メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №11 児童生徒との信頼関係を深めるかかわり①
(メンタルヘルス 2016-09-28付)

メンタルヘルス№11
児童生徒との信頼関係構築へ、時代に即した対応を学び続ける必要がある(写真はある学校の校内研修会)

 変わりゆく子どもたちの様子と、そのかかわりの難しさについてよく聞かされます。また、そのような子どもたちを目の当たりにし、過去から積み上げられた指導が否定されたかのような戸惑いが、教育活動を進める上での不安や悩みとなりメンタルヘルスに影響を与えています。

 そのようなときは、教師の指導そのものが否定されているわけではなく、時代とともに変わりゆく子どもたちに適応しなければならない課題ととらえ、様々な研修の機会をもち、自己啓発的に学びを進めることが大切です。

 教育は言うまでもなく、人と人が織りなす活動であり、すべてがコミュニケーションを通して行われます。今号と次号では、自身の教育力を高め、メンタルヘルスを損なわないための児童生徒とのかかわり方を説明します。

          ◇          ◇          ◇

①子どもの良さに日ごろから目を向ける

 日ごろから肯定的に子どもを観察し事実を励ます

②共感し具体的なメッセージを与える

 何処がどのようによいのか共感しながら励ます

③「できる・できない」にこだわらない

 自主性や自律性などの社会性を励ます

④目標をもたせ、その努力の過程を励ます

 他と比べることなく、目標達成のための努力の過程を励ます

          ◇          ◇          ◇

◆ほめて認め、励ますことの大切さ

 日本の学校は諸外国に比べ、「よくできたね」「すばらしいね」など、子どもたちが教師から、ほめられたり励まされたりする機会が少ないという残念なデータがあります。

 ほめられ、励まされたことがあったとしても、体育大会、学校祭、テストなどの行事や部活動でのことが多く、それも特定の児童や生徒に限られているという結果になっています。

 さらに、一部の教師には、「ほめることは甘やかしであり、子どもは、厳しく指導するべきである」という思い込みがあります。

 ほめて認めることも、厳しく指導することも、子どもたちへの励ましでなければなりません。厳しく指導することが、子どもたちを服従させる手段となり、教師側の指導のしやすさのためであれば、本当の意味で子どもたちとの信頼関係を築くことはできません。そればかりか、教師に対する反発も増えてしまいます。

 ほめて認め励ますことは、子どもたちを前向きにさせる心のエネルギーを送ることです。子どもたちのやる気につながるメッセージのため、つぎのような内容に留意する必要があります。

 教職員の中には、自身がこれまで育った経験によって、叱咤(しった)し続けることが子どもたちを育てるために必要であると言われる方がいます。特に、部活動の指導にこの傾向がみられますが、行き過ぎた指導は子どもたちを沈黙させ、萎縮させてしまいます。

 教職員の子どもたちへの言動は、重大で大きな影響を与えることを自覚しなければなりません。

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-09-28付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む