メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №5 教職員のメンタルヘルスを高めるリーダーのコミュニケーション②
(メンタルヘルス 2016-06-22付)

メンタルヘルス
教職員のメンタルヘルスを守り高めるには、教職員の活動に対して日常的に関心をもち、相手の考えを認め、励ます声かけが大切になる

 今号は前号に引き続き、学校のリーダーとして教職員とどのようにコミュニケーションを図り、メンタルヘルスを守り高めるかについて説明します。

◆教職員に関心をもち、日常のかかわりを大切にする

 コミュニケーションが何らかの理由で途切れてしまうと、相手を深読みし悪感情を抱いてしまう傾向があります。

 声かけは教職員に関心をもち、人間関係を築くために必要です。日常的に教職員の活動に関心をもてば自ずから、「よくやっているね」「ここを考えてみよう」と声かけができます。このように相手の考えを認め励ますことを繰り返していくと、お互いの関係も深まり声かけがしやすくなり、様々な変化にも気づきやすくなります。

 講演会の折、ある道立学校の校長先生は、「学校運営の要は、教職員とのコミユニケーションづくりにあります。忙しい副校長や教頭だけに任せず、教職員全員との面談を年間四回位置づけ、情報交流の機会を設けています」と話してくれました。

◆教職員が相談しやすい姿勢を保つ

 一般企業に勤めている方に比べ教職員は、困りごとを上司に相談する件数が三分の一程度という残念なデータがあります。

 当然、職種による違いはありますが、円滑な学校運営のための課題の一つとなっています。信頼関係を築き、困りごとを相談しやすくするためには、日常的に柔和な表情で対応するよう心がけ、気軽に声がけをすることを意識することです。

 学校のリーダーはとかく忙しいと言う印象をもたれがちですが、相談や報告を受けたときには、仕事の手を止め相手の顔を見ながら話を聴くようにします。また、どうしても手が離せない場合は、「○○時だったら時間が取れる」と時間の変更を告げることが良いと思います。

 重要なのは、教職員が学校のリーダーから、「存在が認められ必要とされている」「大切に思われている」と実感できることです。そのためには、コミュニケーション・サポートの項で紹介したように、日常的に教育活動を評価し、認め、励ますことです。

◆困りごとの相談は相手の気持ちを大切にする

 困りごとの相談は相談者の立場に立つだけではなく、どう勇気づけるのが良いかを考え聴くようにします。相談者に対して、「なぜもっと早く言わなかった」と責めるのではなく、「気づいてあげられなくて申し訳ない」と言う気持ちで穏やかに話を聴くようにします。話の聴き方は事実関係をとらえ、なぜ本人がそう感じたのか、何が辛いのかなど相手の気持ちを大切にしながら聴きます。

 相談者は悩みが深いほど混乱し、自分で問題を整理できない傾向がみられますので、何に引っかかり、どうしたいのかを整理させながら耳を傾けるようにします。

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-06-22付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む