道家庭教育サポート企業等制度 オカモトと協定締結 道教委 十勝管内348者に
(道・道教委 2022-08-04付)

この記事を全文読むには、ログインする必要があります。

 【帯広発】道教委は7月21日、(株)オカモトと道家庭教育サポート企業等制度にかかる協定を締結した。帯広市内の同社に十勝教育局の新山知邦局長らが訪れ、協定書に調印。管内の協定締結企業等は34...

(道・道教委 2022-08-04付)

その他の記事( 道・道教委)

家庭教育サポート企業アンケート 職場体験で期待 関係深化が7割超 檜山局が初 3割が関係良好に

 道家庭教育サポート企業等制度は締結企業および団体が学校行事やキャリア教育、地域行事への参加・協力を通して、家庭教育の一層の推進を図るもの。  檜山局では、6つの取組項目のうち、地元で...

(2022-08-10)  全て読む

文科省が行動計画を策定 英語教育と発信力改善へ 英語教師の登用を拡充

 文部科学省は8日、英語教育・日本人の対外発信力の改善に向けたアクションプランを公表した。「学校英語教育の底上げ」「教員採用・研修の改善」など5点を柱として掲げ、英語力の地域間格差の解消を図...

(2022-08-10)  全て読む

小学生の学習到達度を把握 英検ESG 12月開始へ 道教委 指導教材は10月送付

 道教委は、道内の小学校を対象に開始する英検ESGの実施方針を固めた。学習の到達度を測定するテスト教材「確認パッケージ」は12月から5年1月、学校が希望する日に実施する。授業や家庭学習で活用...

(2022-08-10)  全て読む

課題解決へ胆振教育局と胆振総振局 若手職員が意見交換 連携した取組実現目指して

教育局と振興局の若手職員による意見交換会  【室蘭発】胆振教育局は7月26日、むろらん広域センタービルで胆振総合振興局と「第1回若手職員による意見交換会」を開催した。教育局と総合振興局各課の若手職員計21人が参加。教育行政上の課題解...

(2022-08-09)  全て読む

道 第1回子の未来づくり審議会 施策の周知一層工夫を ヤングケアラー支援充実も

子ども未来審議会  道は7月22日、オンラインで本年度第1回北海道子どもの未来づくり審議会を開いた。第4期「北の大地☆子ども未来づくり北海道計画」の進捗状況や、今後の児童福祉に関する審議体制について意見を募っ...

(2022-08-09)  全て読む

ネイパル森 ゆーすガイド養成 観光ガイド動画制作へ 森高2年生が地域の魅力発信

 【函館発】ネイパル森と森高校(藤村学校長)は本年度から「ゆーすガイド養成事業」を開始している。森高2年生がボランティアガイドによる講話や鷲ノ木遺跡の見学などを通して、地域文化の魅力発信に取...

(2022-08-09)  全て読む

空知管内の文科省・道教委指定事業 専門高FPJ岩農高3年目に 空知局 文科11事業、道教委12事業

 【岩見沢発】空知教育局は、本年度の管内道立学校、市町における文部科学省・道教委指定事業をまとめた。文科省指定は11事業、道教委指定は12事業となっている。岩見沢農業高校では実践的職業教育推...

(2022-08-09)  全て読む

高校配置計画検討協〈オホーツク中〉 北見市 再編含め調整検討 留辺蘂高 生徒の選択肢残して

地域別検討協議会中学区  【網走発】道教委は7月28日、北見市民会館で第2回公立高校配置計画地域別検討協議会(オホーツク中学区)を開いた。8~11年度の4年間で、0~1学級相当の学級減が見込まれることから「北見市内...

(2022-08-09)  全て読む

若者の声を施策に反映 道ユースプランナー制度始動 意見交換や知事と懇談も

ユースプランナー制度ミーティング  道は、若い世代の意見や提案を子育て支援施策や少子化対策に反映しようと本年度導入した「道ユースプランナー制度」のキックオフミーティングを2日、オンラインで開いた。プランナーに登録した道内の大...

(2022-08-08)  全て読む

休日部活動の地域移行へ 受け皿整備など予算措置を 文科省 5年度概算要求

 文部科学省は、5年度概算要求に向けた主要検討事項をまとめた。休日の部活動の地域移行を推進するため、受け皿となる団体の整備や指導者の確保、困窮家庭に対する支援への予算措置を盛り込んだ。研修履...

(2022-08-08)  全て読む