メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №7 円滑なコミュニケーションは日常のストロークづくり
(メンタルヘルス 2016-07-29付)

メンタルヘルス№7
肯定的なストロークが多く交わされる職場では、人間関係が安定し、メンタルヘルスを高めることができる

 ストロークとは、コミュニケーションの基本であり、「人とのやりとり」や「交流」を言います。また、ストロークは心の病を予防し、心を元気にするエネルギー源とも言われています。

 例えば、相手への「おはようございます」の笑顔のあいさつは、「おはようございます」の言葉と笑顔のストロークを送ったことになります。それを受け、相手が穏やかな笑顔で返してくれると、言葉と穏やかな笑顔のストロークを受け取ったことになります。このようにストロークは、「送るストローク」「受けるストローク」から成り立っています。

 「ありがとう」や「感謝しているよ」「〇〇さんのお陰です」など、互いに肯定的なストロークを送ることができるようになると人間関係は安定し、メンタルヘルスは高まります。

◆人はストロークを求めている

 人は、心の安定のためストロークを求め合います。しかし、自分にストロークが向けられていないと感じると、自分がないがしろにされていると思い、反発するなど歪んだかたちでストロークを相手に送り注目を引こうとします。

 また、人に嫌なことを言われると、自分を否定したと思い、その人とのストロークを途切れさせたり拒否したりします。しかし、相手は振り向いてもらいたくて、嫌なストロークを投げかけているのかもしれません。嫌わずに、肯定的なプラスのストロークを投げかけ、相手の心を満たすことで、あらためて円滑な人間関係を築くことができるようになります。

◆ストロークはストロークを呼ぶ

 「何をやっているのか」「また失敗したのか」「何度言ったら分かるのか」など、否定的でマイナスのストロークを送ると、相手は自分はだめな人間だというストロークを受け取ることになり、メンタルヘルスを低下させ、やがてマイナスのストロークを送り返すようになります。

 また、無視をするなどの態度も同様です。結果的に相手との関係が悪化し、職場全体の雰囲気にも影響を及ぼすことがあります。

 逆に、職場全体が「いつもありがとう」「うれしいね」など、肯定的なプラスのストロークを送り合うことができると、職場の人間関係は融和的、協力的となり、メンタルヘルスを損なう人はみられなくなります。

 職場のリーダーにありがちですが、「きついことを言うのは、自分のクセだから」とか、「優しい言葉は、自分のガラではないから」などと言いながら、マイナスのストロークの投げかけが多い人は、周りを不愉快にし自分のメンタルヘルスも傷つけてしまうことになります。

 「よくやっているね」「いい仕事ありがとう」「君のお陰だよ」など、プラスのストロークを多く送ることができる職場のリーダーは、自分や他人の心のエネルギーを蓄えながらメンタルヘルスを高め、職場の人間関係を安定させることができます。

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-07-29付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む