メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №9 メンタルヘルスを高める話し方
(メンタルヘルス 2016-09-07付)

メンタルヘルス⑨
良好な人間関係構築や教職員の信頼を得るためには、自らの考えを明確に伝える必要がある

 コミュニケーションとは、聴くことを大切にしながら、自分の考えや意見を相手に適切に伝えることを言います。しかし誰もが自分の考えを相手に伝えることができず誤解を招くなど、難しさを感じています。

 特に、日本人は、自分の考えを述べると人間関係に良い影響を与えないと考えてしまいがちです。しかし、、かえって自分の考えを述べないことで、お互いの理解が深まらず人間関係に行き違いやわだかまりを残してしまうこともあります。

◆私を主語にする「私メッセージ」

 今号は、相手の立場を尊重しながら、自分の考えを述べる私を主語にする「私メッセージ」を使った話し方について説明します。私メッセージとは「私はこう思いますが、あなたはどうですか」という話し方です。

          ◇          ◇          ◇

〇職員室で先生と生徒が大きな声で談笑している

①(あなたは)うるさいな!ここは職員室だ、静かにしなさい

②(私は)今仕事中です。話のボリュームを下げてくれると助かります

〇ミスをした教職員に対しての言葉がけ

③(あなたは)どうしてこのようなミスをするのですか。困った人ですね

④(私は)〇〇さんには、このミスをつぎにつなげることを期待しています

          ◇          ◇          ◇

 事例の①と②を比べてみると、①では、「〇〇先生はイライラしている」「〇〇先生は怒っている」などの攻撃的な感情だけが相手に伝わり、自己肯定感や信頼関係を損ないやすくなります。②では、相手は否定された感じはしません。

 また、起こした行動を振り返り、反省できるように相手の行動や立場を尊重した言い方になっています。③と④を比較しても同様のことが言えます。

 ①、③のような言い方を「あなたメッセージ」と言います。あなたメッセージでは、私の考え方にあなたは従うべきだと言う、感情的で高圧的な命令口調となり、相手によっては人格を否定されたととらえられてしまいます。

 このように、日常的に意識し「あなたメッセージ」から、②や④のような「私メッセージ」に変えると、誤解を受けたりすることもなく、お互いのメンタルヘルスを損ねることはありません。

◆コミュニケーション・ミス

 様々な会議などの場面で、「みんなが言っている」とか「ほかの人もそう言っている」などと聞くことがあります。また、「本当はそう思わないけれど、〇〇が言っているから仕方がない」など、このような実態がはっきりしないあいまいな表現は、職場を疑心暗鬼にします。「私はこう思います。皆さんはどう考えますか」と自分の言葉で語ることができない職場は、コミュニケーション・ミスが起こりやすくなり、職場の人間関係を不調にさせることもあります。

 特に、職場のリーダーは、あいまいな言い方ではなく、「私はこう思います」と自分の考えを明確に話すことが教職員の信頼につながります。

(公立学校共済組合北海道支部学校支援アドバイザー・石垣則昭)

(メンタルヘルス 2016-09-07付)

その他の記事( メンタルヘルス)

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №24 職場リーダーのメンタルの保持・増進のために

 今回が本シリーズの最終回となります。今回は、職場のリーダー自身のメンタルヘルスを高めるためのコミュニケーションのとらえ方を説明します。 ◆人は変わらない、変わるのは自分と考える  学校...

(2017-04-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №23 かかわり方が難しい教職員とのコミュニケーション

 今号は、学校リーダーから相談事例が多い、かかわりが難しい教職員とのコミュニケーションについて説明します。 ◆学校リーダーは決めつけない  学校リーダーと該当の教職員との関係が悪化し、望...

(2017-04-05)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №22 職場の職務軽減を考える

 今号は、メンタルヘルスを損ねる最大の要因である、職場の職務軽減策の実例を説明します。当然ですが、職務軽減とは子どもたちのためにやるべきことをしない、教育活動に手を抜くということではありませ...

(2017-03-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーション №21 職場のレジリエンス(回復力)を高める

 職場には、それぞれの職場ならではの課題があり、そのために教職員はいつも不安やストレスを抱えて仕事を進めています。それを解消していくためには、レジリエンス(回復力)の機能が求められます。今号...

(2017-03-15)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №20 効率的に仕事を進めるための教職員との関わり方

 今号はABA理論と言われる応用行動分析(Applied Behavior Analysis)の基本的理論を活用した、学校リーダーの教職員へのかかわり方を説明します。  応用行動分析とは、...

(2017-02-24)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №19 学校リーダーが陥りやすいコミュニケーション・ミス

 日ごろから校内を見回ったり、職員室で会話をするなど、教職員にとって顔の見える学校リーダーの存在は教職員に安心感を与え、そのアドバイスは大きな成長の源です。  学校リーダーは、自身が目指す...

(2017-02-13)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №18 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理②

メンタルヘルス18  教職員のメンタルを確保するためには、日常的な危機管理の心構えと予防が重要です。教職員のメンタルヘルスの保持・増進と危機管理を管理監督者の視点から説明します。 ◆責任は自分にあると考える ...

(2017-01-17)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №17 メンタルヘルスの保持・増進と学校の危機管理①

メンタルヘルス17  教職員のメンタルを保持・増進するためには、日常の危機管理の心構えや予防が重要です。今号と次号は、教職員のメンタルヘルスの保持・増進のため、学校の危機管理について説明します。 ◆リスク・マ...

(2017-01-06)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №16 保護者との信頼関係を築くかかわり③

メンタルヘルス16  保護者との面談で信頼関係を深めるためには、どのようなことに留意し、話を進めたら良いのかを説明します。 ◆面談場所といすへの座り方  保護者との面談場所は、話をしっかり聴くために、教職員...

(2016-12-14)  全て読む

メンタルヘルスを高める職場のコミュニケーションづくり №15 保護者との信頼関係を築くかかわり②

メンタルヘルス15  保護者と信頼関係を深めるためには、日常どのようなことに留意し、準備するべきかを説明します。 ◆電話は内容の把握と会う日時を決める  電話対応はお互いの顔や態度が見えず、言葉だけのやり取...

(2016-12-06)  全て読む