【解説】いじめに起因する事件―警察庁
(解説 2015-09-04付)

 ことし上半期に全国の警察が摘発した少年非行事件のうち、三年連続増加していたいじめに起因する事件が九十九件と、前年同期に比べ五十件減と大幅に減少したことが、警察庁の統計で分かった。検挙・補導された少年も七十九人減の百八十人と、三割以上減少した。

 上半期におけるいじめに起因する事件(いじめの仕返しを含む)をみると、二十五年は滋賀県大津市の事件をきっかけに、二十四年の六十五件から二倍以上の百四十二件と急増。昨年は、それをさらに七件上回る百四十九件と三年連続増加。ことしは、五十件減の九十九件と大幅に減少した。検挙・補導された少年も、七十九人減の百八十人と三割以上減少。学校種別では、小学生が十人減の二十五人、中学生が七十人減の百十三人、高校生が一人増の四十二人で、中学生が全体の六二・八%を占めた。

 罪種別件数は、多い順に「傷害」三十五件、「暴行」二十五件、「恐喝」十三件、「暴力行為」八件など。昨年は十五件あった「児童買春・児童ポルノ」が一件と激減した。

 インターネットを利用した事案は、三件となっている。

 一方、罪種別検挙・補導人員は、「傷害」が六十三人で最も多く、以下、「暴行」四十二人、「暴力行為」二十四人、「恐喝」十七人の順。

 被害少年の相談相手(複数回答)は、「保護者」が七三・六%(前年同期七二・〇%)で最も多く、次いで、「教師」が四一・八%(同五三・八%)、「警察などの相談機関」が二九・七%(同一一・九%)、「友人」が六・六%(同一二・六%)と続き、教師が大きく減少した反面、警察が大幅に増加。「(誰にも)相談しなかった」との回答も八・八%(同一一・二%)あった。

(解説 2015-09-04付)

その他の記事( 解説)

【解説】小児コロナ患者 症状比較

 国立成育医療研究センターと国立国際医療研究センターは12日、小児コロナ入院患者の症状などを「デルタ株流行期」と「オミクロン株流行期」で比較した研究結果を公表した。  新型コロナウイルス感...

(2022-08-18)  全て読む

【解説】内閣府 消費者教育基本方針

 内閣府は、「消費者教育の推進に関する基本的な方針」の見直しに向けた準備を進めている。  方針は、消費者教育の推進に関する法律に基づき策定する消費者教育の担い手にとっての指針。平成25年に...

(2022-08-16)  全て読む

【解説】月例給等 3年ぶりに引き上げ

 人事院は8日、国家公務員一般職の月例給を0・23%(921円)、ボーナスを0・1ヵ月分引き上げるよう国会と内閣に勧告した。月例給・ボーナスの引き上げは3年ぶり。加えて博士課程修了者の処遇改...

(2022-08-10)  全て読む

【解説】全教 教職員未配置実態調査

 全日本教職員組合(全教)は3日、「教育に穴があく(教職員未配置)」実態調査結果を公表した。  調査は、教職員未配置の実態を明らかにし、改善を求めることが目的。全教・教組共闘連絡会に参加す...

(2022-08-09)  全て読む

【解説】全国教育長協議会等の要望

 全国都道府県教育長協議会(会長・浜佳葉子東京都教育長)と全国都道府県教育委員協議会(会長・山口香東京都教育委員会委員)は7月下旬、文部科学省に5年度国の施策ならびに予算に関する要望を提出し...

(2022-08-08)  全て読む

【解説】総務省 中高生向け電波教室

 総務省は、オンラインで受講できる中高生向け電波教室の講座「eラーニングシステム」を開設した。  総務省では、地域社会に密着した立場を生かした電波利用に関する周知啓発活動および相談・助言業...

(2022-08-05)  全て読む

【解説】人文科学等キャリアパス拡大へ

 中央教育審議会大学院部会では、産業界と連携した教育研究体制の構築や教育課程・研究指導の質の保証など、人文科学・社会科学系の大学院教育改革に向けた検討を進めている。末松信介文部科学大臣は2日...

(2022-08-04)  全て読む

【解説】全連小 国に55事項を要望

 全国連合小学校長会(大字弘一郎会長)は7月上旬、文部科学省に小学校教育の充実に関する文教施策ならびに予算に関する要望書を提出した。  要望の内容は「義務教育の質を高めるための教育費の増額...

(2022-08-03)  全て読む

【解説】全国知事会 5年度予算要望

 全国知事会は、5年度国の施策・予算に関する提案・要望案をまとめた。  地域共生社会の実現に向けては、ヤングケアラーの社会的認知度の向上と支援を進めていくため、法令上にヤングケアラーが支援...

(2022-08-02)  全て読む

【解説】留学生をコロナ禍前の水準へ

 文部科学省はコロナ禍で大きく停滞した国際的な学生交流を立て直すため、「高等教育を軸としたグローバル政策の方向性」を公表した。5年後の9年をめどに外国人留学生と日本人学生の留学をコロナ禍前の...

(2022-08-01)  全て読む