リポート 新型肺炎 チーム結成し対応 子の安全・健康を守る 状況打開へ札幌市内校長・園長
(コロナウイルス関連 2020-03-18付)

 新型コロナウイルス感染症の猛威に教職員らが頭を悩ませる中、子どもたちの安全・健康を守るため、札幌市内の校長・園長らは一丸となって対応策を検討している。

 札幌市内の小学校数は201校(分校を含む)で、児童数や校舎規模など実態は様々。前例のない事態に対応しなければならず、教職員は判断に苦慮することもある。

 子どもたちの健康のために適切な判断や行動を行うべく、札幌市小学校長会は「新型コロナウイルス感染症対応チーム」を設置した。各教育団体の研究大会や研修会等は中止となって教員同士の連携が取りにくい状況の中、状況を打開すべく各現場の情報収集・提供を図っている。

 チームは4人の校長らで編成。

 チームのリーダーは各学校での対応における困り感や実践例などについて、ICTを活用して各校長から情報を収集している。

特に校長らが頭を悩ませるのが卒業式や分散登校などの各種行事だった。

 市教委では、9日に卒業式の対応について、10日には分散登校の実施について通知を発出。チームでは、行事への対応について各校の問い合わせ事項などを集約。市教委に質問内容を送った。

 市教委では対応に関するQ&Aを作成するなど、子どもたちの安全・健康を守るため、チームが学校と市教委との調整役として取組を進めている。

 現在は、卒業式に向けて、「卒業式の様子を撮影した映像をDVDで配る」など各校の卒業式での様々な取組を情報収集。情報を整理して各校と共有を図っている。

 各種行事以外にも、各校独自で取り組んでいる感染予防対策を共有。「手洗い、うがいは休み時間後は混雑する。自校では学年ごとに水道の場所を定めている」など細かい点にも配慮を欠かさない。 

 学校に備蓄しているアルコールやマスクも不足する可能性があることから、判断が不可能なものについてはリーダーが意見を取りまとめ、市教委に情報提供した。

 このほか、対応にかかわって個別の質問や相談なども実施している。

 札幌市立幼稚園・こども園長会でも同様の取組がみられる。

 幼稚園、認可保育所、認定こども園については一斉休業の対象とはなっていない。保護者に向け、幼児を受け入れるに当たっての留意事項を市教委と園長会が連携して文書にまとめた。

 文書には、家庭での保育が可能な世帯はなるべく家庭で過ごすことができるよう求めたほか、今後の行事予定などについて保護者に分かりやすく伝えている。

 また、登園に当たっての消毒作業の実施方法や実施時間など、不明点についても組織内で共有を図っている。

 分散登校が始まり、緊張感を保つ今、教室に子どもたちの笑い声が戻る日はいつになるのか。未曾有の事態にも冷静にリーダーシップを図り、子どもの安全・健康を守ろうという使命感にあふれた校長・園長らの姿がみられた。

(コロナウイルス関連 2020-03-18付)

その他の記事( コロナウイルス関連)

帯広柏葉高に消毒液 地元建設団体 教育活動支援

二建会・アルコール消毒液寄贈  【帯広発】帯広柏葉高校(吉瀬献策校長)は6月29日、帯広二建会からアルコール消毒液の寄贈を受けた。吉瀬校長は「生徒用玄関や体育館など生徒が多く集まる場所に置き、有効に活用させていただく」と...

(2020-07-13)  全て読む

感染防止へマスクを 壮瞥高へ 伊達の建設業者

壮瞥高・マスク寄贈  【室蘭発】壮瞥高校(古谷尚校長)は6月29日、伊達市の北紘建設㈱(笹山智市社長)からマスクの寄贈を受けた。北紘建設が生徒の健康維持と安全・安心のため、依然として希少なマスクを寄贈したもの。...

(2020-07-13)  全て読む

釧路市教委が7月から 子どもの姿 動画で配信 市内小中41校の保護者限定

釧路市教委授業動画配信  【釧路発】釧路市内の小・中学校41校は7月から、児童生徒の校内での様子を撮影した動画を保護者限定でホームページで閲覧できるサービスを始めた。教室での授業風景や調理実習、運動などの様子を配信...

(2020-07-13)  全て読む

学校給食へ道産牛肉提供 10日までに90校実施 追加の申込開始へ 道

 道は2日、新型コロナウイルス感染症の影響で需要が落ち込んでいる道産牛肉を学校給食に無償提供する「道産牛肉学校給食提供推進事業」を開始した。現在、道内の小・中学校、義務教育学校、特別支援学校...

(2020-07-10)  全て読む

小樽市望洋台中が全校生徒対象に オンラインで体験授業 基本な使用方法を確認

 【小樽発】小樽市立望洋台中学校(伊藤仁弥校長)は6月中旬から下旬の5日間、ウェブ会議システムZoomの体験授業を行った。全校生徒を対象に実施。新型コロナウイルス感染症による不測の事態が発生...

(2020-07-10)  全て読む

道社連「板書型指導案」 3~6年生向け 再開後の授業の手立てに 授業展開のイメージ明確に 特別編小学校版を作成

 道社会科教育連盟(=道社連、山下豊委員長)は、社会科板書型指導案~特別編小学校版を作成した。新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休業後の社会科学習について、3~6年生の授業における指導案を示...

(2020-07-09)  全て読む

倶知安農高生のプランター 工事現場に彩り添える 業界団体協力 余剰苗用い

倶知安農高生制作プランター活用  【小樽発】倶知安農業高校(近江勉校長)の生徒が育てた花のプランターが、後志管内の工事現場事務所等に設置されている。新型コロナウイルスの影響によって毎年開催している販売会が中止となったことか...

(2020-07-09)  全て読む

祭り中止で泊小に菓子 「寂しさ紛らせて」と地元企業

 【小樽発】泊村立泊小学校(山本康博校長)に3日、地元企業、茅沼建設工業㈱(三宅節雄社長)から菓子が贈られた。新型コロナウイルス感染症の影響で村内の神社祭典が中止となったため企画されたもので...

(2020-07-09)  全て読む

釧路市教委 修学旅行等の方針 2学期以降に実施へ 小学校運動会 午前中のみ

 【釧路発】釧路市教委は、市立小・中学校の修学旅行や運動会、体育祭などの行事を2学期以降に実施する方針を決めた。小学校の運動会は午前中のみとするほか、人が密集しない方法を工夫。今後、各校は日...

(2020-07-09)  全て読む

上川局 コロナ対応で先行実施 Zoom活用し学校訪問 来年度以降の継続を検討

上川局コロナ対応学校訪問zoom活用  【旭川発】上川教育局は、6月下旬からウェブ会議システムZoomを活用した学校訪問を一部先行実施している。  上川局では、新型コロナウイルス感染症の影響で本年度の学校訪問を6月中旬から開始...

(2020-07-08)  全て読む