札幌啓成高第3期SSHスタート 先進的教科横断の実践を 啓成STEAMを開発・普及
(学校 2020-05-28付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 札幌啓成高校(中西勝範校長)は、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、本年度から5ヵ年計画で研究を推進する。研究開発課題は「創造力を高める先進的教科横断の実践を...

(学校 2020-05-28付)

その他の記事( 学校)

気持ちよく走り回って 建設業者がグラウンド整備 旭川市知新小

 【旭川発】旭川市立知新小学校(千葉昌之校長)は4日、市内の建設会社・㈱花本建設(花本金行社長)の地域貢献活動の一環としてグラウンド整備の奉仕活動を受けた。同社作業員8人が児童が安全に遊ぶこ...

(2020-07-14)  全て読む

文科省 遠隔教育システム実証校 幌延中と附属函館中に 授業公開や企業見学など

 幌延町立幌延中学校(小野篤夫校長)と道教育大学附属函館中学校(中村吉秀校長)は、文部科学省「遠隔教育システム導入実証研究事業」の本年度実証校に決定した。幌延中は、道立高校教員や民族共生象徴...

(2020-07-14)  全て読む

池田高が不法投棄防止啓発活動 利別川の環境守る! 帯広開建などと合同で

池田高・不法投棄防止哲発活動  【帯広発】池田高校(古市俊章校長)は3日、音更町内の㈱北開水工コンサルタント、開発局帯広開発建設部(=帯広開建)と合同で、ごみ不法投棄防止の啓発活動と河川清掃活動を実施した。ボランティア部...

(2020-07-14)  全て読む

道教委フューチャープロジェクト 土木施工への理解深め 岩見沢農業高が単管ハウス設置

岩農高フューチャープロジェクト  【岩見沢発】本年度から道教委の実践的職業教育推進事業「専門高校フューチャープロジェクト」の研究指定校となった岩見沢農業高校(鎌田一宏校長)は7日、同校で単管ハウス設置に向けた土木施工の授業...

(2020-07-13)  全て読む

校地整備等で感謝状 美唄尚栄高が地元建設業者へ

 【岩見沢発】美唄尚栄高校(家近昭彦校長)は6月中旬、地元の建設業者の地域貢献活動や寄付に対する感謝状贈呈式を開いた。グラウンド・テニスコートの整備を行った㈱北有建設、校章付き垂れ幕と防災ヘ...

(2020-07-13)  全て読む

札幌市教委 市立高コンシェルジュ 本年度からNPOへ委嘱 学校の要望に幅広く対応

 札幌市教委は、広報活動や外部人材活用のコーディネートなど市立高校の教育活動を支援する市立高校コンシェルジュについて、本年度からNPO法人に委嘱して実施している。前年度までの2人体制から団体...

(2020-07-10)  全て読む

奥尻高イノベーション事業部 ネットでTシャツ販売 売上金は部活動遠征費に

 【函館発】奥尻高校(清水信彦校長)の生徒有志が立ち上げたオクシリイノベーション事業部(OID)は、インターネットショップでTシャツの販売を開始した。売上金は、部活動の遠征費として活用する。...

(2020-07-10)  全て読む

江別市上江別小 働き方改革実施計画 電子化等で負担軽減 月平均超勤42時間3分以内に

 道教委の働き方改革推進事業の指定を受けた江別市立上江別小学校(松井卓校長)は、実施計画をまとめた。①授業や教材準備・印刷等の雑務負担軽減②電子化による作業負担軽減③組織としての取組による効...

(2020-07-09)  全て読む

函館水産高がリモート講演会 食を通したつながり考察 高校OPENプロジェクト

函館水産高校リモート講演会  【函館発】道教委の「高校OPENプロジェクト」研究指定校の函館水産高校(亀山喜明校長)は6月下旬、同校でリモート講演会を開いた。水産食品学科の2・3年生合わせて68人が受講。公立はこだて未...

(2020-07-09)  全て読む

広尾小 働き方改革実施計画 情報を一元化・共有化 毎週の定時退勤を促す

 【帯広発】道教委の働き方改革推進事業の指定を受けた広尾町立広尾小学校(髙橋敏宏校長)は、実施計画をまとめた。校務支援システムなどを使って情報の一元化、共有化をスムーズに進め、毎週の定時退勤...

(2020-07-08)  全て読む