メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №10 職員室、事務室の融和的関係を築く「アサーション」
(メンタルヘルス 2016-09-21付)

メンタルヘルス10
アサーティブな表現を身に付けることで、互いが納得する結論を導き出し、歩み寄ることが期待される

 アサーションとは、自分も相手も大切にする気持ちのよい自己表現法のことです。日常生活の中でアサーションを取り入れることにより、適切な表現力とコミュニケーション力が身に付き、心地よい人間関係を築くことができます。

 私たちは日ごろ、自分の気持ちや意見を上手く言えず残念な思いをしたり、つい言い過ぎ、気まずい思いをしたりすることがあります。このような表現は対人関係でのつまずきとなり、メンタルヘルスを不安定にします。

 アサーションは、このようなことに陥ることなく、自分の気持ちや意見を大切にしながら率直に相手に伝えると同時に、相手の気持ちや考えも尊重し耳を傾けるやりとりを言います。

          ◇          ◇          ◇

 相手の攻撃的な言い方に対して

①どうしてそんな言い方をするのですか。そんな言い方をされなくても分かります

②分かりました。すいません…

③指摘ありがとうございます。でももう少し穏やかに言ってもらうと助かります

          ◇          ◇          ◇

 ①は、攻撃的な言い方で返していますが、後悔や後味の悪さを感じ対立に発展します。

 ②は、そのような言い方に納得ができなくても相手に従うため、欲求不満がたまり無気力に陥ります。

 ③のアサーションでは攻撃的な言い方をされても、まず相手の気持ちを考え指摘を受け入れています。そのあと、ストレスをためることがないよう自分の気持ちを述べています。

 このような受け答えすると納得する結論が得られ、お互いに歩み寄ることができます。

◆アサーションを進める上で大切なこと

 アサーションができている状態を、アサーティブと言います。アサーティブとは、自分の気持ちや考えをその場にふさわしい方法で表現することをいいますが、アサーションを進める上でつぎのような内容に留意することが大切です。

 一つ目は、アサーティブではない思い込みを変えることです。たとえば、「とやかく言われながらの仕事はしたくない」「人に仕事を手伝ってもらうのは恥だ」などは、アサーションを進める妨げになります。

 二つ目は、自分を知ることです。相手から攻撃的に言われたとき、カーッとなり攻撃的な態度を取ったり、黙り込み非主張的な態度を取ったりするのではなく、№9で説明した「私メッセージ」を使い、アサーティブな表現に心がけることが大切です。

 三つ目は、結果にとらわれすぎないことです。自分の言うことが相手にどうとらえられてしまうのだろうかと、不安な面持ちでアサーションを進めると、伝えたい意図が相手に伝わりづらくなります。

 四つ目は、実践的に学びスキルを身に付けることです。職員室や事務室、授業や家庭など、様々な場面でアサーティブな表現に心がけ、互いの反応を確かめながらスキルを身に付けることが大切です。

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-09-21付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む