【リポート】札幌視覚支援の遠隔システム活用 制約乗り越え指導力向上 弱視特別支援学級と連携・接続
(学校 2020-03-27付)

 全国で遠隔システムの活用が進む中、道内特別支援学校でも取組の輪が広がりつつある。札幌視覚支援学校(木村浩紀校長)は、遠隔テレビ会議システムを積極的に活用し、各道立盲学校との連携を強化。遠隔授業や研修等を通して、障がい特性に応じた支援、指導力の向上に効果を上げている。今後は、道内すべての弱視特別支援学級への学習支援や、障がい種を越えた特別支援学校との連携・接続に力を入れていく。

 学校の小規模化が進む本道。視覚特別支援学校も例外ではなく、在籍者の減少によって対話的な学習の機会を設けることが難しい状況にある。加えて、広域分散型の本道においては学校間で頻繁に往復することが難しく、研修などの参加率が冬季の場合は低くなる傾向もある。専門性の向上や学校間連携を効率的に図るための働き方改革は急務となっている。

 こうした中、木村校長はICTの積極的な活用に乗り出し、遠隔テレビ会議システムを試験的に運用。道立盲学校各校や本庁、道立特別支援教育センターなどとの密な連携や実践の積み上げ、教職員らによる効果の実感が後押しとなり、本年度から本格導入した。

◆学習意欲高まる

 自立活動の授業では、全盲の教員が全盲の生徒を遠隔で指導。札幌視覚支援の教員の指導のもと、函館盲学校の生徒が、パソコン画面の音声読み上げソフト操作に必要な文字入力を練習した。

 細かい操作性を熟知した全盲の教員が、システムを通してリアルタイムで具体的にアドバイスしたことで、生徒の意欲が高まり、熱心に取り組むことができたという。

 障がい特性に応じた指導経験の浅い函館盲の教員にとっても、勤務校に居ながら専門性を生かした指導を目の当たりにすることで、効率的な専門性の向上につながった。

 また、英語の授業では、札幌視覚支援と盲学校3校、白老町立白翔中学校の弱視特別支援学級を接続。「現在完了形」の表現を用いて好きなことを発表し、聞き手が反応を返すやりとりを展開した。

 少人数学級のため、普段は仲間と共に学ぶ機会の少ない生徒たちの間に、システムを通して対話的な学習が実現。

 白翔中の担当教員は「生徒同士の会話が成立するだけでなく、仲間の学習状況を読み取ることが刺激となり、意識しながら学習に臨むことができていた」と評価。生徒の一人は、同じ教室で共に学ぶ感覚を実感したという。集団による学びの場を確保することで、生徒間のコミュニケーションのみならず、主体的・対話的で深い学びにつながった。

 道視覚障がい教育研究大会や専門性向上研修会、管理職研修会などでもシステムを活用。移動や旅費の負担を軽減して参加率を高めながら、効率的に学校間の連携を深めた。

◆準備から充実へ

 遠隔システムの輪は、他障がい種や全国との連携・接続を視野に入れ、さらなる広がりをみせる。3月には肢体不自由特別支援学校9校がシステムを導入。研修会などにおける、障がい種を越えた一層の連携が期待されている。

 市町村立弱視特別支援学級への学習支援を広げるための新たなツールの導入も試行。新型コロナウイルス感染症による臨時休業中、期間限定で無償提供されていた遠隔授業向けクラウドビデオ会議サービスを活用して各家庭と接続し、ホームルームを実施した。

 この試みからヒントを得て、今後、これまで実施しにくかった、システムを導入していない市町村立学校との連携を強化していく。

 木村校長は、「子どもたちの夢や希望を実現するために、積極的に展開していく」と展望。次年度の学校経営方針を「ICT等を活用し、学びの環境を整備する」から「充実する」とし、子どもたちにも教職員にも充実した教育活動が展開できるよう、つぎのステージに向けて取組を進める考えだ。

(学校 2020-03-27付)

その他の記事( 学校)

建設業の魅力を肌で 稚内市潮見が丘中の生徒 新設カーリング場見学

潮見が丘中工事現場見学会  【稚内発】稚内市立潮見が丘中学校(塩﨑由雄校長)は2月中旬、市内で整備が進むカーリング場新設工事の見学会に参加した。生徒たちは、市の新たな顔として建設を進める工事現場を間近で見ることで、建...

(2020-04-03)  全て読む

文科省SSH 道内2年度内定校 函館中部と札幌啓成に 教科・科目融合型研究など

 文部科学省の令和2年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に、本道から基礎枠の開発型として函館中部高校、実践型として札幌啓成高校が内定した。函館中部高は、課題研究を中心とした教科・科目...

(2020-04-03)  全て読む

文科省 子供の読書活動優秀実践 道内受賞者

 文部科学省が決定した令和2年度文部科学大臣表彰(子供の読書活動優秀実践校等)のうち、道内の受賞校3校、図書館2館、団体2団体の活動概要はつぎのとおり。 ◆優秀実践校 ▼羽幌町立羽幌小学...

(2020-04-03)  全て読む

羽幌小などに栄誉 子供の読書活動優秀実践校等 文科省

 文部科学省は、令和2年度文部科学大臣表彰(子供の読書活動優秀実践校等)の受賞校・受賞図書館・受賞団体を決定した。読書活動の一層の推進に資するため、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高める...

(2020-04-02)  全て読む

道教委・英語力向上事業指定校の実践 海外生活を想定 札幌国際情報高 伝え、議論する態度育成 コミュニケーション能力も

 道教委の高校英語力向上事業の指定校である札幌国際情報高校(阿部穣校長)は、英語で考えを伝え、議論する態度と技能を育てる教育実践を進めている。2人1組で議論するMock Debate、地域の...

(2020-03-31)  全て読む

一斉休業中の情報発信 札幌市平岡公園小 分散登校や卒業式も細やかに HPアクセス 1日250超

 札幌市内の各学校は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う一斉休業中の情報発信に努めている。平岡公園小学校(田川則紀校長)では学校ホームページを活用し、分散登校時の児童の様子を紹介するなど、保護...

(2020-03-31)  全て読む

オリパラ教育推進事業拠点校 努力を尊ぶ態度醸成 名寄小・士別中が成果を

 【旭川発】令和元年度オリンピック・パラリンピック教育推進事業拠点校の名寄市立名寄小学校(林雅裕校長)と士別市立士別中学校(田中明人校長)は、1年間の実践内容や成果などをまとめた。  名寄...

(2020-03-31)  全て読む

道教委・英語力向上事業指定校の実践 地元在住外国人招く 本別高 地域の魅力・課題考える 困り感把握へ調査など

 【帯広発】本別高校(近藤浩文校長)は本年度、道教委の道高校英語力向上事業のタイプIの指定校として学習プログラムの開発研究を進めた。1年生特別単元「地域在住外国人と地域の魅力や課題を考える」...

(2020-03-31)  全て読む

春休みの過ごし方などしおりで示す 中札内小

 【帯広発】中札内村立中札内小学校(大熊孝史校長)は、児童が春休みを有意義に過ごすことができるようにするため、『春休みのしおり』を発行した。  新型コロナウイルス感染症対策による休業などで...

(2020-03-30)  全て読む

【リポート】札幌視覚支援の遠隔システム活用 制約乗り越え指導力向上 弱視特別支援学級と連携・接続

 全国で遠隔システムの活用が進む中、道内特別支援学校でも取組の輪が広がりつつある。札幌視覚支援学校(木村浩紀校長)は、遠隔テレビ会議システムを積極的に活用し、各道立盲学校との連携を強化。遠隔...

(2020-03-27)  全て読む