【解説】教職員定数3・7万人減を
(解説 2015-10-30付)

 財務省は二十六日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)財政制度分科会を開き、全国の公立小・中学校の教職員定数について、平成三十六年度までの九年間に約三万七千人減らす案を示した。

国の厳しい財政状況を踏まえ、確かなエビデンスに基づく議論を重ねていく必要があるとした。

 財務省はことし五月、少子化を踏まえた教職員定数の合理化として、向こう九年間で約四万二千人減らす計画を示したが、最新の学級数や児童生徒数などをもとに試算し直した。

 現在、学校数や学級数に応じて配置する「基礎定数」は十クラス当たり十六・三人、いじめ問題など個々の課題に応じて配置する「加配手数」は十クラス当たり一・六人。

財務省は少子化の進展によって、三十六年度までに児童生徒数は九百六十九万人から八百七十五万人と九十四万人減り、クラス数も現在の三十八・七万から三十六・六万と二・一万クラス減少すると試算。これをもとに、教職員定数を基礎定数で約三万三千人、加配定数で約四千人、合わせて約三万七千人を減らす案を財政制度分科会に示したもの。

一方、文部科学省は、教職員定数改善計画で、三十六年度までに教育の質の向上などの観点から、基礎・加配定数の割合を十クラスに一人増加させるとしている。

具体的には、基礎定数はアクティブ・ラーニングの実施などによって、自然減よりも減少幅を小さくし約一万六千人の減、加配定数はいじめ問題への対応などで約一万人増と、全体で約五千人の減とする考え。

 二十八年度予算概算要求でも三千四十人の増、自然減三千百人と合わせ、削減数を六十人にとどめるよう求めるなど、加配定数をめぐる考えは根本的に食い違っている。

(解説 2015-10-30付)

その他の記事( 解説)

【解説】衆院選 若者の55%「投票する」

 日本財団は、18歳意識調査「国政選挙」の結果を公表した。衆議院議員選挙で「投票する」「たぶん投票する」と回答した割合は合計55・2%。若者の投票率を高める施策として、「スマートフォンやパソ...

(2021-10-21)  全て読む

【解説】経団連 端末整備等で緊急提言

 日本経済団体連合会イノベーション委員会は15日、GIGAスクール構想の確実な実施に向けた緊急提言をまとめた。高校における1人1台端末の整備とセキュリティ対策の実施、教師用端末の整備などを求...

(2021-10-20)  全て読む

【解説】道スポーツ推進条例で意見募集

 道は、道スポーツ推進条例の原案のパブリックコメントを11月10日まで受け付けている。スポーツ推進の基本理念、施策の基本事項を定めるもので、早ければ来年1定道議会での条例制定となる見通し。 ...

(2021-10-19)  全て読む

【解説】インターハイの高校生活動

 インターハイの一環として実施されている高校生活動は、開催地の高校生が主体となり、大会成功に向けて企画・準備・運営に創意工夫をもって取り組むもの。  過去のインターハイ開催地における高校生...

(2021-10-18)  全て読む

【解説】子に対する前兆事案 9月末

 道警本部は、子どもに対する前兆事案の届出受理状況(9月末現在)をまとめた。9月は51件を受理。1月からの累計は、前年同期比109件減の429件となった。  前兆事案とは、13歳未満の子ど...

(2021-10-15)  全て読む

【解説】指定都市市長会 文科省に提言

 指定都市市長会(会長・鈴木康友浜松市長)の清水勇人副会長(さいたま市長)は12日、鰐淵洋子文部科学大臣政務官に新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としたオンライン授業にかかる出席停止の取...

(2021-10-14)  全て読む

【解説】大学の国際連携 要件緩和

 中央教育審議会大学分科会は12日、第163回会議を開き、国際連携教育課程制度(ジョイント・ディグリー)の見直し案を示した。共同教育課程編成の設置認可要件を緩和。収容定員制限を撤廃するほか、...

(2021-10-13)  全て読む

【解説】全高長 共通テスト「情報」で要望

 全国高校長協会(=全高長、杉本悦自会長)は4日、国立大学協会に大学入学共通テスト「情報」の取扱いに関する要望を行った。導入初年度となる令和7年度大学入学者選抜において、「6教科8科目」のよ...

(2021-10-12)  全て読む

【解説】定年引上げへ条例改正検討

 道人事委員会は8日、給与勧告に合わせ公務運営に関して報告した。令和5年度からの定年の段階的な引き上げを踏まえ、関係条例の改正や人事管理の準備、高齢層職員の任用の在り方を検討する方針を示した...

(2021-10-11)  全て読む

【解説】道教委 教員育成指標アンケート

 道教委は、北海道における教員育成指標に関するアンケート調査結果をまとめた。指標で示す資質・能力と令和3年度における道内大学の教職課程の反映状況は、前年度比2・0ポイント減の73・7%。何ら...

(2021-10-08)  全て読む