メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №6 教職員のメンタルヘルスを高めるリーダーのコミュニケーション③
(メンタルヘルス 2016-07-13付)

メンタルヘルス6
人材育成には、褒めるだけではなく、ときには指摘し、叱る必要がある。感情的にならず、状況を把握し、的確な指導とすることが大切である

 学校のリーダーの役割は、言うまでもなく次代の北海道の教育を担う人材育成にあります。人材育成のためには、ほめて認めることばかりではなく、指摘し叱ることも当然必要です。しかしここで大切なのは、ほめて認めることと叱ることのねらいは、自信をもって教育活動を進めることができるようになるためにあります。今号では、「ほめて喜ばれ、叱って感謝され」のため、特に難しいといわれる叱り方について説明します。

◆教職員を育てる叱り方

①感情をコントロールする

 叱り方で一番大切なことは、感情的にならないことです。しかし、なかなか改善できない教職員に対して、つい言葉を荒げ感情的になってしまいやすいのですが、面談をする前に「相手を育てるため」と自分に言い聞かせ心をコントロールすることです。つぎに、「相手が理解し改善できるようにする」ことが目的であり、それを相手の立場に立ってどう伝えるかを考えます。

 また、カーッと感情的になると、相手の嫌な感情につかまりやすくなりますので、間髪入れず叱るのではなく、「一呼吸置き」冷静さを取り戻してから話すようにします。感情的になると正しい理屈も通りませんし、押されれば押し返そうとするのが感情です。もしも相手が感情的なってしまった場合は、自分も感情的になるのではなく、「なぜそう考えるのだろう」などと考えながら話を聴くようにします。

◆マナー、ルール違反を叱る

 マナー、ルール違反は本人の性格ではなく、「行動や事実」を具体的に指摘することです。本来、マナー、ルール違反は教職員の規律順守の手前、全体の場で叱るようにしますが、相手の能力や性格を考慮し、別室に呼んで叱ることも必要です。叱り方は、「よい点を認める」⇒「違反を具体的に指摘する」⇒「今後に向けての期待を話す」形が基本です。 

◆間違いを叱る

 間違いを叱る場合は、相手がなぜそのような行動をとったのか、その状況を把握しなければなりません。状況を把握しないまま叱ると、決めつけや一方的であるととらえられ、感情的になることがあります。

 叱り方の基本は、①どこを改めるか具体的に指摘する②正しいやり方やそうすることの大切さを説明する③今後に向けて励ましフォローする。

 また、これ以外に主体性や自律性を高めるためつぎのような叱り方もあります。

ア 何があったのですか(今回のことで報告を受けましたが、どんなことがあったのですか)

イ 何を考えてそう行動したのですか

ウ あらためて考えてみると、どう考えどう行動すればよかったと思いますか

エ このことで誰に心配や迷惑をかけましたか

オ 問題の解決に向けて何をする必要がありますか

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-07-13付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む