道教組が中央委員会開く 定数改善 世論づくりを 長時間過密労働解消へ運動
(関係団体 2019-09-12付)

道教組中央委・全体
本年度後半期の運動方針を決めた

 道教組(川村安浩執行委員長)は7日、札幌市内の北海道労働センターで第32回中央委員会を開き、本年度後半期の運動方針を決めた。当面の重点課題として、長時間過密労働解消に向けた運動を挙げ、「各地で職場、保護者、地域とつながり、組合員が中心となった要求の多数派をつくる取組を進める」とした。特に、国が法制化を進める教員の「1年単位の変形労働時間制」について、「時間外勤務を覆い隠し、教職員定数の抜本的改善に背を向ける」と批判し、導入を許さない取組を進め、教職員の定数改善を求める世論づくりを展開することを決めた。

 第1号議案「当面闘争の推進」では、本年度後半期の運動を進める上で当面の重点課題として、①ゆきとどいた教育を求める教育全国署名をはじめ、各種重要署名の取組②組織維持・強化・拡大の取組③子どもたちの健やかな成長発達・豊かな学びを保障する取組④長時間過密労働解消、「1年単位の変形労働時間制」導入を許さない取組―の4点を掲げた。

 うち、④では、道教委の学校における働き方改革「北海道アクション・プラン」に留守番電話・メールによる連絡対応などの項目が追加されたことから、「現場の実態に即した実効ある改善となるよう、各職場ぐるみの論議と取組の工夫が求められる」と指摘。「各地で職場、保護者、地域とつながり、組合員が中心となった要求の多数派をつくる取組を進める」とした。

 一方、国が教員の1年単位の変形労働時間制を可能とする法案提案を準備しているとの考えを示し、「学校の仕事に繁忙期と閑散期をもち込み、閑散期に休日を入れることで、現状の違法な超過勤務を少しでも合法化しようとしている」「時間外勤務を覆い隠し、教職員定数の抜本的改善に背を向ける」などと批判。制度の問題点を伝え導入を許さない取組を行うことで、「教職員の定数改善こそが大事」という世論を広げる取組を職場、保護者、地域と連携して進めていくことを決めた。

 このほか、労働基準法36条1項に基づく「時間外労働・休日労働に関する協定(36協定)」に関する方針も盛り込んだ。

 36協定で事業主は、事業場に労働者の過半数で組織する労働組合(過半数組合)がある場合はその労働組合、過半数組合がない場合は労働者の過半数を代表する者(過半数代表者)と書面による協定を締結することとなっている。

 学校における36協定について、従来、労働者の範囲を事務職員と技能労務職員とし、給特法適用の教育職員は含まれなかったが、今後は、教育職員と管理職も含むこととなったと指摘。職場内で36協定の意義や内容を学習、議論することを通して、職場の長時間過密労働解消に向けた取組につなげていくこととした。

(関係団体 2019-09-12付)

その他の記事( 関係団体)

学びに向かう力育成へ 道研連第17次共同研究スタート

 道教育研究所連盟(=道研連)の第17次共同研究内容がまとまった。研究主題は「学びに向かう力の育成に向けた指導と評価の在り方」。研究内容①学びに向かう力の育成に向けた学習指導②主体的に学習に...

(2020-05-27)  全て読む

新支部長に中西教頭 高校教頭・副校長会オホーツク支部

 【網走発】道高校教頭・副校長会オホーツク支部の令和2年度事業計画や役員がまとまった。7月下旬に夏季研究協議会の開催を予定している。新支部長には、北見北斗高校の中西正志教頭が就任した。  ...

(2020-05-27)  全て読む

道中体連2年度活動方針 新型コロナの状況考慮 4市1町で冬季大会 夏季大会は中止

 道中学校体育連盟(中山明彦会長)は、令和2年度活動方針、役員等を決定した。活動の重点として「将来展望を見据えた諸活動の推進」など6点を設定。事業計画では、道内の新型コロナウイルスの感染状況...

(2020-05-27)  全て読む

道社連2年度役員など決定 山下委員長を再任 11月の上川大会は中止

 道社会科教育連盟(=道社連)は、令和2年度の役員などを決定した。札幌市立石山中学校長の山下豊委員長を再任。11月に予定していた第75回道社会科教育研究大会上川大会は新型コロナウイルス感染症...

(2020-05-27)  全て読む

札幌市学校図書館協議会 新会長に木村校長(中央中) 12月大会 開催可否検討

 札幌市学校図書館協議会は、令和2年度の役員などを決定した。新会長に札幌市立中央中学校の木村佳子校長を選任。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、12月の研究大会について開催の可否を検討す...

(2020-05-27)  全て読む

道特協2年事業計画等決まる 大会中止 実践は誌上で 役員改選 三戸会長を再任

 道特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会(=道特協)の令和2年役員および事業計画などが決定した。役員改選では三戸奉幸会長を再任。また、全国特別支援学級・通級指導教室設置学校長協会第57回...

(2020-05-27)  全て読む

新会長に成田氏(東神楽町東聖小校長) 六稜会上川連合会2年度役員

 【旭川発】道教育大学六稜会上川連合会の令和2年度の活動方針や新役員等がまとまった。活動方針に後継者の育成など3点を掲げ、活動をスタート。役員改選では、新会長に東神楽町立東聖小学校の成田光弘...

(2020-05-27)  全て読む

道高教組が道教委に要請 時数確保のみ短絡的 コロナ対策事務連絡撤回を

 道高教組(尾張聡中央執行委員長)は21日、道教委の小玉俊宏教育長に対して、19日付の事務連絡「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた学校教育活動等の実施における“学びの保障”の方向性等に...

(2020-05-27)  全て読む

道研連 2年度事業計画と役員 Web活用での大会検討 新委員長に道研・鈴木所長

 道教育研究所連盟(=道研連)は、2年度事業計画や役員体制などを決定した。夏季所員研修会や第75回道教育研究所連盟研究発表大会(上川大会)兼第62回全国教育研究所連盟道地区研究発表大会の開催...

(2020-05-26)  全て読む

道図書館振興協議会 新任職員研 来年に延期 役員改選 岩渕会長再任

 道図書館振興協議会は、令和2年度役員などを決定した。会長に道立図書館の岩渕隆館長を再任。事業計画では、全道図書館新任職員研修会を延期することや、全道図書館中堅職員研修会を中止とすることを決...

(2020-05-26)  全て読む