネジメントグループ7人、スタディサポートグループ11人、キャリアサポート11人、学年主任3人、研究開発グループ7人

▽組織編成では、人員配置の簡略化や配置の自由度を高めることなどを図って、学年や担任・副担当のバランスについて配慮

▽統合や委員数を減らすことで開催しやすく、機動力を高め効率化を図るため、委員会の所管分掌を変更

▽臨機応変な協働体制づくりと、短いサイクルでの組織改善を行うため、12月を目途に教頭と各グループリーダーが次年度の人員配置について協議

▼学年組織

▽担任の学年持ち上がりを原則とせず、1年単位の配置も検討

▽学年内の教科バランスについて配慮

▼学校改善

▽データと薄冊による引き継ぎの徹底、実施要領には準備の人員・スケジュールや留意事項の記述などを行い、業務を引き継いでいく

▽グループリーダーが年度後半の計画・担当割り当てを見直す

【知新小】

▼分掌改善プラン〈教務部〉

▽日課・週時程の見直し、会議の精査等を通じて教材研究の時間を確保

▽Eライブラリの一層の活用を目指して、教職員用の研修等の機会を設定

▼学校改善プラン〈研究部〉

▽研究主題・仮説ベースではなく、授業改善プロジェクトで進めていく

▽研修日を従来のミニ研修としながら授業改善に直結する内容、計画を立てる

▼学校改善プラン〈生徒指導部〉

▽歌フェスは年2回開催だったものを年1回開催(7月)に変更するなど、時間縮減を図って整理

▽安全マップを来年度中に見直し、落雪情報なども盛り込み整理

▼学校改善プラン〈事務部〉

▽印刷機器等の使用方法について効率的・効果的な考察をしていく

▼学校改善プラン〈保健体育部〉

▽マラソン・なわとびは、個人記録掲示は行わないほか、体育の準備で取り入れるよう提案

▽フッ化物の実施要領、手洗い石けんの補充について変更

▽給食の食数、給食試食会の改善など

(学校 2020-03-17付)

その他の記事( 学校)

建設業の魅力を肌で 稚内市潮見が丘中の生徒 新設カーリング場見学

潮見が丘中工事現場見学会  【稚内発】稚内市立潮見が丘中学校(塩﨑由雄校長)は2月中旬、市内で整備が進むカーリング場新設工事の見学会に参加した。生徒たちは、市の新たな顔として建設を進める工事現場を間近で見ることで、建...

(2020-04-03)  全て読む

文科省SSH 道内2年度内定校 函館中部と札幌啓成に 教科・科目融合型研究など

 文部科学省の令和2年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に、本道から基礎枠の開発型として函館中部高校、実践型として札幌啓成高校が内定した。函館中部高は、課題研究を中心とした教科・科目...

(2020-04-03)  全て読む

文科省 子供の読書活動優秀実践 道内受賞者

 文部科学省が決定した令和2年度文部科学大臣表彰(子供の読書活動優秀実践校等)のうち、道内の受賞校3校、図書館2館、団体2団体の活動概要はつぎのとおり。 ◆優秀実践校 ▼羽幌町立羽幌小学...

(2020-04-03)  全て読む

羽幌小などに栄誉 子供の読書活動優秀実践校等 文科省

 文部科学省は、令和2年度文部科学大臣表彰(子供の読書活動優秀実践校等)の受賞校・受賞図書館・受賞団体を決定した。読書活動の一層の推進に資するため、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高める...

(2020-04-02)  全て読む

道教委・英語力向上事業指定校の実践 海外生活を想定 札幌国際情報高 伝え、議論する態度育成 コミュニケーション能力も

 道教委の高校英語力向上事業の指定校である札幌国際情報高校(阿部穣校長)は、英語で考えを伝え、議論する態度と技能を育てる教育実践を進めている。2人1組で議論するMock Debate、地域の...

(2020-03-31)  全て読む

一斉休業中の情報発信 札幌市平岡公園小 分散登校や卒業式も細やかに HPアクセス 1日250超

 札幌市内の各学校は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う一斉休業中の情報発信に努めている。平岡公園小学校(田川則紀校長)では学校ホームページを活用し、分散登校時の児童の様子を紹介するなど、保護...

(2020-03-31)  全て読む

オリパラ教育推進事業拠点校 努力を尊ぶ態度醸成 名寄小・士別中が成果を

 【旭川発】令和元年度オリンピック・パラリンピック教育推進事業拠点校の名寄市立名寄小学校(林雅裕校長)と士別市立士別中学校(田中明人校長)は、1年間の実践内容や成果などをまとめた。  名寄...

(2020-03-31)  全て読む

道教委・英語力向上事業指定校の実践 地元在住外国人招く 本別高 地域の魅力・課題考える 困り感把握へ調査など

 【帯広発】本別高校(近藤浩文校長)は本年度、道教委の道高校英語力向上事業のタイプIの指定校として学習プログラムの開発研究を進めた。1年生特別単元「地域在住外国人と地域の魅力や課題を考える」...

(2020-03-31)  全て読む

春休みの過ごし方などしおりで示す 中札内小

 【帯広発】中札内村立中札内小学校(大熊孝史校長)は、児童が春休みを有意義に過ごすことができるようにするため、『春休みのしおり』を発行した。  新型コロナウイルス感染症対策による休業などで...

(2020-03-30)  全て読む

【リポート】札幌視覚支援の遠隔システム活用 制約乗り越え指導力向上 弱視特別支援学級と連携・接続

 全国で遠隔システムの活用が進む中、道内特別支援学校でも取組の輪が広がりつつある。札幌視覚支援学校(木村浩紀校長)は、遠隔テレビ会議システムを積極的に活用し、各道立盲学校との連携を強化。遠隔...

(2020-03-27)  全て読む