メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③
(メンタルヘルス 2016-12-14付)

メンタルヘルス16
担任の前向きな思いを保護者に伝えるとともに、問題の対応を図りながら信頼関係を構築することが大切

 保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。

◆面談場所といすへの座り方

 保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員が往来する職員室の応接間や子どもから見える空き教室などではなく、机といすが常備している静かな場所を選びます。また、座り方は対立、対決とならないよう、正面に座るのではなく、一つずれて座るなどの工夫が必要です。

◆面談の進め方

 入室後、「お忙しい中おいでいただき、ありがとうございます」とはじめにお礼を言い、引き続き、「このたびは大変ご心配をおかけしています」と述べます。つぎに、「私と○○の二人でお話をお聞きします」「〇○については話の内容をメモさせていただきます(メモすることは保護者のクールダウンになります)。また、必要に応じ、話に加わりますがよろしいでしょうか」と同席と発言の理解を得ます。

 また、早く収束させたいという思いから、取りあえず謝るようにという方がいますが、謝り過ぎは保護者の誤解を誘発し、面談そのものを難しくさせてしまうこともあります。面談中の謝罪は不自然にならないよう、保護者が自分の心にあることを話したあとや、説明の終わりに話すようにします。

 そのあと、「このたびのことで、〇〇君に心苦しい思いをさせてしまいましたが、〇〇さんよりあらためてお話をお聴きしたいと思います」と話し、保護者の話を聴きます。つぎに、保護者の話を傾聴しますが、途中で保護者の話の腰を折ったり、否定し弁明に陥ったりすることがないようにします。この場合の傾聴は、うなずきながら、「はい、そうですか、よく理解できます」などと同調しながら聴くようにします。

 また、心の中では、どのようなことに対してどのように感じているのかを見極めながら話を聴くようにします。たとえ保護者から冷静さを欠いた攻撃的な言動が発せられても、言葉に反応することなく、「そうお感じになったのであれば、私も〇〇さんの気持ちはよく理解できます」など、心に寄り添いながら聴くようにします。ひととおり話を聴いたあと、該当の教職員より保護者が問題を感じている部分の説明をしますが、自分の正当性を述べ保護者のとらえ方を否定するような話し方は、弁解ととらえられ新たな対立を生むことになります。冷静に、№13で示したサンドイッチ方式を活用し、「〇〇君は〇〇のような素晴らしいところがあるのですが、今回、〇〇君らしからぬ失敗をしてしまいました。私の〇〇君への指導が不足しているものと考えております」「私は厳しい言い方をしましたが、〇〇君の将来を考え指導しました。このたびの厳しい指導は〇〇君が理解してくれるものと考えています。しかし、その指導に誤解や行き過ぎがあったことを反省しております」など、自身の対応の反省を踏まえ話します。〇〇君の問題行動は、担任としての指導不足が原因であることを説明し、〇〇君のこれからに期待し、見守っていきますという担任の前向きな思いが保護者に伝わるようにします。

◆事後対応の重要性

 保護者対応のねらいは、問題の対処、対応を図りながら信頼関係を築くことです。保護者が「今後ともよろしくお願いします」など対応に理解を示したあと、面談を終了するのではなく、今後に向けてどのように〇〇君を育ていくのか保護者の意見を聴きながら、学校でやるべきこと、さらに、家庭にお願いしたいことを交換します。

 また、必要に応じて、学校での頑張りを電話で説明しながら家庭での様子を聴くなど、しばらくの間、情報を交換することが信頼関係を築くことになります。

◆保護者対応の状況をファイリングする

 今後に向けて円滑な保護者対応を図るため、個人情報の取扱いには十分留意しながらファイリングしておくことが大切です。ファイリングは、保護者との信頼関係を築くための貴重な資料となります。ファイリングの内容は、どのような事実があったのか、問題点はどこにあったのか、どのような組織でどう対応したのか、課題としてどのようなことが残ったのかなどを具体的に記載します。

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-12-14付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む