【解説】高校生の社会参加意識調査
(解説 2021-07-06付)

 国立青少年教育振興機構は、高校生の社会参加に関する意識調査報告書をまとめた。

 調査は、高校生の社会参加に関する意識や実態を把握し、日米中韓の調査結果と比較することで日本の特徴や課題を分析して若者の社会参加の推進を図る基礎資料とすることが目的。

 国内の調査は26都道府県の学校40校を対象に実施し、4623人から回答を得た。調査時点は令和2年9月~3年2月。

 調査結果をみると、日本の高校生は学校行事、部活・クラブ活動に積極的に参加している割合が55・0%と4ヵ国で最も高く、生徒会役員や部活・クラブ活動の部長・副部長の経験者の割合も高い。一方、寄付・募金活動、環境・自然保護など校外の活動への参加経験割合が最も低かった。

 国内の政治・社会問題に関心があると回答した割合は64・5%、国家間の政治や社会問題に関心がある割合は51・8%でいずれも米・中に比べ低かった。

 新聞やニュースを「ほぼ毎日見る」と回答した割合は38・2%で、米・中・韓の約2割に比べて高い。しかし、最も関心が高いニュースはエンターテイメント(64・9%)で、社会、スポーツ、政治、文化への関心は4ヵ国で最低。

 社会や政治に自分たちの意見を表明しやすいと思っていない割合は56・2%で最も高い。社会問題が自分の生活と関係ないと思っている割合は17・1%で中国に次いで低く、「高校生でも社会をよくしていける」「国のために尽くしたい」と考えている割合は4ヵ国で最も低かった。

 平成20年度の前回調査と比べ、「社会参加によって社会が変化する」と考えている割合が3・3ポイント増の52・0%、「社会のことは複雑で関与したくない」と考えている割合は2・3ポイント増の83%だった。

(解説 2021-07-06付)

その他の記事( 解説)

【解説】令和2年度の虐待事案 道児相

 令和2年度に道立8児童相談所(以下、道児相)が相談対応した虐待事案の件数は、前年度比301件減の3694件だった。  道保健福祉部がまとめたもの。道児相における内容別対応件数をみると、心...

(2021-09-17)  全て読む

【解説】いじめ防止へ 端末利用再点検を

 萩生田光一文部科学大臣は14日の記者会見で、端末のチャット機能を使ったいじめによって東京都内小学校の女子児童が自殺した事案の発生を受け、IDやパスワードの管理を含めた今後の対応を検討する考...

(2021-09-16)  全て読む

【解説】教育情報化推進計画策定へ

 文部科学省の設置する学校教育情報化推進専門家会議は9日、学校教育情報化推進計画の策定に向けた検討を開始した。基本的方針として「ICTの特性を児童生徒の資質・能力の育成に最大限生かす」ことな...

(2021-09-15)  全て読む

【解説】多様な体験が成長に好影響

 21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)の調査データを用い、時系列的観点から子どものころの体験とその後の意識の関係を検証し、成長に及ぼす影響を明らかにすることが目的。  体験(自然体験...

(2021-09-13)  全て読む

【解説】道内13市町村 夏休み延長等

 文部科学省は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた新学期の対応等に関する調査状況の結果をまとめた。道内では7・3%に当たる13市町村教委が夏季休業の延長や臨時休業を実施。6・1%、11...

(2021-09-10)  全て読む

【解説】学校教育法規則改正で意見募集

 文部科学省は、学校教育法施行規則の一部を改正する省令案をまとめた。高校生等が在学時に取得した大学の単位を入学後の修業年限に通算できるよう規則を改正する。パブリックコメントで30日まで意見を...

(2021-09-09)  全て読む

【解説】第2回検討協議会の主な意見

 道教委は、7日の道議会文教委員会で、公立高校配置計画における第2回地域別検討協議会での主な意見を報告した。  協議会は、7月8~30日にかけて、全道19会場で開催。新型コロナウイルス感染...

(2021-09-08)  全て読む

【解説】GIGAスクール構想の課題

 文部科学省は、自治体におけるGIGAスクール構想に関連する課題アンケートの結果をまとめた。義務教育段階で1番目と2番目の課題として最も多く挙がったのは「学校の学習指導での活用」で39・8%...

(2021-09-07)  全て読む

【解説】少年非行等概況 7月末

 道警本部は、ことし7月末における少年非行等の概況をまとめた。検挙・補導された非行少年は457人(うち女子95人)で、前年同期に比べ32人減少した。  内訳は、刑法犯が54人減の375人(...

(2021-09-06)  全て読む

【解説】幼小架け橋委員会 第3回会議

 中央教育審議会初等中等教育分科会の幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会は1日、第3回会議をオンライン開催した。論点整理のたたき台案を示し「社会に開かれた幼児教育カリキュラムの実現に向けた...

(2021-09-03)  全て読む